この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ハドソン・ホーク [DVD]

5つ星のうち 3.5 25件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 4,320より 中古品の出品:6¥ 460より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でハドソン・ホーク (字幕版)を今すぐ観る ¥ 199 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: アンディ・マクドウェル, ブルース・ウィリス, ジェームズ・コバーン, ダニー・アイエロ
  • 監督: マイケル・レーマン
  • 形式: Color
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • 発売日 2009/06/03
  • 時間: 100 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 25件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0022F6LTA
  • JAN: 4547462056863
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 160,787位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

ブルース・ウィリスが“ダ・ビンチの秘宝”をめぐり世界を駆け巡るアクション超大作!!

【ストーリー】
怪盗“ハドソン・ホーク”は刑務所から出所した早々、マフィアに脅迫され、ダ・ビンチの“スフォルツァ”を盗み出す。
しかし、翌日のオークションで盗んだはずの“スフォルツァ”が競り落とされることに。
不審に思ったハドソンはオークション会場に出向くが、居合わせた謎の美女に声をかけた瞬間、会場は大爆発。
そこにはダ・ビンチの秘宝をめぐる世界制覇の罠が仕組まれていた・・・。

【映像・音声特典】
●音声解説
●オリジナル予告編

【スタッフ&キャスト】
《製作》 ジョエル・シルバー
《監督》 マイケル・レーマン
《脚本》 スティーブン・E・デ・スーザ、ダニエル・ウォーターズ
《出演》 ブルース・ウィリス、ダニー・アイエロ、アンディ・マクドウェル、ジェームズ・コバーン

【Copy Right】 (C)1991 TRISTAR PICTURES, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

※ジャケット写真、商品仕様、映像特典などは予告なく変更となる場合がございますのでご了承ください。

内容(「Oricon」データベースより)

ブルース・ウィリスが世紀の怪盗を演じた痛快アクション・アドベンチャー!怪盗ハドソン・ホークは刑務所から出所した早々、マフィアに脅迫され、ダ・ヴィンチの“スフォルツァ”を盗み出す。しかし、翌日のオークションで盗んだはずのそれが競り落とされることに。不審に思った彼はオークション会場に出向くが、そこにはダ・ヴィンチの秘宝を巡る罠が仕組まれていた…。

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
まあ他のページのレビューも参考にしてください。

VHSで観ていた 私としては、楽しめました、

が。但し日本語吹き替えが非道過ぎます。 とにかくギャグ映画なんだから…滅茶苦茶でいいだろう、という姿勢が翻訳・アフレコに顕れています。
ちょっと待ってくれよ!ギャグ映画は逆におふざけではなく、シリアスにやらないとギャグにならないのです。
そういう「ギャグの基本」を知らない人が翻訳と吹き替え演出したとしか考えられませんが…。

よく知らないで購入した方はがっかりされたことと思います。
我慢して英語音声日本語字幕で観てください。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
父などには何度説明してもミュージカルと勘違いされますが、ミュージカルじゃないんです。
歌それぞれの所要時間を克明に記憶し、仕事のタイマー代わりに歌う怪盗のお話です。
往年の大スター、ジェームズ・コバーンも存在感はさすが。

内容は明らかにコメディなのに、広報の迷走でダイハードシリーズのような宣伝をされたこともあり、興行的には大失敗な本作ですが、
ぼくにとっては、人生で一番好きないつも笑顔にしてくれる映画です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
けっして評判がいい映画ではないのは百も承知だが自分は大好き。

ブルース・ウィリスの突き抜けっぷりもさることながらジェームズ・コバーンやダニー・アイエロ、
アンディ・マクドウェルなど錚々たるキャストが真面目にバカやってるのが微笑ましい。

展開もスピーディーで飽きさせないし歌を唄いながらカウントを取るシーンなど楽しさ満載。

このノリが楽しめればお気に入りの1本になること請け合い。

Blu-rayはDVDに入っていた監督のコメンタリーと映画内の豆知識を語るトリビアトラックがオミットされていて残念。
画質はDVDよりは向上しているもののくっきり高画質ではない。
特に音声特典削除は納得いかず星ひとつ減。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ガラクタ(大宮) 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2014/10/7
形式: Blu-ray
ダイ・ハードのイメージが強いから、この人の大泥棒役はどうかなあと思いつつ鑑賞
してたんだけど、さすがにアクションスターだけあってなにやっても様になってました。
実はこの作品はウィリス自身が数年前から考えていた企画を、マイケル・リーマンが監督。

まさに泥棒ハドソン・ホークが仕掛ける痛快なアクションは遊び心満点で奇妙奇天烈なアクション・
アドベンチャーに仕立てられていますよね。それにしてもちょっと面白かったのが
ニンテンドウが出てきたり、敵がマリオ・ブラザースという名前だったり、ゲームさながらの
ギャグアクションなど、なにかゲームと関係があるんだろうか。

内容的には現代とレトロが入り混じったような世界観で楽しめたが、やはりこの人はダイ・
ハードみたいな殺しても死なない男が様になっているのでは。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 かじか トップ500レビュアー 投稿日 2015/10/16
形式: DVD
 ブルース・ウィリスがどうしても作りたくて仕方がなくて、俳優として成功して金ができたのでやっと作ることができた作品。その意味では、ウィリスファンは必見。
 でも、喜劇としては、少し上滑り。ダ・ビンチが夢想した飛行機を実際に飛ばしてみせるとか、強盗のくせに現場でミュージカルやるなんてとてもいい発想なのに、どこか一つ盛り上げがなく、締めが足りない。ウィリスはのびのびと演じているし、製作者や音楽なども一流を投入しただけにもったいない作品。もう一度、編集し直すという手はないものでしょうか。
 ブルースがなぜ作りたかったかがひしひしとわかる作品なだけに、そこが残念です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 保武佳吾 トップ500レビュアー 投稿日 2017/6/12
形式: Blu-ray
これはアクション映画だと思うと裏切られる。
コメディータッチはやはり、失敗だろう。
ミッキー・ロークと区別ついてないからこんなことになったのか。
ダビンチを主題にする時点で、真偽と美醜に正義を加えて、異次元世界への飛行を実現するSFにすればよかったのに。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 この映画、アメリカ本国で、その年のワースト作に贈られるラジー賞を総ナメしている(笑)。確かに、キャラが強烈な登場人物たちが跋扈する、アクションなのかコメディなのか判読不能な、余りに過剰なコミック的なタッチに、これでもかとばかり詰込まれたギャグの数々、まるで作り手たちが身内だけで悪ノリして撮りあげてしまった様なオフ・ビートな展開は、公開時、多くの戸惑いと反感を買ったんだろうなと思う。でも、不思議と、否、だからこそ、一部の趣味人たちの間では、一種カルト的な魅力を放っている作品(笑)。私が気にいっているのは、ブルース・ウイルス&ダニー・アイエロのコンビが、“ヤマ”を遂行するまでの時間を、ミュージックの演奏時間に喩えて推測、選曲し、それを歌いながら実行してしまうという奇天烈ながらシャレた感覚。どう見ても弾まないミス・キャストながら、コミカルな演技を続けるアンディ・マクダウェル(彼女のイルカの鳴きまね!)もある意味凄い(笑)。さすがは、「へザーズ ベロニカの熱い日々」(乞う、DVD化!)というシニカルなブラック・コメディを手掛けたマイケル・レーマン&ダニエル・ウォーターズ・コンビだけの事はある。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す