Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,059

¥ 3,045の割引 (74%)

100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[Rowling, J.K.]のハリー・ポッターと謎のプリンス - Harry Potter and the Half-Blood Prince (ハリー・ポッターシリーズ)
Kindle App Ad

ハリー・ポッターと謎のプリンス - Harry Potter and the Half-Blood Prince (ハリー・ポッターシリーズ) Kindle版

5つ星のうち 4.5 182件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,059
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 3,580 ¥ 1

商品の説明

内容紹介

ヴォルデモートの復活のせいで、夏だというのに国中に冷たい霧が立ち込めていた。そんな中を、ダーズリーの家にダンブルドアがやって来るという。いったい何のために? そして、ダンブルドアの右手に異変が……。ホグワーツ校では、思いもかけない人物が「闇の魔術に対する防衛術」の新しい先生となり、授業を受け持つことになった。一方ハリーは、突然「魔法薬」の才能を発揮する。授業はますます難しくなるが、ホグワーツの6年生は青春真っ只中。 ハリーには新しい恋人が現われ、ロンとハーマイオニーは仲たがいする。しかし、ドラコ・マルフォイだけは不可解な行動をとる。最後に起こる衝撃のどんでん返し。そして悲しい別れ。17年前の予言は、ハリーとヴォルデモートとの対決を避けられないものにした。過酷な運命に立ち向かう16歳のハリー、物語は第7巻の最終章へともつれこむ。

内容(「BOOK」データベースより)

ヴォルデモートの復活のせいで、夏だというのに国中に冷たい霧が立ち込めていた。そんな中を、ダーズリーの家にダンブルドアがやって来るという。いったい何のために?そして、ダンブルドアの右手に異変が……。17年前の予言は、ハリーとヴォルデモートとの対決を避けられないものにした。過酷な運命に立ち向かう16歳のハリーに、ダンブルドアの個人教授が始まる。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 3954 KB
  • 紙の本の長さ: 1008 ページ
  • 出版社: Pottermore from J.K. Rowling (2015/12/9)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B0192CTNXQ
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 182件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 485位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ハードカバー
ハリー・ポッターも早6巻目。
ホグワーツでの学校生活から事件に挑むという流れもマンネリかな〜と思いながら読んでいました。しかし、今回はいつもの3人組というよりもハリーとダンブルドアのからみが多く、最終巻に向けて色々なことが明らかになっていき、マンネリ感などいつのまにか吹っ飛んでいました。
ヴォルデモートの過去のシーンでは、いかに彼が幼い頃から恐ろしい存在であったのかが生々しく感じられます。

衝撃的なあの人の死と意外な次巻へのつながり方が、早く続きを読みたい!!という気持ちにさせてくれます。
ハリーの新しい恋いも必見です♪
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 solo 投稿日 2006/5/24
形式: ハードカバー
話は面白い…が、やはり翻訳者が悪い。
教科書のような単調な文章、繰り返し使われる固有名詞はいい加減止めて貰いたい。
一つの文章に同じ名前が三回も使われていて読み辛かった。
一人の人間についての表現は名前以外にもいくらでも出来るはず。

一巻からずっと翻訳者が変わらないか願ってきたが…。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
スピード感のある展開、登場人物達の成長、大人達の選択、重すぎるハリーの宿命、そして意外なラスト・・・。

今回も上下巻あった割に、一気に読み切ってしまい、全く長さを感じませんでした。

所々で前作までの話が出てくるので、思い出すのに楽でした。

たぶん、途中から読んだ人にも配慮してるのかもしれませんね。

色々と感情を動かされた今回の作品で強く思ったのは、「選ばれし者」がなぜハリーなのか?

というものの「答え」を自分なりに感じた、という事でした。

本当に凡人な彼が持っている多くのもの。それこそが、人間として(ちゃんと)生きていくのに必要なもの

なのではないかな。

ここまで来たら、少しでも多くのハッピーエンドで終わって欲しい、と願わずにいられません。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
タイトルの通り、シリーズを通して最も良くまとまった構成を持つ作品だと思います。そして、内容も濃い。ただ、翻訳がその分原著のレベルと肩を並べることができなかったとも感じました。訳文がただ単調であったり、表現に限界が感じられました。
英語が読める人であれば、ぜひ原書を読んでほしいと思います。
不思議な、いかにもハリー・ポッターというような雰囲気を持つ一作です。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
創造力を刺激する数々の魔法のアイテムや生き物などをちりばめた、

謎が謎を呼ぶ学園ミステリー。。。そして最後は驚きのどんでん返しと

痛快な友情の勝利が心地よい!といった印象で当初は読み始めた

ハリー・ポッター・シリーズでしたが、お話はここへ至り、すっかり重く、

暗く、ヘビーになっています。正直、読んでいて息苦しいぐらいです。

「死」について、「差別」について、「約束を守る困難」についてなどを

考えさせられざるを得ない重厚な成長譚になっています。

そのように印象が変わっても、相変わらず引き込まれ、夢中で読ませる

作者の筆力はさすがですね。だいぶ読むのがしんどい分量になってきましたが、

ぜひ多くの方にここまで読んで欲しいと思います。

こうした重いテーマと「剣と魔法」の痛快さをあわせ持った作品として、

私は「ダークエルフ物語」全三巻や、「クレリック・サーガ」なども

強く併読をオススメしたいと思います。前者は、差別されながらも孤独と戦い、

成長し、ついには一人、また一人と友情を見いだしていく、ダークエルフの
...続きを読む ›
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
前巻とは違い、話がテンポ良く進んだので一気に読めてしまった。

謎のプリンスに関しては出た時点で予測はついてしまったが、

ハリーやロンを助ける教科書のプリンスと、実際のプリンスのギャップになぜか悲しくなってしまった。

話が進むにつれ謎が、解かれるよりも逆に大きくなっていき、一巻や二巻のほのぼのファンタジーとは全く異なるものとなっている。

目の前で大切な人が傷付き、そして死んでいくのを、16歳の若さには多すぎるほど見てきたハリーが最後に下した決断には、これまでこのシリーズを読み進めてきた人にはグッとくるはず。

最後にこの物語の核となり、ハリーを支え続けてきた人の死がある。

シリウス同様、色々な要素から「もしかして生きてるんじゃ?」と思わされるが、もし最終巻が出た時に「やっぱり死んでいた」ことになれば、あまりにも悲しすぎるので期待を持ちたくないのが本音。

それほどどっぷりはまって読んでしまった。

最終巻が待ち遠しいが、あと一つでこの物語が完結してしまうのも本当に寂しい。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover