¥2,640
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ハバ犬を育てる話 (物語の島 アジア) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ハバ犬を育てる話 (物語の島 アジア) (日本語) 単行本 – 2015/3/31

5つ星のうち5.0 3個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2015/3/31
¥2,640
¥2,640 ¥707
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • ハバ犬を育てる話 (物語の島 アジア)
  • +
  • 闘うチベット文学 黒狐の谷
  • +
  • チベット現代文学の曙 ここにも激しく躍動する生きた心臓がある
総額: ¥10,340
ポイントの合計: 166pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

出版社からのコメント

東京外国語大学出版会のアジア文学シリーズ『物語の島 アジア』第三弾の作品は、チベットで絶大な人気を誇る作家タクブンジャが贈る9つの物語。

タクブンジャ作品は時にチベット高原における伝統とモダニティの相克を題材とし、また一方では現代社会における複雑な人間関係を描く。
日本の読者に今まで経験したことのない新たな物語のイマジネーションを与えてくれる作品です。
チベット現代文学の「今」だけでなく、その巧みな語り口はチベット好きの読者さまのみならず広く外国文学を愛好する読者さまを魅了する一冊です。

内容(「BOOK」データベースより)

生きとし生けるものすべて、自らの母にあらざるものはなし―。仏の教えを胸に自然と共に生きてきたチベットの人々。かれらを取り巻く現代社会の問題や人間関係の複雑さを鋭く捉え、鮮やかにそして時に幻想的に描き出す。実験的な手法でチベット文学に新風を巻き起こした現代文学の旗手、待望の小説集。

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
評価の数 3
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
2015年4月2日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年4月13日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年4月10日に日本でレビュー済み
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告