通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ハムレット (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 Sunbooks
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【商品状態】表紙の擦れなどの経年劣化はありますがその他目立つ様な大きな問題はなく、経年に対し概ね良好です。なお当店から購入後万が一商品に、当説明欄で記載されていない問題があった場合はご遠慮なく当店へお申し付けください。返金・値引きなど 誠実にご対応させて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ハムレット (新潮文庫) 文庫 – 1967/9/27

5つ星のうち 4.3 44件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 525
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 497
¥ 497 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ハムレット (新潮文庫)
  • +
  • マクベス (新潮文庫)
  • +
  • リア王 (新潮文庫)
総額: ¥1,426
ポイントの合計: 45pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

城に現われた父王の亡霊から、その死因が叔父の計略によるものであるという事実を告げられたデンマークの王子ハムレットは、固い復讐を誓う。道徳的で内向的な彼は、日夜狂気を装い懐疑の憂悶に悩みつつ、ついに復讐を遂げるが自らも毒刃に倒れる――。恋人の変貌に狂死する美しいオフィーリアとの悲恋を織りこみ、数々の名セリフを残したシェイクスピア悲劇の最高傑作である。

内容(「BOOK」データベースより)

城に現われた父王の亡霊から、その死因が叔父の計略によるものであるという事実を告げられたデンマークの王子ハムレットは、固い復讐を誓う。道徳的で内向的な彼は、日夜狂気を装い懐疑の憂悶に悩みつつ、ついに復讐を遂げるが自らも毒刃に倒れる―。恋人の変貌に狂死する美しいオフィーリアとの悲恋を織りこみ、数々の名セリフを残したシェイクスピア悲劇の最高傑作である。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 284ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1967/9/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4102020039
  • ISBN-13: 978-4102020036
  • 発売日: 1967/9/27
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 44件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 6,647位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
 私は岩波文庫版の『ハムレット』を以前読んだことがあったが、福田氏訳の本書を読んでいる間、その事実を完全に忘れていた。それくらい、福田氏の訳は素晴らしく、氏自身が巻末の解説で書いているとおり、翻訳自身が創作となっている。シェークスピアは劇上演のために本作を書いたのだから、翻訳も劇上演という観点から為されるべきだとの氏の見解に私は全くの同意である。劇の台本らしく、言葉が躍動的であり、実に読みやすい。また、この作品自体の素晴らしさについては今更言うまでもないだろう。従って、問題は誰の訳で読むかだが、これはもう福田訳で決まりだろう。氏による解説も必読であろう。
2 コメント 63人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 lo,lee,ta 投稿日 2012/7/12
形式: 文庫
とても深い物語で、私に、たくさんの謎を残してくれました。
ハムレット、オフィーリア、妃 特にこの三人については、色々な推測ができて、二回目からは、一回目とは違う読み方ができます。
そして、ハムレットの言うことは、人間の本質をついていて、さすがだと思いました。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
シェイクスピアといえばハムレット。
ハムレットといえばシェイクスピア。
この作品は殺人・復讐・狂気・報復といった人間の負の感情の表現が秀逸である。
時代を超えて語り継がれる本の手本だ。
値段や、本が薄くて持ち運びに便利なのもうれしい。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
四大悲劇(ハムレット、オセロ―、リア王、マクベス)の中で最も早く作られた作品で、デンマークの伝説をモチーフにした、シェイクスピア悲劇の最高傑作と言われる。
内容は、ハムレット王子が、父である先代ハムレット王を暗殺した叔父の現クローディアス王を殺すという単純な復讐劇ではなく、恋人であるオフィーリアは狂死し、最後には自らも傷ついて死んでしまうという複雑な悲劇である。
シェイクスピア作品の多くは、限られた登場人物の中に多様な人間関係・人間心理が織り込まれており、本作品もその典型なのであるが、それ故に作品のテーマを汲み取るのは難しい。
第三幕第一場で、ハムレット王子がクローディアス王が父を殺したのか確信できずに呟く、「生か、死か、それが疑問だ」は、シェイクスピア作品中最も有名な台詞のひとつであろうが、更に、第五幕第二場で、ハムレット王子は、オフィーリアの兄レイアーティーズとの闘いの前に、「一羽の雀が落ちるのも神の摂理。来るべきものは、いま来なくとも、いずれは来る ― いま来れば、あとには来ない ― あとに来なければ、いま来るだけのこと ― 肝腎なのは覚悟だ」と語っており、そこから読み取れるのは、“あれこれ思い悩んだところで仕方がない。運命に従うしかないのだ”というメッセージだろうか。。。
また、英国の画家ミレイ(「落穂拾い」で有名なフランスの画家ミレ
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カーマイン 投稿日 2016/10/25
形式: 文庫
 ハムレットは、デンマーク王クローディアスの甥であり、先王の息子である。ハムレットの実母・ガートルードはクローディアスと再婚している。ハムレットは鬱々とした日々を過ごしている。ある日、ハムレットは先王の亡霊に出会い、先王(父)がクローディアスに毒殺された事実を知る。
 ハムレットの行状について不安になったクローディアスは、ハムレットをイギリスに派遣し、そこで密かにハムレットを殺そうと考える。とはいえ、クローディアスも罪の意識に苦しんでいる。
 ハムレットは王の腹心でもある宰相ボローニアスを刺殺。ハムレットはガートルードについてもいい感情をもっていない。ボローニアスの娘であり、ハムレットに愛情を寄せられていた(または、寄せられていたように偽装されていた?)オフィーリアはショックで溺死。
 ハムレットはクローディアスのたくらみを察知する。ボローニアスの息子でオフィーリアの兄であるレイアーティーズとハムレットは決闘。このとき、クローディアスがハムレット暗殺のために用意していた毒杯をガートルードが飲んでしまいガートルードも死亡。しかも、決闘の剣に毒が塗ってあったためにレイアーティーズも死亡。ハムレットはクローディアス王を刺し、ハムレットもまた毒の剣による傷がもとで死亡。
 ハムレット物語の源流は、民間伝承や民族詩のうちに求められるそうである。
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 街道を行く #1殿堂トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/3/10
形式: 文庫 Amazonで購入
福田恒存氏の翻訳文は、とても軽快で読みやすく舞台を連想させるものでした。あとがきに、シェイクスピアは、古典文学とする翻訳の仕方もあるけれども、戯曲翻訳として日本人が声を出して読める翻訳でなければならないというお考えが記されています。「TO BE OR NOT TO BE」にどのような日本語を付したか。ハムレットを読むときの楽しみでもあります。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック