Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,132

¥ 596の割引 (34%)

ポイント : 6pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[クリストファー・ベルトン]のハリー・ポッターと不思議の国イギリス
Kindle App Ad

ハリー・ポッターと不思議の国イギリス Kindle版

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,132
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 25,815 ¥ 1,192

商品の説明

内容紹介

「ハリー・ポッター」シリーズは、わたしの生い立ち、祖先から受け継いだもの、歴史、子ども時代の夢といったものすべてを映し出す鏡のような存在です―クリストファー・ベルトン
●ハリー・ポッター誕生の背景
キングズ・クロス駅、パブリックスクール、オートミール、糖蜜タルト、ゴブリン、ケンタウルス……。ハリー・ポッターの本や映画を通して、イギリスの文 化や人々の暮らしぶりになじんだ人も多いはず。しかし、実はイギリス人は墓地や幽霊が大好き、魔法使いも日本人が考えるよりはるかに身近な存在……。そう言われてみると、ハリー・ポッターの世界もまた違った風景に見えてきます。ハリー・ポッターをはぐくんだイギリスとは実際はどんな国なのか、ロンドン生まれの著者がその歴史、文化、風土を詳細に解き明かします。
●さまざまなイギリス事情を明らかに
第7巻では17歳になったばかりのハリーが、何と「ファイア・ウィスキー」なるものを飲むシーンが登場します。イギリスの飲酒に関する法律はどうなっているのでしょうか。同じく第7巻で、逃亡生活を続けるハリーが銀色の雌鹿と出会う「ディーンの森」は実在します。古くはサクソン時代から王族が鹿狩りをしてきたと伝えられるディーンの森とは、どんなところなのでしょう。
ハリー・ポッターシリーズのさまざまなシーンに絡めて、イギリスの学校制度、パブ、気候、食事、交通機関、幽霊、魔女、伝説上の生き物など、イギリス事情を多方面から明らかにします。
●人気コラムが1冊の本に
本書は『「ハリー・ポッター」が英語で楽しく読める本』Vol.1~Vol.7の人気コラム“What's More”に加筆するとともに、新たに書き下ろしたエッセーを加えてテーマ別に再構成したものです。今回の単行本化に当たり、アーティストとして活躍中の著者の次男、ジェイミー・ベルトンがイギリスの雰囲気を見事に伝える挿絵を提供してくれました。そのイラストと写真を随所にアレンジし、ハリー・ポッターそしてイギリスが好きな人はもちろん、ファンタジー文学ファンにも見逃せない1冊に仕上がっています。

内容(「BOOK」データベースより)

第7巻で17歳のハリーが「ファイア・ウィスキー」を飲んでいるのはOK?それまではひたすら避けていた「ヤドリギ」。第5巻になるとハリーも大歓迎に転身。第1巻の「ガイ・フォークス・デー」は、家庭で花火ができる年に一度の日。第7巻でハリーが銀色の雌鹿を見た「ディーンの森」を訪ねてみませんか。「ハリー・ポッター」を生んだイギリスの、現実世界と非日常の狭間を探る。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 3264 KB
  • 紙の本の長さ: 224 ページ
  • 出版社: コスモピア (2008/7/5)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B009SXCRIS
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 143,298位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
これは、著者初のエッセー集で、第1部ハリー・ポッターの世界に垣間見る現実世界のイギリス(1.キング・クロス駅、2.学校生活、3.ホグワーツとパブリックスクール、4.パブ、5.行事、6.クリスマス、7.森と湖、8.気候、9.食事、10.墓地、11.赤ちゃんの名前、12.アナグラム、13.子どもの遊びの計13章)、第2部ハリー・ポッターに交錯するイギリスの過去と現在(1.犬と猫とネズミの歴史、2.ロンドンのルーツとローマ街道、3.交通機関、4.紋章、5.イギリスにおける決闘、6.郵便制度、7.印刷物の歴史、8.ラテン語と英語、9.銀行の歴史、10.イギリス人とフランス人の対決、11.物語に登場する実在の魔術師で計11章)、第3部ハリー・ポッターを生んだ不思議の国イギリス−その非日常の世界(1.魔女と魔法使い、2.イングランドの魔女とスコットランドの魔女、3.魔法の道具、4伝説上の生き物(1)、5. 伝説上の生き物(2)、6.幽霊、7ホグワーツの教科、8. ホグワーツのお菓子、9.蛇とドラゴン、10.魔法の力が集まる場所、11.おとぎ話とファンタジー文学で計11章)の3部構成全35章です。『ハリー・ポッター』のストーリーとはそれほど関連性が強くないので、私のように本を読んだことの無い者にも気楽に読めました!アナグラムや子どもの遊び、紋章、決闘やイギリス人とフランス人の対決等は特に面白かっ...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
ハリーポッターに関するあれこれ本かと思ったのだが、予想に反してイギリスの文化が満載である。
くどくならない程度にハリーポッターと関連付けて解説しているあたりは、憎いほど綺麗にまとまっている。
物語のファンでなくても、イギリスについてもっと知りたい人にお勧めの一冊である。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover