¥ 1,160 + ¥ 340 関東への配送料
残り1点 ご注文はお早めに 販売元: g@meクエスト 【土日祝日定休】
+ ¥ 0 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: こちらの商品はゲームソフト・ディスクケース・説明書のセットとなります。その他付属品は原則ございません。ユーズド品ですので、全体的に汚れや傷がございます。動作は確認済です。商品に不具合が発生した場合は、弊社規約に基づき、返金させていただきます。14時までに弊社に注文確定メールが到着したご注文につきましては即日発送致します。発送は、梱包サイズや日時指定により異なりますが、ゆうメール、もしくは佐川急便宅急便での発送となります。商品到着までの日数や、プライバシーポリシーにつきましては、出品者情報をご覧ください。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,890
+ ¥ 340 関東への配送料
発売元: シータショップ★クレジットカード・コンビニ払い対応 土日祝はお休みです。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

天外魔境III NAMIDA

プラットフォーム : PlayStation2
5つ星のうち 2.9 73件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 8,023
価格: ¥ 1,160
OFF: ¥ 6,863 (86%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、g@meクエスト 【土日祝日定休】 が販売、発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。
  • シュリンク少し皺あります。。
新品の出品:8¥ 1,160より 中古品の出品:112¥ 1より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」は、お付けしておりません。画像や商品説明に特典の記載があった場合も同様に、タイトルに記載のない限り、「外付け予約特典」は、添付されませんのでご注意ください。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。

  • 注記: 「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • Amazon.co.jp限定: ここでしか手に入らないAmazon.co.jp限定TVゲーム/Amazon.co.jp限定特典付TVゲーム を今すぐチェック

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。


製品情報


登録情報

  • 国外配送の制限: この商品は、日本国外にお届けすることができません。
  • ASIN: B00076YLT8
  • 発売日: 2005/4/14
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.9 73件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 19,592位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる

商品の説明

商品の説明

RPG*ハドソン

Amazonより

   有名クリエイター広井王子氏の企画・監修によるシリーズ最新作。ジパングと呼ばれる架空の日本。そこは板東地方(天外魔境ZIRIA)、大和地方(天外魔境II MANJI MARU)そして今作「天外魔境III NAMIDA」の舞台となる九洲地方の3つの地方からなっている。ジパングの西方に位置する九洲地方は、9つの国からなっている辺境の地だ。この設定だけでも、次の展開を知りたくなってくる。

   今作の主人公はナミダ。ナミダは過去の記憶を失っており、自分が何者なのか、どこから来たのかを知らない。幼いころ、高千穂村の浜辺に打ち上げられていた所を壱与(いちよ)という少女に助けられ、それ以来壱与の家で実の兄妹同様に育てられる。高千穂村に祀られている火の神が宿るという「神鏡」がある。普段は天安河原(あめのやすがわら)の祠に納められている神鏡だが、年に一度の祭りの日だけは外に出し、1年の豊作と平和を祈願する。しかし、ナミダが17歳になった年の祭りの夜、神鏡にあやしき黒い影がよぎり、割れてしまう。それが災いの始まりだった……。

   割れた神鏡から現れた異形の者たちは、自らを“アミ”と名乗り、この地の支配者であると宣言する。九洲の各地でさまざまな混乱を巻き起こす彼らの目的とはなにか? アミにさらわれてしまった壱与を助け、殺された育ての父の仇を討つため、旅に出るナミダは、旅の途中、アミに苦しめられる人々を助ける事になる。そして、自らの宿命を知り、九洲を救う為にアミと戦う事になっていく。(羽根満男)



カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 kiki 投稿日 2005/12/10
読み込みの長さ、ストーリーのできの悪さは天外ファンとしてかなり落胆を覚えました。
民家に入って読み込み、2階に上がって読み込み、1階に降りて読み込み、外出て読み込みは正直論外。
特に許せなかったのはイベント中の読み込みです。
回想シーンで1シーン毎の読み込みは雰囲気台無しで、マジで萎えます。
せめて右下の「読み込み中」は表示しないで欲しかったです。

ストーリーも微妙でした。敵であるアミの正体は説明不足。
彼らの目的も無理矢理作ったようなもので、適当感が否めません。
地方を支配するボスも毎回同じパターンで芸が無く、インパクトに欠けますね。
(天外2、黙示録ではあんなにキャラたってたのに・・)

ただ、戦闘、成長システムは賛否が分かれるようですが、個人的には良かったと思います。
音楽もとても綺麗でしたね。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
本当にイライラさせられるゲームでした
ロード時間が長すぎる戦闘が終わったらロード
建物の中に入ったらロードしまいには
嫌になって最小限度の人としか会話しませんでした
ストーリーもこれってことはなく、前からのゲームファンでない
自分にとってもう2度とやりたくないゲームでした
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/11/10
天外魔境を知ったのはPCエンジンがファミコン全盛期で密かに人気になっいていた天外魔境2からになる。
小説やアニメなどで天外魔境はシリーズを培っていき、ゲームの世界まで進出し、当時としては本当に画期的なアニメーションによるRPGゲームとしての革命を起こしたと思う。
今回のNAMIDAは残念ながら天外魔境とは言えない出来栄えだった。
シナリオは最低で、戦闘シーンは時代遅れ、天外の売りだったアニメーションは3Dへと変わり、これまでの天外ファンまでをがっかりさせる駄作となった。
シナリオに関しては前作の卍丸の良いところをそのまま真似たという印象が強く、如何に作り手の想像力がハドソンでは未熟化していると窺い知れる。
天外魔境シリーズ完結と謳っていた天外魔境3と信じていた天外ファンは騙される結果になったと思う。
天外魔境は天外魔境2で終わったと自分では認識したい。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
皆さん書いておられることですが
3D化の意味がわかりません。
視点変更ができるわけでなく
キャラクターがイキイキと動くわけでもないのに何故3D…。
3Dでなければ気にならなかったであろう
キャラクターモデルのヘボ目の演技が涙を誘います。
前作(PCエンジン版の天外魔境II)は
システム的には特筆すべき部分のないオーソドックスなPRGでしたが
プレイヤーにストレスを感じさせないという点ですばらしい完成度を誇っていました。
その血を受け継いでいるはずのIIIですが
ブラッシュアップが足りなすぎます。
シリーズ通しての世界観・音楽はすばらしいのですが
それ以外、オススメできるポイントありません。
シリーズのファン以外の方には
まったく推薦できないソフトです。
うーん。残念。
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ロードも、システムも、ストーリー、シナリオ、世界観さえちゃんとしてくれれば目を瞑ろうと思って買いましたが・・・やはり作り手が変わったからでしょうか。今のハドソンにRPGを作れる才能はもうないという証明になってしまいましたね。かつての天外魔境は、勧善懲悪ではない、ブラックユーモアと、一枚岩ではない深いストーリーと世界観がありました。それは偏に作り手の引き出しの多さ、懐の深さを感じられるものでした。今回の3にはそれが微塵も感じられません。やはり枡田版シナリオではないことが大きかったのではないかと、見限られても仕方がない出来です。非常に残念です。日本を代表するRPGになれる可能性があったソフトだっただけに・・・悔やまれます。あまり売れてないみたいですが、ハドソンの自業自得でしょうね。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
あまりにも、ここでのレビューが悪くて購入を控えていたのだが
WELLCOME TO ZIPANGの響きには勝てず、期待に胸躍らせて購入。。。
しかし、酷評と言われるレビューは、やはり的を得ていてゲーム誌のレビューよりは消費者寄りだと思いました。
ロードの長さは、悲しい事にやはりPS2ゲーム史上最悪の部類というか極悪。
一言で言うと”なによりプレイヤー(客)のストレスを全く考えていない。”
町の人と話すだけでもボタンを押してから1~2秒のレスポンス遅れ、
町の造りは奥が行き止まりの曲がりくねった一本道。
家と家の間には通り抜け出来ない植え込みや柵を配置。
視点の切り替えも無い3D表示等、不親切さを上げればキリが無いです。
ただ、戦闘だけは過去の「天外」より面白くなっていました。
一度に多数の敵に切りつけられるのは良かったです。
余計なキャラアクションでテンポを崩しているのが勿体ないです。
★2つは戦闘とスタッフの豪華さに付けました。
全体のトータルでは★±0にしたいです。
以前、主要製作者が「面白い戦闘システムに重たいストーリーを乗せて
申し訳ない」と語っていたが、それ以前の問題なんだろうなぁ~。
ゲームの要であるゲームシステムと古参ファン(客)を疎かにしすぎた「天外Ⅲ」の責任は重い。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー