ハルジオン がカートに入りました
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 商品コンディション注釈:【歌詞カード】あり。【帯】なし。基本的にレンタルアップや中古品をメインに取り扱っておりますので、文頭にあるコンディション注釈をご参照いただき、ご納得の上で購入をお願い致します。ディスクやケース、他付属品に管理シールが貼付されている場合がございますが、無理に剥がすと商品を傷める可能性もございますので、そのままの状態で出荷致します。限定品や付属の特典が無い商品もございます。目視で確認した限りで美品にジャンル分けされる物を選別して出品しておりますが、商品の品質にデリケートなお客様はご購入前に連絡いただけると幸いです。最新の注意をはらっておりますが、発送前に研磨・クリーニング後の視聴確認で音飛びがあった場合や在庫切れの際は、恐れ入りますがご連絡させていただきますので予めご了承下さい。発送は基本的に北海道からのゆうメール発送となりますので、お客様のお住まいの地域によっては商品到着まで日数がかかる場合がございます事、ご容赦願います。複数商品のまとめ買いによる送料返金等は一切受け付けておりません。土日祝日のお問い合わせや発送は翌営業日の対応とさせていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ハルジオン Single, Maxi

5つ星のうち 4.9 19件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,080
価格: ¥ 902 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 178 (16%)
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
【1,500円OFF対象商品】CDと楽器・オーディオ機器のまとめ買いキャンペーン
おすすめのCDプレーヤー、イヤホン、ピアノ、MIDIキーボードなど多数ご用意。 いますぐチェック

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の BUMP OF CHICKEN ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ハルジオン
  • +
  • ダイヤモンド
  • +
  • 天体観測
総額: ¥2,847
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2001/10/17)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Single, Maxi
  • レーベル: トイズファクトリー
  • 収録時間: 29 分
  • ASIN: B00005Q7ZE
  • JAN: 4988061890012
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 19件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 69,660位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. ハルジオン
  2. 彼女と星の椅子

商品の説明

内容(「CDジャーナル」データベースより)

独特の世界観とキャッチーに響くメロディで好評のBUMP#OF#CHICKEN。疾走感あふれるサウンドとバンド・グルーヴが、前作よりもさらに強調された。ファン待望の新作。


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
あちらこちらで、やたらと煙たくてうっとうしい台詞を平気な顔で言える人を見かけます。「信じていれば救われる」だの「諦めないで」だのって、言ってる方は気分いいかもしれませんが、聞いてる方は疲れます。聞き飽きた、うんざりするって思うのは私だけじゃないと思います。
でも彼らの唄は、そうじゃないんです。やっぱり応援なんですけど、聞いてて本当に共感できるんです。彼らの出す曲のレビューがこれだけ多い事から、どれだけリピーターが多いか分かると思います。ただクサイだけではなくて、力強い物があります。それが必ず主人公の味方をしてくれるんです。それがこの曲の場合ではハルジオンであり、他の曲ではランプであったり、自分の作った唄だったりするのです。
「どうせいつものカッコつけた唄だろう」
そう思って聞くと、絶対期待を裏切ってくれます。少なくとも聞いてて疲れない事だけは確かです。
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 haru 投稿日 2004/11/11
形式: CD
この作品の最大の特徴は直井由文のベースが遂に開花したということであろう。
それまではバンドのサウンド的にもベースの演奏はそこまで目立ったものではなかったが、
「ハルジオン」ではベースの重低音がサウンドのカギを握っている。

しかしその今までと違ったアプロ-チも楽曲に違和感なく馴染んでいる。
色々なアーティストが数々の作品を発表している世の中で「応援ソング」と言われる歌は聞き飽きるほど沢山ある。
その中でバンプの歌がこれほどまでに共感を呼び、人の心を動かすことが出来るのは何故だろう。

恐らくそれはソングライターである藤原の書く歌詞が等身大だから。
人間である以上、どんな時も頑張り続けることは不可能だ。
人間はそんなに強い生き物ではないから…。そういう弱い部分があってもいいんだ…
藤原の歌詞にはそう思わせてくれるようなおおらかさ感じる。
バンプの基本的な路線である「応援ソング」であることは今までの作品もこの作品も変わらない。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
春、野原や道端や土手、どこにでも咲いている花「春紫苑」、「ハルジオン」という小さい花があります。固まって咲いていれば、いかにも雑草だけれど、ひとつ花に手を取ってみると、かわいらしく、繊細でありながらも、力強い花を咲かせているのです。
この「ハルジオン」が「春紫苑」から取ったのかは、はっきりわからないけれども、率直でストレートな雰囲気は、そうなのかな。と思えるのです。
そんな、ひっそり咲く花の存在に気づく彼らだからこそ、胸の奥が「ギュン!」と痛むような、うずくような、気持ちににさせられるのでしょう。
言葉には表せない何かが伝わってきます。
聴いた途端に曲の世界に引き込まれ、一瞬で景色が変わるような、そんな魅力溢れる一枚です。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
この曲のキーワードは、白い花と揺るぎない信念だと思うけど、私は「水たまり」に心を奪われてしまった。
「水たまり」ってなんだろう。やりすぎた水なのか、落とした涙なのか。悲しみ・苦しみ・生きていく上での障害物・・・そんなものを「水たまり」と呼んだとしたら人は「水たまり」に出会ったときどうするだろう。立ちつくす人、引き返す人、助走をつけて飛び越えようとする人・・・人それぞれだけど、自分自身が土になって水たまりをも受け入れたら、いつのまにか自分の中に根を張って小さな芽を出した花に気づくよ。白い花を咲かせることができるよ。
そう唄ってくれている気がして、自分の支えになっています。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/9/6
形式: CD
この曲は、BUMPの中で私が一番好きな曲である。
前作「天体観測」もすばらしかったが、若干万人受けのような色合いがあり、私は極端には好きになれなかった。
だが、この「ハルジオン」を聴いたとき、体が震え上がった。この曲こそ、あくまで私の感想だが、BUMPの信念を表しているきがしてならないのである。
例えば、元気を失っている人に元気づけの言葉を掛けるとする。その時、掛ける言葉には2種類あると思う。
「あきらめるな!元気出せ!」とただ単純に慰める方法と、
「現実ってこんなもんだろ?」と見せつける方法。
この曲は、まさしく、後者であると思う。
「夢を見失っても、希望をなくしても、俺達は生きて、先に進んでいくしかない。現実は酷いものだが、生きていく先で、また新たな夢と出逢えることだってある」
私には、この曲がそう語りかけているとしか思えない。
夢を「春紫苑」という小さな花に例え、それがいかに脆い物か、という事を表しているのにも、感動した。
BUMP OF CHICKENは今、進化をし続けているが、昔の曲が色褪せることはない。その中でも、私にとって、この曲が最も強い光を放っていると思う。
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す