Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

[Rowling, J.K.]のハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 - Harry Potter and the Order of the Phoenix
Kindle App Ad

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 - Harry Potter and the Order of the Phoenix Kindle版

5つ星のうち 4.0 404件のカスタマーレビュー

このKindle書籍はサードパーティサイトのPottermoreショップでも販売されています。[Pottermoreで購入] を選択すると、Pottermoreショップに移動します。そこでは、別のアカウントを作成していただく必要があります。すべてのKindle書籍同様、Pottermoreショップでご購入された書籍は「1回買えば、後はどこででも自由に読書」で、お客様のKindleまたは無料Kindle読書アプリに配信されます。
その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 980 ¥ 33

商品の説明

内容紹介

15歳になったハリーは、蘇ったヴォルデモートとの新たな対決を迫られる。動き出した不死鳥の騎士団は果たして戦いに勝てるのか? 額の傷痕はますます激しく痛み、今までとは違うなにかを告げていた。夜な夜な夢にうなされるハリー。長い廊下、黒い扉。どうしても開かない扉。真実はその扉のむこうか? いよいよ真実が明かされる。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 4869 KB
  • 紙の本の長さ: 1368 ページ
  • 同時に利用できる端末数: 出版社からの制限により、この本を同時に読める端末数は最大100台までとなります
  • 出版社: Pottermore Limited (2012/9/30)
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B005CRQ4QU
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 404件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 87,233位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ハードカバー
ここのレビューを読んで、なんだか今までとは違うようなので読んでみました。
見所はヴォルデモートどうのこうのもあるが、やはりハリーの思春期、焦燥感。
今回は魔法のファンタジーとは違う。魔法ではどうにもできない問題がある。
「魔法使いハリー」に飽きた僕にとって、この「人間ハリー」は新鮮だった。
ハリーが本当に力をつけるのはこの巻。恐らく今までで一番重要になる作品。
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー Amazonで購入
本自体はあっという間に読めましたが、内容はかなり濃いです。(暗い、ともいう。)
他の方が書いているとおり、思春期のハリーは苛立ちや焦り、孤独感を強く持ち、読んでいるほうも辛い部分がたくさんあります。
でも話には臨場感があり、他の登場人物たちの生き生きとした会話は重苦しい話に息抜きを与えてくれます。
この巻はこれからの6,7巻への序章に過ぎず、読後も何も解決されないままに5年生が終わってしまったような消化不良な感がありますが、それでもこの巻なくしては今後の展開は望めないと思います。いわば必要悪みたいなもので、葛藤や苦しみを超えたハリーがこれからどんな大人になるのか、また、周りの人間との関わりをどう捉えていくのか、とても楽しみです。
私個人としては、ハリーの両親のエピソードなどに触れる部分はとてもよかったと思います。
ただ副題があまり意味がないなという事と、4巻で人の死を経験するに続き、5巻でも15歳の少年にしてはちょっと重過ぎることが重なるのが気になります。暴力的な描写もエスカレートしていきますし、より過激になっていけばいいと思っているのか?とローリング女史に対して疑問に思う部分もあります。
それでも、全ての登場人物が成長している過程がうかがえる、大切な一冊だと思います。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
わたしは、この話は「児童書」とか「ファンタジー」とかそういう観点ではなく純粋に「物語」として楽しみたいと思っている。
ハリーの思春期にも、共感できることが多かったし、大人になれば少しずつ変わっていく微妙なところがリアルに描かれていて、良かったと思う。話も深まって、やっぱり一番おもしろく仕上がっている。
個人的に、ロンがよく頑張った。
ただ、翻訳に関して、相当な疑問や不満が残る。翻訳でおもしろさが6割くらい減しているような気さえする。
普通に読んでて意味がわからないような単語(「破裂した伏魔殿」とか)使わないで、シンプルに訳してほしい。日本語の意味がわかりません。「我ながら天晴れ」とか、イギリス人の男の子がどうしてそんな言葉を使うの?
本が高いのも不親切だし、書体がコロコロかわって読みにくい。
他の人の訳で読んだら、きっともっと素晴らしいと思います。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
なんかこれちょっとどうなの、と言う訳がちらほら。
ハーマイオニー:「後生だから!」
15歳の女の子、普通言わない。。。
松岡さんはとっても素晴らしい翻訳家だと思います。
でも、たまに「あれれ?」って思う言い回しがあるのは事実。
ちょっとそれが気になって、雰囲気的にどうも違う気がしました。
原書の小気味いい言い回しやセリフが、ちょっと削減されているような。。
確かに日本語に訳すとなるとニュアンスがものすごく難しいとは思うけど!
ダンブルドアがハリーに今まで隠していた秘密、
正直「まあーそりゃそうだわな」というのが感想。
もっと衝撃的なことだったらインパクト強かっただろうなって思います。
あと登場人物的に、ハーマイオニー最高にかっこいいんだけど、
それに引き換えロンがボロボロで悲しい。いくらお笑いキャラとは言え。
活躍するところはあったけど、もう少しかっこいいところも見たかった!
ハリーとハーマイオニーのペアがいつも一緒に動いてるような。。
彼はこれから7巻にかけて大きく成長するのかな?絶対そうであって欲しい!
いろいろとくすぶるところはあったけれど、結局は読んでいて最高に楽しかったです。
でも作者の楽しみにつき合わさ
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
前作までに作られてきた人間界、魔法界の秩序が崩れ始める。
当たり前のようにそこにいるはずの人がいない、いてもいままでのように接してくれない。
ハリーを含め登場人物が、いままでと異なる行動をとる。
さまざまな混乱がハリーを取り巻くことになり、ハリーも全編を通して不安定な気持ちを抱えている。
同様に読者側も不安になってしまう。
しかし、まだ物語は終わっていない。ハリーは全巻通さないと評価できないと思う。この本は今評価が低いようだけど、きっと全巻を通したときに重要な要素をしめる部分だと思われます。
今まで読んできた人は、もったいないので、読んでみましょう。
ただ、価格が高いのがネックなんだよなー。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover