通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ハピネス (光文社文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆状態は概ね良好です。中古ですので多少の使用感がありますが、品質には十分に注意して販売しております。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ハピネス (光文社文庫) 文庫 – 2016/2/9

5つ星のうち 3.2 87件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 980 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 778
¥ 778 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ハピネス (光文社文庫)
  • +
  • 緑の毒 (角川文庫)
総額: ¥1,426
ポイントの合計: 45pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

三十三歳の岩見有紗は、東京の湾岸地区にそびえ立つタワーマンションに、三歳二カ月の娘と暮らしている。結婚前からの憧れのタワマンだ。
おしゃれなママたちのグループにも入った。そのリーダー的な存在は、才色兼備の元キャビンアテンダントで、夫は一流出版社に勤めるいぶママ。
他に、同じく一流会社に勤める夫を持つ真恋ママ、芽玖ママ。その三人とも分譲の部屋。しかし有紗は賃貸。そしてもう一人、駅前の普通のマンションに住む美雨ママ。
彼女は垢抜けない格好をしているが、顔やスタイルがいいのでいぶママに気に入られたようだ。
ある日の集まりの後、有紗は美雨ママに飲みに行こうと誘われる。有紗はほかのママたちのことが気になるが、美雨ママは、あっちはあっちで遊んでいる、自分たちはただの公園要員だと言われる。
有紗は、みんなには夫は海外勤務と話しているが、隠していることがいくつもあった。
そして、美雨ママは、有紗がのけぞるような衝撃の告白をするのだった……。
「VERY」大好評連載に、新たな衝撃の結 末を大幅加筆! --このテキストは、単行本版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

高級タワーマンションに暮らす岩見有紗は窒息寸前だ。ままならぬ子育て、しがらみに満ちたママ友たちとの付き合い、海外出張中の夫・俊平からの離婚申し出、そして誰にも明かせない彼女自身の過去。軋んでいく人間関係を通じて、徐々に明らかとなるそれぞれの秘密。華やかな幸せの裏側に潜む悪意と空虚を暴き出す。人気女性誌「VERY」連載時から話題沸騰の衝撃作!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 450ページ
  • 出版社: 光文社 (2016/2/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 433477234X
  • ISBN-13: 978-4334772345
  • 発売日: 2016/2/9
  • 商品パッケージの寸法: 15.4 x 10.4 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 87件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 78,329位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
雑誌連載なので、しかたがないし、雑誌のイメージから想像できそうな・・。
内容はよくあるママ同士の いざこざ・・・みんな独身時代はこんな主婦には
なりたくない!!って思っているけど、自分だけの繋がりでなく我が子がらみ
だから・・・面倒になる。美容院などで読むにたりる一冊。
桐野夏生さんは、もっと深い一冊がある!
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
以前からファンだったので、あのドロドロが読めると期待して購入したのですが。。。
起承転結もなくただただつまらない主婦グループの薄っぺらい会話が多くだけ。
唯一の事件といってもいい主人公の離婚危機問題は遠距離夫婦のためまったく迫力がないし。
いつ、完璧ないぶママが嫉妬に狂ったママグループに殺されるのか はたまた 全身整形が暴露されるのか 
期待したものの、そんなことは起きず普通に終わります。
編集者は桐野夏生作品を読んで依頼したのでしょうか??
メール文章の古っぽさも修正してあげないのは何故? 
それにしても、いまどきのママをリサーチ不足なんじゃないの???
まったく良さがない駄作に思えます。
現在VERY誌で連載中とのことですけど、少しは面白くなってるんでしょうか。

追記
他レビューで林真理子がこの題材で書いたら面白くなっていただろうと指定されている方に同意します。
巻末あたりでようやく、いぶママ実家がボロだったり仲良さげだった夫と別居している疑惑が出てきましたけど
このあたりは林が得意とするところでしょう。女の嫉妬をいやらしく描写するはず。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
興味深いテーマではあったけれど、期待していたほどではなかった。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
桐野さんはこんな薄いテーマを描く作家ではない。
と評価されてる人がいます。
それ、言い得てる。
が、そこまで裏切られた感はない(参考になった。同意できるとこがあるので押しましたが)
桐野さんのような天稟の物書きは雑誌連載の仕事などの寄り道をして欲しくないと思ってる。
でも、ごくたまに、彼女の仕事には晴天の日にスケッチを描くようにサラサラとした内容のものがある。
安請け合いというのか、(特に)邦画など観て、いい役者さんだなと思っても、
安いドラマやバラエティーの番宣などで観るとシラケる。
それと似てるかも。

この人は「ゾーン」に入ったとか、なにかに取り憑かれたのではないのか、
どこからそのアイデアや文章が出てくるのかとゾクゾクされられることが多いが、
この本は違う。
なんとも平たい。

(以下、ネタバレ含みます)

シャベルとか離婚とか大きな問題があってどーなるのだ?という期待に反して
解決というか、サラと過ぎていく。
そして、ママ友間ではカリスマ的存在のいぶママ。
そしていぶパパと不倫する美雨ママ。
これもいぶママ一家の引っ越しという本編からドロップアウトする
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
もったいない
この設定で林真理子さんが書いたら、ものすごーーく面白かっただろう

登場人物のキャラ設定が甘いので、ストーリーが陳腐になっている
ありがちなキャラをもっと複雑にして、もっと心理描写を掘り下げていけばいいのに
雑誌の編集者から依頼されたから、なんとなく書いてみました、みたいな軽い感じが否めない

セリフなども不自然だし、作者が心から理解しているキャラクターと思えない
もったいない・・・
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
雑誌の造語「イケダン」やブランド服を書いてあったりするだけ。
離婚歴があり子どもも産んでいたという事実を言わないで、それを知って離婚を切り出した夫に、「私が悪いの?私は悪くない」という発想がありえない。義父母にも真実を隠そうとしていたし。
さらに、シャベルと落として迷惑をかけておきながら、返してもらったときに注意された手紙があっただけで、しつこく根に持つ主人公。しかし、やんわりと言ってもらった方だろう。
この性格の悪さは、どうも桐野夏生そのものに起因するのではないか。不快感が残る。
一方、いぶママも、惨めな状態なのに、ママ友に実家の住所を教えたりしない。グーグルでくぐればすぐに分かるのだから。
そもそも、元キャバクラ勤めの美雨ママに、いぶママを選んだ夫が、家庭を壊してまでなびくとは考えられない。
また、保育所もそう簡単に遅くから申し込んでも決まらない。
DV夫は、妻が代わったくらいではなおらない。
すべてが不自然で手抜きな話。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー