通常配送無料 詳細
残り20点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 ハリー・ポッター... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後1時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。cc1665_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 ハリー・ポッターシリーズ第五巻 上下巻2冊セット(5) ハードカバー – 2004/9/1

5つ星のうち 4.0 398件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 4,320
¥ 1,393 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 ハリー・ポッターシリーズ第五巻 上下巻2冊セット(5)
  • +
  • ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)
  • +
  • 「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)
総額: ¥12,528
ポイントの合計: 375pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

商品説明

   ホグワーツ魔法魔術学校5年目の新学期を目の前にして、15歳のハリー・ポッターは思春期のまっただ中にいる。なにかというとかんしゃくを起こしたり、やつれそうなほどの恋わずらいをしたり、強烈な反抗心でいっぱいになったり。鼻持ちならないダーズリー一家と過ごす夏は、相変わらず腹の立つことばかりで退屈きわまりなく、しかもこの休み中は、マグルでない級友たちと連絡をとる機会がほとんどなかった。ハリーはとりわけ、魔法界からなんの知らせもないことにいらついていた。復活したばかりの邪悪なヴォルデモート卿がいつ襲ってくるかと、気が気ではなかった。ホグワーツに戻れば安心できるのに…でも、本当にそうだろうか?

   J・K・ローリング著「ハリー・ポッター」シリーズの5作目は、前の年に経験した一連のできごとのあとすっかり自信を失った若い魔法使いハリーにとって、大きな試練となる1年間を描いている。ハリーが3大魔法学校対抗試合でヴォルデモートと痛ましくも勇敢に対決した事件は、どういうわけか、夏のあいだに広まったうわさ話(たいていの場合、うわさ話の大もとは魔法界の新聞「日刊予言者新聞」だ)では、彼をあざ笑い、過小評価するネタになっていた。魔法学校校長のダンブルドア教授までが、ヴォルデモートがよみがえったという恐ろしい真実を公式に認めようとしない魔法省の取り調べを受けることになった。ここで登場するのが、忌まわしいことこのうえない新キャラクター、ドロレス・アンブリッジだ。ヒキガエルを思わせる容姿に、間の抜けた作り笑い(「ヘム、ヘム(hem, hem)」と笑う)が特徴のアンブリッジは、魔法省の上級次官で、空きになっていた闇の魔術に対する防衛術の教授職に就任したのだ。そして、たちまちのうちに魔法学校のうるさいお目付け役となった。ハリーの学校生活は困難になるばかり。5年生は普通魔法使いレベル試験の準備のために、ものすごい科目数をこなさなければならず、グリフィンドールのクィディッチ・チームでは手痛いメンバー変更があり、長い廊下と閉じたドアが出てくる鮮明な夢に悩まされ、稲妻型の傷の痛みはどんどんひどくなり…ハリーがいかに立ち直れるかが、いま厳しく試されているのだ。

 『Harry Potter and the Order of the Phoenix』は、シリーズ前4作のどれより、大人への成長物語という意味あいが強い。これまで尊敬していた大人たちも過ちを犯すことを知り、はっきりしているように見えた善悪の境目が突如としてあいまいになるなかで、ハリーは苦しみながら大人になっていく。純粋無垢な少年、『賢者の石』(原題『Harry Potter and Sorcerer's Stone』)のときのような神童はもういない。そこにいるのは、ときにむっつり不機嫌な顔をして、しばしば悩み惑い(とくに女の子について)、いつも自分に疑問を投げかけてばかりいる若者だ。またもや死に直面し、信じられないような予言まで聞かされたハリーは、ホグワーツでの5年目を終えたとき、心身ともに疲れはて、すっかり暗い気分になっているのだ。いっぽうで、読者は本作でたっぷりエネルギーをもらい、このすばらしい魔法物語シリーズの次回作が出るまでの長い時間を、またじりじりしながら待つことになるだろう。(Emilie Coulter, Amazon.co.uk)
--このレビューは、同タイトルのハードカバーのレビューから転載されています。

内容(「BOOK」データベースより)

復活したヴォルデモートとの戦いはいつ始まるのか?ハリーにはなんの知らせも来ない。そして突然ハリーは吸魂鬼に襲われる。「不死鳥の騎士団」に助けだされたハリーは、「騎士団」が何か重大な秘密を守っていることを知る。新学期が始まり、恐ろしい新任教授アンブリッジと黒い扉の夢に悩まされ続けるハリーに、チョウ・チャンが微笑みかける…。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ハードカバー: 1368ページ
  • 出版社: 静山社 (2004/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4915512517
  • ISBN-13: 978-4915512513
  • 発売日: 2004/9/1
  • 商品パッケージの寸法: 21.8 x 15.5 x 6.9 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 398件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 5,860位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ハードカバー
最初ザーと読んだ時は、イマイチかな?と思いましたが、その後じっくり読み返してみたら、本当によくできた物語だと思いました。
今までの雰囲気と違って、あまり楽しくすっきりした内容ではありません。
今回のハリーはかなりわがままで、何につけてもイライラして、自分の思い通りにならないと常に八つ当たりしています。
ダーズリー一家は相変わらずだし、まちにまった学校生活も、大切な試験はひかえてるし、意味なく罰や中傷をうけたり、運営方針が変わり、学校は滅茶苦茶になったり、ふんだりけったりです。しかも信頼していた人たちの冷たさに心砕かれます。
そんなハリーはかわいそうなんですが、しょっちゅう切れているハリーを「わがまま」だと思って叱りたくもなりました。でもよく考えたら15才、思春期、そして反抗期なんですね。周りの学友たちも同じ年毎、衝突がないわけがありません。
そんなとこもよく表現していると思いました。そうしてハリーも学友たちも大人になっていくのです。
闇サイドが力を増してきて、これから本当の戦いが始まります。
戦いにむけて、試練をのりこえたハリーのこれからに注目したいと思います。
今回のシリーズで着目すべきポイントは今まで謎だったおなじみの登場人物たちの新たな顔や秘密が明らかにされます。特にスネイプ先生がハリーを憎む理由
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
ここのレビューを読んで、なんだか今までとは違うようなので読んでみました。
見所はヴォルデモートどうのこうのもあるが、やはりハリーの思春期、焦燥感。
今回は魔法のファンタジーとは違う。魔法ではどうにもできない問題がある。
「魔法使いハリー」に飽きた僕にとって、この「人間ハリー」は新鮮だった。
ハリーが本当に力をつけるのはこの巻。恐らく今までで一番重要になる作品。
コメント 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー Amazonで購入
本自体はあっという間に読めましたが、内容はかなり濃いです。(暗い、ともいう。)
他の方が書いているとおり、思春期のハリーは苛立ちや焦り、孤独感を強く持ち、読んでいるほうも辛い部分がたくさんあります。
でも話には臨場感があり、他の登場人物たちの生き生きとした会話は重苦しい話に息抜きを与えてくれます。
この巻はこれからの6,7巻への序章に過ぎず、読後も何も解決されないままに5年生が終わってしまったような消化不良な感がありますが、それでもこの巻なくしては今後の展開は望めないと思います。いわば必要悪みたいなもので、葛藤や苦しみを超えたハリーがこれからどんな大人になるのか、また、周りの人間との関わりをどう捉えていくのか、とても楽しみです。
私個人としては、ハリーの両親のエピソードなどに触れる部分はとてもよかったと思います。
ただ副題があまり意味がないなという事と、4巻で人の死を経験するに続き、5巻でも15歳の少年にしてはちょっと重過ぎることが重なるのが気になります。暴力的な描写もエスカレートしていきますし、より過激になっていけばいいと思っているのか?とローリング女史に対して疑問に思う部分もあります。
それでも、全ての登場人物が成長している過程がうかがえる、大切な一冊だと思います。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
わたしは、この話は「児童書」とか「ファンタジー」とかそういう観点ではなく純粋に「物語」として楽しみたいと思っている。
ハリーの思春期にも、共感できることが多かったし、大人になれば少しずつ変わっていく微妙なところがリアルに描かれていて、良かったと思う。話も深まって、やっぱり一番おもしろく仕上がっている。
個人的に、ロンがよく頑張った。
ただ、翻訳に関して、相当な疑問や不満が残る。翻訳でおもしろさが6割くらい減しているような気さえする。
普通に読んでて意味がわからないような単語(「破裂した伏魔殿」とか)使わないで、シンプルに訳してほしい。日本語の意味がわかりません。「我ながら天晴れ」とか、イギリス人の男の子がどうしてそんな言葉を使うの?
本が高いのも不親切だし、書体がコロコロかわって読みにくい。
他の人の訳で読んだら、きっともっと素晴らしいと思います。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
思春期を迎えたハリーの心の葛藤や不安定さ。ティーンエイジャー特有の心理描写が実にたくみに描かれており、○○年前の自分のことを思い出して思わず赤面したりニヤリとさせられてしまいます。さすが、ローリング女史はうまい。多分、今まで出版されたハリポタの中で、そういう点では一番のできではないでしょうか。・・・・なのに、その魅力が翻訳者の力不足で日本語版にはまるで生きてこない。原作を読んでると、「うん、わかる、わかる!」と思わずニヤニヤしてしまうのに、日本語版を読んでも「なんだ、このせりふは?」です。また、訳者による不必要な脚色のせいで、ハリーが非常に傲慢な感じがしてしまっている。日本語版と原作との乖離幅が巻を経るごとに開いてきているみたいです。すごく残念です。
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック