通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ハヤテのごとく! (7) (少年サンデーコミックス... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 折れあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ハヤテのごとく! (7) (少年サンデーコミックス) コミックス – 2006/6/16

5つ星のうち 4.1 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 421
¥ 421 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


この商品には新版があります:

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ハヤテのごとく! (7) (少年サンデーコミックス)
  • +
  • ハヤテのごとく! (6) (少年サンデーコミックス)
  • +
  • ハヤテのごとく! (8) (少年サンデーコミックス)
総額: ¥1,263
ポイントの合計: 39pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

中古品につき多少の傷み・汚れ・日焼け等はありますが、状態は良好です。


登録情報

  • コミック: 184ページ
  • 出版社: 小学館 (2006/6/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091204171
  • ISBN-13: 978-4091204172
  • 発売日: 2006/6/16
  • 梱包サイズ: 17.4 x 11.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
今回も買うべき!

ラブコメ王道のバレンタインイベントが今回の前半のメインですが、他のラブコメなんかよりずっと面白い!

オマケも多く、週刊少年サンデーでこの作品を見た人でも十分楽しめる。

分かりづらいマニアックなネタが所々ありますが、それでも十分楽しめます。

今回も文句なしに面白いです。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 HAL 投稿日 2007/1/30
形式: コミック
 前巻での続きモノから再び1話完結の内容に戻っています。前半にはバレンタインの話があったりマリアの数少ない活躍(色々な意味で)があったりするので楽しめます。ただ個々で笑える部分はあるのですが、全体的にはどうもイマイチという感じです。ハヤテやナギといったメインキャラの印象が薄いですし、ラブコメもあまり見られません。脇役を活躍させておこうとしたが失敗してしまった、というところでしょうか。ハヤテの場合、独立して活躍できる脇役は多くありません。やはりメインキャラと絡ませてこそ面白みが出てくるというものです。

このマンガは登場キャラのほとんどが(実年齢、精神年齢ともに)幼く描かれているおり、作品を引き締めるようなキャラがいないので、いきおい内容も低年齢化する傾向にあります。この巻はその最たるものだと思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
執事ダンジョンの余波(?)により体調が悪くなったハヤテ、そのため看病するマリア。

発電所にて咲夜と二人きり、ハヤテのニブチンな意見により熱湯に押し込まれ、咲夜に後ろから抱き締められるハヤテ。

「返事は…言わなくていいから…ただ…想いを伝えたいだけだから」
と、西沢さんに前から抱き締められるハヤテ。
雪路と口論しているうちに雪路に押し倒されたハヤテ。
雪路に押されて、牧村さんを押し倒す形になったハヤテ。

そして、ナギの裸を見てしまったハヤテ…

何かこれまで以上にハヤテと女性キャラによる接触が多いですね。

しかし、111ページの泉のセリフは問題発言ですよね。色んな意味で。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 登場人物走りまくる!それぞれがそれぞれの味を出してきているので、ハヤテを中心に話を回さなくてもまわるくらい。単行本で一気に読むと、前回のネタがどうつながれているのかが良く分かって、やっぱり良いなあ。

 執事トラの穴のエピローグからナギとハヤテのハプニングまで。木刀正宗のその後のお話などもおまけについています。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
この第7巻はなかなか気に入っている巻の1つです。
ついにやってきたバレンタインデーにナギ、西沢さん、ヒナギク達は
どうするのか・・・的な感じですかね。
まあ、その他にも八甲田山的な話や、委員長とハヤテの受難(?)やら
いろいろあるので面白いと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告