日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

ハナレイ・ベイ

 (96)
6.21時間36分2018PG12
シングルマザーのサチ(吉田羊)は、息子のタカシ(佐野玲於)がハワイのカウアイ島にあるハナレイ・ベイで亡くなったことを電話で知らされる。大好きだったサーフィン中に大きなサメに襲われ死んだという。彼女は、彼が命を落としたハナレイ・ベイへ向かい、海辺近くの大きな木の下で読書をして過ごした。毎年、この「行為」は続いた。同じ場所にチェアを置き、10年間。だが、彼女は決して海には近づかない。ある日、サチは2人の若い日本人サーファーと出会う。無邪気にサーフィンを楽しむ2人の若者に、19歳で亡くなった息子の姿を重ねていくサチ。そんな時、2人から“ある話”を耳にする。「赤いサーフボードを持った、片脚の日本人サーファーを何度も見た」と…。サチは決意する。もう一度、息子に会うために─。
レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。
ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
おうち時間はPrime Videoをテレビ画面で観よう

ご自宅のテレビ画面でPrime Videoの視聴が可能なデバイスをご紹介。Prime Videoアプリ対象のスマートテレビ、またはテレビに接続して利用するPlayStationなどのゲーム機器をご利用いただくことでPrime Videoをテレビ画面で視聴できます。 対象の機種・機器を今すぐチェック

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

レーティング
PG12対象
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

その他のフォーマット

レビュー

5つ星のうち3.8

96件のグローバルレーティング

  1. 44%のレビュー結果:星5つ
  2. 18%のレビュー結果:星4つ
  3. 19%のレビュー結果:星3つ
  4. 10%のレビュー結果:星2つ
  5. 10%のレビュー結果:星1つ
カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

gwm928812020/02/24に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
原作は超えられないが...
確認済みの購入
短編を映画枠で撮るのは無理があるんじゃないか、どうせガッカリさせられるんだろうな... と思い、Amazonプライムで公開されていることは知っていたが、観ないでいた。たまたま夜中に目が覚めてしまい、何となくハナレイ・ベイを観るべきときのような気がして観た。
予想よりはかなり良かった。原作に忠実すぎるきらいがあるが、付け足されたスケートボードのシーンが、単調になりがちなストーリーに華を添え、思いのほか良かった。二人の若者の棒読み演技も、むしろ、頼りないが憎めない若者という原作の設定を表現できているように思えた。
喪失とそれを時間をかけて苦しみながら受け入れること。ハワイの風景・人物がやさしく、我慢強く教えてくれる。
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
もつおもつ2020/02/22に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
もう一度、息子に逢いたいと思うまでの物語
確認済みの購入
ハワイで我が子が鮫から襲われて死ぬとこから始まるわけだが
全てをなくした母親がもう一度子供に会いたいと思うまでを描いているような気がする
生前は子供との関係も上手くいっておらずいい記憶も残っていない
息子の死後から10年たってあることからやっと息子にもう一度逢いたいと思えるようになる
なんか切ないそういう気持ちにさせる作品です
正直☆4はつけすぎのような気がしますが自分好みの作品だったため甘めになっちゃいました
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
まるしも2021/01/30に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
吉田羊さんの演技力
確認済みの購入
単純にハワイを感じたくて観ました。
ずっと吉田羊さんの一人芝居のよう。
そして周りは背景のような。
事故当時と10年後吉田羊さんだけ年をとらず、
時が止まったように何も変わらず。
そういった演出で悲しみを表現しているのかと。

ずっとふわっとした背景が続き、
少しずつ現実を受け入れる中で
息子の手形に手を重ねながら
「あなたに逢いたい…」
一気に哀しみが押し寄せました。
演技力素晴らしい。

欲を言えばもう少しハワイの自然や
サーフィンシーンなどを観たかった。
そうすれば哀しみとのギャップがより
感じられるのではないかと思いました。
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
池田2021/01/21に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中
受け入れたのか?手放したのか?
確認済みの購入
記憶の中の息子の姿を拾い集めながら、少しずつ
死を受け入れていく母親の話。

吉田羊がイギー・ポップを聴きながら泣くシーン
は、透明感があって素敵でした✨

海がとてもきれいだったので、母親から見える画
や感じる音がもっと欲しかった。潮の匂いを感じ
る位…。

原作は知らないが、会話に違和感があったので、
母親の会話をするシーンは、記憶の中だけで良か
ったと思います。

栗原類のシーンは無くて良かったかも…。
Amazon Customer2019/04/14に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
Atmospheric movie , regerettably no English subtitles
確認済みの購入
I very much liked the atmosphere of this movie and I am a big fan of Murakami Nijiro's acting. I only wish the Blu Ray would have English subtitling. Korean Blu-ray's mostly offer this service, Japanese regrettably don't, depsite the fact that Japanese movies have many international fans.
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
堀川 創一朗2019/07/19に日本でレビュー済み
2.0/星5つ中
原作との世界観のズレ
確認済みの購入
原作小説では、子供を失った主人公の喪失感はもとより、息子がハナレイで感じていた純粋に夢を追い求める解放感を、大人になりすぎた自分がいつの間にか失ってしまっていることに対する虚無感が表現されていたように思います。
翻ってこの映画ではその辺りの解釈が乏しく、狂信的に片足のサーファを探し続ける主人公が精神的に追い込まれていくさまがフィーチャーされていて、ちょっと「それじゃない感」が残念でした。
加えて日本人サーファーをはじめとする脇役たちの演技力の低さがさらにそれを助長していて、折角の吉田羊さんの演技力が活かしきれていないという感想でした。
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
チカチカ2021/01/25に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
良いと思う。
確認済みの購入
村上作品のあたたかな湿気のある空気感。
子供をなくした母の喪失感。家族の不在。若者の視点。
いろんな要素を持つ文学作品を映画にするのってとても難しいと思うけど、
さまざまな課題を乗り越えてるように感じた。

気になったのは。吉田羊さんの演技力に頼ってばかりなところ。
カメラワークをもうちょっと頑張って欲しかったのと。
(編集作業を頑張るなのかも。)
栗原類は吉田羊さんと恋愛してた人には見えなかった。

ドラマを感じられるこんな邦画がたくさん出てきたら
日本映画が見直されるんじゃないかと思う。
mmy2020/02/24に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中
セリフが少なく演技力勝負の作品なだけに、サーファー役のしょぼい演技が残念。
確認済みの購入
吉田羊ファンとしては脇役のしょぼい演技が惜しいです。
まともにサーフィンできる役者はそうそう居ないってことなんでしょうか。
作品としては、息子を亡くした母親の傷心からの立ち直りを描いた、
バッドエンドでもハッピーエンドでもない、文学的な印象でした。
吉田羊さんの演技は光ってましたが、それ以外は特筆することはありませんでした。

学生時代はサーフィンにはまってましたので、もう少しハワイのサーフィンシーンが欲しかったのと、
ハワイのシーンが大半なので英語のシーンが多い=字幕を見る必要があるので、
ながら見ができなかったのが、自分にとってはマイナスポイントした。
すべてのレビューを表示