ボンバーキング がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 4,590
+ ¥ 340 関東への配送料
発売元: メディア堂 ☆ コンビニ決済・ネットバンキング・Edy払いもご利用できます☆
カートに入れる
¥ 4,980
通常配送無料 詳細
発売元: 【即日配送】ホビー雑貨のお店
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ボンバーキング

プラットフォーム : FAMILY COMPUTER
5つ星のうち 4.0 8件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,940
価格: ¥ 4,980 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 960 (16%)
ポイント: 50pt  (1%)  詳細はこちら
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ワールド オンライン セレクトが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
  • FAMILY COMPUTER
  • ファミリーコンピュータ用カセット
  • ハドソン HUDSON
  • アクション ACTION
  • BOMBER KING
新品の出品:5¥ 4,580より 中古品の出品:44¥ 1より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」は、お付けしておりません。画像や商品説明に特典の記載があった場合も同様に、タイトルに記載のない限り、「外付け予約特典」は、添付されませんのでご注意ください。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。 また「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


製品情報


よく一緒に購入されている商品

  • ボンバーキング
  • +
  • バイナリィランド FAMILY COMPUTER
総額: ¥12,180
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • ASIN: B000068I11
  • 発売日: 1987/8/7
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 5,690位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0

トップカスタマーレビュー

投稿者 助六座 VINE メンバー 投稿日 2011/11/8
ハドソン産のボンバーなのでボンバーマンと何らかの関係性があるかと思いきや、何も無い。ゲーム性も違うので知らないとびっくりするだろう。
主人公はボムとショットを武器に、障害物を破壊しながら出口を目指す。ボムで障害物、ショットで敵を倒すと覚えておけば序盤は十分。ライフ制だがボムの爆発に巻き込まれると即死する。尚、点数でレベルアップしてだんだんと爆風には耐えられるようになる。
ステージの最後には大型のボスが待ち構えている。
一見すると破壊できそうにない隠し通路。知らないと損をする隠しアイテム。ステージクリアに必要な鍵の探索など、意地の悪い要素が詰め込まれている。
一方で買い物ができたりレベルアップしたりと多様性がある。
アイテム無限の裏技があるが、非常に厳しい。
BGMも名曲で一面の曲は有名な歌付きである。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ハドソンのゲームはたくさんありますが
わたしはこれです「ボンバーキング」
このソフトはハドソンくささ、残念臭の結晶でしたね。

ハドソン風味の咽るSF設定
ボンバーマンと被らないようにしない潔さ
パッケージの格好良さとは裏腹にやっぱり自爆王
爆弾を設置した音が「ぶり」と
いかしたボンバーキングのテーマが流れる中で自爆しまくった事は忘れ得ません。
「ボーンボーンボーン…テレレーテレーレレー」
しんだときの哀愁ただよう音楽が涙とシリアスな笑いを誘います。
やっぱりハドソンらしいピーキーな難易度が相まって結局クリアできませんでした。

いまはハドソン自体が残念になってしまいましたね。
安値TOBをかまして吸い取って解散させたコナミにも残念でありません。
ハドソーン…ハドソーン…とネットに残った思い出の残滓を調べてプレイすれば
おとなになったいまならクリアできるでしょうか。
                           バイバイ、ハドソン  
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 光太 投稿日 2016/8/28
同社のヒット作「ボンバーマン」の続編みたいなタイトルなのですが繋がりはないそうです。内容的には、時限爆弾をばら蒔いて敵や障害物を破壊してゆく点は同じ。自分が置いた爆弾で死ぬケースが多いのも同じ。もちろん本作が後発ですから、アイテムやステージは格段に豊富になっています。

本作は残念ながらハドソンがファミコン市場での劣勢が明白になっていた時期の作品と言えます。自分の主力武器である爆弾で即死→ゲームオーバーという理不尽なゲームバランス。あたかもボス戦のような神経質なプレイが序盤から要求され、ライトなな客層が離れていった印象があります。一度操作に慣れればそれなりのゲームとして楽しめますが、他人には薦めにくいストレス大盛ゲームであることは確かです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
時間軸的には、ボンバーマンの「続編」。
とは言え全く違った物にできあがってしまっている…。
BGMは熱いのだが、ゲーム性はいまいち。
アイテムが倍増し、その結果アイテムに頼らないと進めなくなっている。
爆弾の予備が切れると即ち死を意味するので、何があっても爆弾の補充を
最優先に。
各エリアの最後にボス級の敵が待ちかまえている。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告