ハリー・ポッターと謎のプリンス (2枚組) [Bl... がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ジャケットが商品画像と多少異なります
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,100
通常配送無料 詳細
発売元: じゃんぐらー
カートに入れる
¥ 2,102
通常配送無料 詳細
発売元: Countries Shop
カートに入れる
¥ 2,300
通常配送無料 詳細
発売元: ショップたんぽぽ
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ハリー・ポッターと謎のプリンス (2枚組) [Blu-ray]

5つ星のうち 3.7 188件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,122
価格: ¥ 1,717 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 3,405 (66%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、BUY王が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:13¥ 1,717より 中古品の出品:19¥ 200より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でハリー・ポッターと謎のプリンス (吹替版)を今すぐ観る ¥ 300 より

Amazon.co.jp限定特典はオリジナル杖ペンとメモ帳セット
『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』 商品をチェック

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ハリー・ポッターと謎のプリンス (2枚組) [Blu-ray]
  • +
  • ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 [Blu-ray]
  • +
  • ハリー・ポッターと炎のゴブレット [Blu-ray]
総額: ¥3,813
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ダニエル・ラドクリフ, エマ・ワトソン, ルパート・グリント
  • 監督: デヴィッド・イェーツ
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen, Import
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日 2009/12/02
  • 時間: 154 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 188件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B002PCPJ8E
  • JAN: 4988135717795
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 43,787位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介


史上最強のファンタジー第6章
クライマックスは、ここから始まる!


始まりは2001年―ハリー・ポッターという名の少年が、世界に初めて魔法をかけたあの日。
そして今、史上最強のファンタジーは、ついにクライマックスの幕を開けようとしている!
いまだ明かされていない謎、秘密の結末……
すべてが解き明かされる瞬間が、いよいよ迫る!

シリーズ第6章『ハリー・ポッターと謎のプリンス』は、すべてを見届けるための、なくてはならないパスポートだ。
魔法界から、私たちが住む人間界に入り込む魔の手―。
未来を救うカギは【過去】にある!
時をさかのぼり、ついに見つけた宿敵ヴォルデモート卿の最大の弱点、隠し続けてきた命取りの秘密とは?
行く手に待ち受けるまさかの出来事。そしてかつてない大きな悲しみが、ハリーを襲う!

【特典】
[Disc1]
・ムービーツアー・イン”ハリーポッターと謎のプリンス”
(本編を見ながら、同時にフォーカス・ポイント、ピクチャー・イン・ピクチャー等の特典がご覧になれます)
・フォーカス・ポイント
・フォトギャラリー

[Disc2]
・キャストたちによる現場レポート
・制限時間1分!みんなでキャラクターを語ろう
・J.K.ローリング:第7巻執筆の1年
・質問タイム!あなたのことを教えて
・ハリー・ポッターのテーマパーク
・未公開シーン集

※この商品はBD-LIVE対応です。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

J.K.ローリング原作による人気ファンタジーシリーズ第6章。人間界にまで広がり始めた闇の帝王・ヴォルデモートの脅威に対し、ダンブルドア校長はハリーをヴォルデモートとの最終決戦に送り出す決意を固める。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
評者は、原作者のJ.K. Rowlingがこの作品の公開に「Go」を出した理由が理解できない。
具体的に言うと、ストーリー展開上重要な要素が省略されている上に、如何でもいい生徒の恋愛ごっこが強調され、おまけに原作から全く乖離した要素が付加されており、「駄作」と言っていい。
因みに…

*省略されてしまっている重要な要素
 英国首相のエピソード:Death eater達が非魔法世界に与える影響が語られない
 Dursley一家:Harryが此処に居住すべき理由が語られない
 Tom Riddleの両親:Voldemortが何故悪の道に走ったかが説明されぬまま
 Dumbledoreが右手を怪我し、体調不良になった理由が語られていない
 Bill Weasley:彼のロマンスと「事故」がストーリー展開に大いに影響するのだが…

*原作からの(意味が理解できない)乖離
 原作に全く存在しない冒頭の地下鉄構内のカフェのシーン:此れは一体何なのか?
 原作に書かれていない、Death eater達によるWeasley家の焼討:7巻目では此処で結婚式が行われるのだが…
 列車でHarryを発見するのがTonksでなくLunaとされている:変更の必然性がある
...続きを読む ›
コメント 121人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
原作と映画を比較するべきではないかもしれませんが、原作の内容と大きく変わってしまっていることがどうしても気になります。

原作のボリュームを考えると、コンパクトにまとめるためにカットするのは仕方ないのですが、重要なシーンがカットされていて原作にない内容が差し込まれていたり・・・。
まるで流れ作業のように、「とりあえずストーリーがわかるように見せておけ」というように、スライドショーを見ているような気分になりました。

そのため、感情移入どころかハリーの心の動きや孤独感、その他の登場人物の葛藤や苦労など、原作で味わったような気持ちを、この映画で見ることはできません。
いえ、原作での気持ちを味わいたいのではなく、映画としてどういう表現をするか、できるか、というのを見たかったのです。

驚いたのは最後のポイントであるダンブルドアのシーン。ハリーは動きたいのに強制的に動けないもどかしさ、だからこその深い悲しみと怒り。それから、いかに彼が偉大であったかという原作ではしっかり表現されているシーンがまったくカットされているところです。
すべてが中途半端な形になってしまったのが非常に残念でなりません。

特典映像では、いかに見えないところで裏方が努力しているかが映し出されます。
...続きを読む ›
コメント 72人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
DVD5巻まで買っているが…。
原作自体がシリーズ中最も地味な話なのだが、無くてはならない重要な伏線が含まれている外せない巻。
この第6章では、ヴォルデモートの過去と最後の秘密が明かされ、ハリーは全てを捨てて最終決戦へ向かう覚悟を決める。
やっと手に入れた幸福にも別れを告げて。
『謎のプリンス』の正体とその人物の決定的な行動が衝撃のラストを観客に突きつけるはずだった。
それが、何だ?これは? 無意味なアクションシーンの連発。
前作以上に心に残るはずだったラブシーンが台無し。
ハリー・スネイプ・ダンブルドアの三者の軋轢もほぼ完全に無視。何より、
「あと4つのホークラックスの探し方が全く出て来ない」
…これは致命的だろう…?
第7章は2部作で製作されるそうだが、全部そっちに押し付けるつもりなのかと思うほど。
ジニー。リリーの思い出について語るスラグホーン。ネビルとルーナの出番も少なすぎ。
トンクスの想いもあっさり流す。
ペチュニアも屋敷しもべ妖精もフラーも出ない。
スクリムジョール、アンブリッジ、フィレンツェとトレローニーについても言及されず。
マンダンガスとホッグズ・ヘッドのバーテンも無し。もう枚挙に暇が無い。
スネイプへの極限の憎悪が描かれなくて何のための6章だ。
コメント 90人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
映画が始まってすぐに予告編で流れていた橋の倒壊シーンがあります。このシーンを観るとこの作品は人間界にも影響がおよぶ大きな戦いになると考えてしまうのですが、これがこけおどしで後に繋がらず意味も最後までわかりません。今回のハリー・ポッター特にこういう脈絡の理解できないシーンが満載です。理解できるのはハリーとロン、ハーマイオニーたちを取り巻く青春恋愛劇だけ。この青春恋愛劇も薄っぺらに見えてしまいます。
ハリーやダンブルドアの直面する危機が初めからきっちり描かれていないのが今回の大きな敗因でしょう(前回も詰め込みすぎで消化不良に終わっていましたが、今回は消化不良というより監督自身が原作の消化をあきらめている感じさえします)。

謎のプリンスにしても全然謎めいていないし最後の正体がわかるところにいたっては、「そういえば謎のプリンスというのが問題だったよねこの作品は」と突然思いだすぐらい影の薄くなっていました。
私は原作を先に読まない主義なので原作との違いなどは語るつもりはありませんが、ボルデモートの過去と謎のプリンスが焦点のはずですから不要な贅肉は削ぎ落とすのが当たり前のことで原作のシーンをカットするのは良いと思いますが、それすら出来ていない作品だと思います。
そして、ドラコの謎の行動もあまりにわかりにくい。折角闇の軍団が魔法学校に入り込んで
...続きを読む ›
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー