ハドソン川の奇跡 ブルーレイ&DVDセット(初回仕... がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,235
通常配送無料 詳細
発売元: SunshineVilla
カートに入れる
¥ 3,235
通常配送無料 詳細
発売元: マーケットcenter大阪本店 『安心返金保証』『当日お急ぎ便可能』
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ハドソン川の奇跡 ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]

5つ星のうち 4.6 33件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,309
価格: ¥ 3,236 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,073 (25%)
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:19¥ 1,698より 中古品の出品:3¥ 2,692より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ハドソン川の奇跡 ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
  • +
  • ジェイソン・ボーン ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
  • +
  • スター・トレック BEYOND ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
総額: ¥9,017
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: トム・ハンクス, アーロン・エッカート
  • 監督: クリント・イーストウッド
  • 形式: Color, Dolby, Limited Edition, Widescreen
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • 発売日 2017/01/25
  • 時間: 96 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 33件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B01N3YNQPJ
  • JAN: 4548967312461
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 455位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

監督 クリント・イーストウッド × 主演 トム・ハンクス
あの航空機事故の知られざる衝撃の実話! ​

155人の命を救い、容疑者になった男​

2009年1月15日、厳冬のニューヨーク。
160万人が住むマンハッタン上空850メートルで突如制御不能となった飛行機を、ハドソン川に不時着させ、
“乗員乗客155名全員生存"という驚愕の生還劇を成し遂げたサレンバーガー機長。

だが奇跡の裏側では、その判断をめぐり国家運輸安全委員会の厳しい追及が行われていた……。



※パッケージデザインは変更になる場合がございます。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

クリント・イーストウッド監督、トム・ハンクス主演、実際にあった航空機事故に隠された真実を描いたドラマ。N.Y.の上空で飛行機が制御不能に陥り、機長・サリーはハドソン川への不時着を成功させるが…。

商品の説明をすべて表示する

メーカーより

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
幸運にも機体の破損が大変少なく、長時間浮いていることができたことがわかりました。大掛かりなセットで当時の様子がよく再現されています。数十秒の時間差で飛行状況が大きく変わることがわかりました。映画館で見たらさぞ迫力があっただろうと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
話の内容は単純なんですが、演出と編集が素晴らしく、主人公の葛藤が描かれた傑作です。
映画の作り方の、お手本のような作品ですね。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
久しぶりに感動するドラマでした。それだけは間違いありません。クリント・イーストウッド監督の裁量や俳優陣の演技力には脱帽せざるを得ないでしょう。上手い作りになっています。観ていてスッキリします。専門家ではないので、これ以上の映画評は他の方にお任せするとして、我が家のDVDコレクションランキング上位になりました。まだご覧になっていない方、廉価版でもかまいません。一度ご覧になってください。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 この映画のテーマはふたつある。ひとつは何度も繰り返される「初めて」。トム・ハンクスを裁く委員会の議長さえ、クライマックスで「機長、副操縦士と一緒にボイスレコーターを聞くのは、私にとってファースト・タイムである」というようなことをいう。これは、映画の中で繰り返される「ファースト・タイム」の念押しのようなものだ。いままで経験したことがない出来事に出合ったとき、どうするか。そこに、そのひとの「人生」すべてが出てくる。
 もうひとつは、「ファースト・タイム」の逆。「二度目」というか、「繰り返し」。これも、映画の中では何度か描かれる。「二度」を通り越して、複数回、飛行機の不時着のシーンがいくつかの角度から描かれる。その「二度目」のクライマックスが、調査委員会での「ボイスレコーダー」の再現なのだが……。
 あ、うまい、うますぎる。
 それは映画の冒頭で見た最初のシーンの繰り返しなのだが。そして、それは「ボイスレコーダー」で聞いているのだから「映像」はないはずなのだが、「映像」として再現される。それはすでに見ているシーンなので、また全員が助かったことも周知のことなので、何か安心してみていることができる。しかし、その「安心」は「安心」のままなのではなく、彼らは全員が助かるという「確信」にかわり、「確信」していることが、そのまま起きることに、なぜか、感動してしまうのだ
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
危機を乗り切りました。

良かったですね。

最善の努力ではなかったのではないか、という問いがありました。

でも、人的要素を付加したシミュレーションで、これより他の仕事は無理であったことがわかりました。

ケチがつかなくて、ますます良かったです。

音声記録を聴きながら、映像が動くところは、観ていて緊張しました。

ドラマと映画との両方に拍手。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 「机上の空論」対「機上の事実」。
 コンピューターが弾き出す答えと、実際には異なることもある。
 サリーが言ったことに共感した人も多いのではないでしょうか。
 公聴会のシーンで、ようやく留飲を下げました。
 クリント・イーストウッド監督。トム・ハンクス主演。
 安心、安全、安定しています。
 ナイス・ランディング!
 
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
日本公開時、タイトルの横に書かれてました。とても刺激的な表現で、どんな映画かなと興味を引くにはうまいやり方です。
確かに事故調査委員会があまりに無能で、さらにサリー機長がミスをしたと決めつけ、きわめて横柄な態度をとったことは、このサブタイトルのとおりです。

最初に事故後の場面が出ます。それもサリー機長が墜落の悪夢にうなされる場面です。原因の一つは事故調査委員会の追求ですが、本当にそれだけでしょうか。機長を英雄視する人たちが機長のプライバシーを奪ったのも大きいと思います。
映画の途中に事故当日の模様を示し、そのあとに事故調査委員会のヒアリングでのシミュレーション結果を出し、さらに機長の反論を入れたストーリー展開は上手い。状況判断に必要な35秒のロスタイムを加えると、空港に到着する前に地上に激突。機長の主張したとおり、ハドソン川に着水するより手はなかったわけです。

この映画、一見サリー機長の英雄物語ですが、本当は奥が深い。サリー機長が短時間で冷静な判断ができたのは、四十年間の不断の努力のたまものです。最初に飛行したときの教官の言葉「パイロットは決してあきらめてはならない」がその源流でしょう。
それほどのすばらしい能力の持ち主でも、九死に一生を得る経験をすると、非常にナーバスになる。機長がもとに戻れたのは、どんなと
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す