中古品:
¥ 1
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【良い】全体的に良好。音飛び無しで再生には問題の無い商品(ケースの微キズ、ブックレット・ジャケット・歌詞カードの折れ・ヨレ・折り目のスレ、ディスクの微キズまで含む)とさせて頂いております。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。◆弊社の商品の一部の清掃、クリーニング、梱包は就労支援施設の方々にお願いしております。良い評価いただけますと労働意欲が大変高まります。大手に負けぬよう必死に頑張りますのでよろしくお願い致します。郵便局のゆうメールにて発送させて頂きます。 実店舗でも並行販売しておりますのでまれに売り切れる場合がございます。◆女性スタッフが丁寧に検品・梱包していますが、万が一故障その他不備がございましたら、お手数ですが評価の前にご連絡をお願い致します。 amazonガイドラインに沿って誠意をもって交換、返金対応を致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ハリー・ポッターと炎のゴブレット [UMD]

5つ星のうち 3.8 223件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 4,796より 中古品の出品:25¥ 1より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でハリー・ポッターと炎のゴブレット (吹替版)を今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • この商品は“UMD Video”対応ソフトです。“UMD Video”ソフトは、携帯型ゲーム機「PSP(プレイステーション・ポータブル)」で楽しむことができます。DVDではありませんのでご注意ください。


  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ダニエル・ラドクリフ, ルパート・グリント, エマ・ワトソン, ロビー・コルトレーン, レイフ・ファインズ
  • 監督: マイク・ニューウェル
  • 形式: Color
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日 2006/07/21
  • 時間: 157 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 223件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000GDIB6Q
  • JAN: 4988135577474
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 36,356位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   メガヒットファンタジーの第4作は、青春ドラマとしての側面が色濃くなり、より大人も楽しめる仕上がりになった。クィディッチ・ワールドカップを観戦しに来たハリーだが、夜空に「闇の印」が浮かび人々は混乱。ホグワーツ校で開催される「三大魔法学校対抗試合」では、選手を決める「炎のゴブレット」が、17歳以上という資格にもかかわらず、14歳のハリーを選出するのだった。
   体長9mものドラゴンや、水中での大救出など、対抗試合の場面は想像を超えるリアル感とスケールで映像化された。個性的な制服をまとった他校の生徒や、ついに現れる宿敵ヴォルデモートの姿もシリーズファンにうれしい限り。監督は、シリーズ初のイギリス人であるマイク・ニューウェル。ハリーの初恋、ロンとの確執、嫉妬されるハーマイオニーなど、ドラマ部分をしっかり描きながら、原作以上に「友情」というテーマをくっきり浮かび上がらせる。ラストシーンで主人公3人が語り合うセリフは、しみじみと感慨深い。(斉藤博昭)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

魔法学校に通う少年・ハリーの活躍を描いた人気シリーズの劇場版第4弾のUMD版が再登場。伝説の「三大魔法学校対抗試合」が復活する。“ワーナー・ホーム・ビデオ UMD 980円”キャンペーン。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
 本作は初めて上下巻がある原作の味わいを殺さずに、見事に映画的な場面の連続です。冒頭の“闇の印”登場での騒然とした場面は、まさにテロ発生後のイメージを抱かせますし、まず小説で描けないのはドラゴンとの対決場面です。原作では意外にすんなり金の卵をゲットしますが、映画では大迫力のチェイスがあります。大迷路のシーンもスケールの大きい映像で、緊迫感に満ちています。ですが何より、各魔法学校の描き方に工夫があり魅力的です。特徴的な制服姿や彼らが乗ってくる魔法の船や馬車など、ファンタジーが好きな人には本当にわくわくさせられます。登場人物も多彩で、今までで最も自然な配役だと思います。特にマッド・アイは複雑で奇妙な役柄ですから、非情に難しい人選だったと思いますが、誰もが共感できるスタイルでした。魔法大会と対照的にヴォルデモートとの対決は、絶望的でやるせない場面なのに、暖かみと希望が感じられるラストに仕上がっています。お見逃しなく。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
最初の映画のハリーポッターは、無駄な映像があって、面白かった。

魔法の授業風景や、魔法のお菓子など、誰が見ても興味をそそるような内容だった。

が、しかし、監督が変わってから、内容重視になって、あの意味のない面白い映像が大幅に減ってしまった。

そして、本を読んでいない人はさらに、意味もわかりずらくなった。

意味のない映像を見たい人にはお勧めできない。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 寧夢 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2006/3/12
形式: DVD
 当たり前に楽しんで観る映画から、マニアだから追っかけで見る映画(続編だから惰性で見る映画)に変わってしまったハリポタ。最も大きな変化は音楽が変わってしまったこと。だから、メロディでイメージを喚起したりする連作としての強みを失ってしまったとも言える。

 原作もダークな様相が増してきているから、画面も暗くシリアスになっていても仕方がないのだけれど、それ以前に超大作の原作を無理に短い作品にしようとするために、読者から見ると必要な部分を切り捨て、どうでもいい部分に時間をかけた構成・編集のボタンの掛け違いが余計に目立つ仕上がりとなった。

 登場人物、つまり役者の魅力によって持っている部分が大きい。純粋に映画として楽しむ部分は減って、特撮が上手にできているかとか、役者が年相応に成長しているとかいないとか、別の話題で盛り上がっているせいか、原作が遠くなったなあ。最初の頃が懐かしいなあと思うのは私だけでしょうか。
コメント 58人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
シリーズも回を重ねてファンタスティックな映像的な魅力はありますが、主人公3人を中心とした人間関係の描写がどれをとっても中途半端で、長いストーリーを完結させるのが精一杯という感じで、展開が早過ぎるという印象しか残りませんでした。思わせぶりな人間関係が結構たくさんあるから余計に消化不良が目立った感じです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
「この原作を一本の映画にまとめる?そんなの不可能だ!!!」という制作者(特に脚本家)の悲鳴が聞こえてくるような映画でした。2時間半があまりにも短く感じました。

相変わらず、映画自体は全く手抜きもしておらず、丁寧に作っているのですが、いかにせん時間が足りなくてストーリーを表面的に追っていくだけの映画になり、様々な登場人物(後で重要な役割となったり、鍵となる場面や設定が殆ど割愛)が数シーンしかでてこなかったで物足りなく感じました。

原作を読むと、皆果たして一本の映画でまとめられるか、と思うでしょう。その不安が的中しましたが、思っていた以上努力の跡は見られました。

だから、原作を読んでない人には割愛が多すぎてわかりにくく、原作を読んだ人にはあまりにも物足りない映画となりました。

映画時代の出来は悪くはありません。

でも次作からは二本に分けないともう不可能なように感じます。

圧倒的な時間の制約の中ではよく頑張った映画だと、その点は評価したいと思います。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
原作を読んでから映画を見ると、確かに映画では語られていないことが多く不満がつのる。後に重要になるはずの要素が映画では省略されているのではないかと想像してしまうと、壮大な物語を矮小化していると映画を批判する気持ちもわからないでもない。

だがしかし、映画には原作の読者(私)の想像力を超えた魅力が詰まっている。

特に主人公3人の台詞や表情から伺える「成長していく過程」は、この映画の最大の魅力だ。

ストーリーを追いかけるだけなら原作を読めばよいが、私のように少年の心を遠くに置いてきてしまった身としてはこの映画を何度も繰り返して観ることに必然がある。

ラストの3人の会話、期待と不安の中で確かな友情を感じるハーマイオニーの表情、次作への期待が高まる。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー