この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 Soundtrack

5つ星のうち 4.3 4件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報


登録情報

  • CD (2007/7/18)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Soundtrack
  • レーベル: WARNER MUSIC JAPAN(WP)(M)
  • 収録時間: 51 分
  • ASIN: B000QUCVJC
  • EAN: 4943674072545
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 51,512位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. ファイアーワークス
  2. アンブリッジ先生のテーマ
  3. もうひとつの話
  4. 地下道のディメンター
  5. ダンブルドア軍団
  6. 予言者たちのホール
  7. 憑依
  8. 必要の部屋
  9. キス
  10. ホグワーツへの旅
  11. シリウスの欺き
  12. シリウスの死
  13. アンブリッジ先生、美しい朝を台無しにする
  14. 闇による支配
  15. 魔法省
  16. トレローニー教授いなくなる
  17. 不死鳥の騎士団の飛行
  18. 愛する者と旅立ち

商品の説明

内容紹介

ハリーの本当の秘密、解禁。
史上最大のメガ・ヒット映画:”ハリー・ポッター”のシリーズ第5作を彩る、サントラ第5弾登場!

◆シリーズ第1作「ハリー・ポッターと賢者の石」に始まり、「ハリー・ポッターと秘密の部屋」、「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」、「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」と、映画史上に残るメガ・ヒット作品の数々と共に、サントラも大ヒットを記録。
5作目となる本作では、ニコラス・フーパーが音楽を担当。

@ニコラス・フーパーは、これまでにデビッド・イェーツがメガフォンを取った多くのTV作品の音楽を中心に、主にTV系作品の音楽を手がけてきた。長編映画の担当は、2002年の「ハート・オブ・ミー」に続き、本作が2作目である。

<映画情報>
◆「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」
◆配給:ワーナー・ブラザース映画
◆2007年7月20(金)サロンパス ルーブル丸ノ内&丸の内ルーブル2ほかにて、全国ロードショー! (US公開:7月13日)
@監督:デビッド・イェーツ
@キャスト:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ヘレナ・ボナム・カーター他

◆ストーリー:
ホグワーツ校の5年生となったハリー。彼が闇の帝王ヴォルデモート卿と戦ったという事実があるにもかかわらず、その事実に魔法界の人々は目を背け、ヴォルデモート卿の復活を信じようとしない。そんな最中、魔法大臣のコーネリウス・ファッジは、ホグワーツのアルバス・ダンブルドア校長が自分の権力を弱体化させ、仕事を奪うために、ヴォルデモードの復活についてうそをついているのではないかと心配する。そこでファッジは、ダンブルドアと生徒たちの動きを見張るため、「闇の魔術の防衛術」に新しい先生を採用。
しかし、採用されたドローレス・アンブリッジ先生の、”魔法省認可”の授業は、魔法界を恐怖に陥れてい闇の魔術に対して、若い魔法使いを備えることはしなかった。そこで、ハリーは、友人のハーマイオニー、ロンと協力し、自分たちで防衛術を学ぼうと決心し、”ダンブルドア軍団”と名づけられた少数の生徒たちによる秘密の訓練を開始する。
ハリーは目の前に迫る戦いに備え、勇気ある若い魔法使いたちに、闇の魔術からの防衛術を教えるのだった。(以上、ワーナー・ブラザース映画の資料より)

メディア掲載レビューほか

映画『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』(2007年7月21日ロードショー)のサウンド・トラック。シリーズ第5作目となるハリー・ポッター・シリーズの、充実の映画音楽を収録。 (C)RS


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

映画音楽とすれば良い出来だと思いますが、CDでこの音楽を聴くと「あれ?」と思うところがあります。
映画での効果は抜群でしたが、曲として聴いてみると、1〜4作までの作曲家の方々と比べて劣っているかんじがします。
1曲目でエレキギターを使っているところも、ハリポタなのに!と少しがっかりです。
あと、映画がダークな仕上がりになっているので曲も少し暗めです(これはしょうがないのですが)。
私の意見ですが、1〜4作までの音楽(とくにジョン・ウィリアムズ作曲の1・2作)が気に入っている方には、5作目のサントラはあまりおすすめできません。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」で初めてサントラにはまり、
それ以来、家事をする時やドライブのBGMには欠かせない存在のハリー・ポッターシリーズの音楽。
人が変わると作風も変わる。映画館の大音響で聞く今回のニコラス・フーバーの音楽は
映画に新風を吹き込んでいると思う。前回のようにハード・ロックを取り入れるような型破りな冒険(ハリポタでいえば・・・です)はない。
でもエレキギターを使ったり、かと思えば時にはとてもクラシカルで私は大好き。今回和太鼓を取り入れた、というのもとても嬉しい。

ただ、映画鑑賞中は何の文句もないのに、CDで音楽だけを独立して聴くと、
前回の「ゴブレット」が美しい旋律や映画の盛り上がりを聞いてるだけで髣髴とさせるような
聞かせどころを、これでもかとやるのに対して、少し規模は小さめ。
お、いいな、と思ったらシューっと火に水をかけたように終わってしまうのが
かなり残念。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Itsuko 投稿日 2007/9/23
原作は巻を重ねるごとに重苦しくなっていき、
大切な人を失いながら、自らも死に近づいていくストーリーは残酷だ。

そんな中で救いがあるとしたら
この作品ではウィーズリーズの花火だ。
あふれる躍動感と開放感。
映画を観たあと、どうしてももう一度聴きたくて買ったら一曲目でした。
電気ギターのフィードバックが、いかにも型にはまらないウィーズリーズのようでカッコいい。

それにしても、こういう独特のムードを持つ映画のサントラをこなす作曲家ってすごいなあ。
プロにはどうってことないんでしょうかね。

観ていて音楽がうるさいと思ったらたとえ名曲でもそのサントラは失敗だと思う。
結構ハリウッド映画の大作に多い。

ここでは、それぞれの場面の演出にふさわしい曲が作られていると思う。
ほとんどが無意識に流れ込んでくる感じ。
だから私は星五つです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
映画を見たらつぎはこれです。
シリウスの死や、騎士団の飛行はドキドキします。
もちろん恒例のヘドウィグのテーマを元にしたものもありますよ!!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック