この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ハッピーフライト スタンダードクラス・エディション [DVD]

5つ星のうち 4.0 104件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,990
価格: ¥ 3,175 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 815 (20%)
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:3¥ 3,175より 中古品の出品:3¥ 2,999より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払いは利用できませんのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【50%OFF以上多数】DVD・ブルーレイ冬の大セール開催中(2017年1月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ハッピーフライト スタンダードクラス・エディション [DVD]
  • +
  • 映画 ビリギャル DVD スタンダード・エディション
総額: ¥5,914
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 田辺誠一, 時任三郎, 綾瀬はるか, 吹石一恵, 田畑智子
  • 監督: 矢口史靖
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2009/05/22
  • 時間: 103 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 104件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001TIKGDS
  • EAN: 4988104050717
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 1,958位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」矢口史靖監督作品!
シートベルト必須!未だかつてないヒコーキ・エンタテインメント!!

カラー/103分+特典/片面2層/ビスタサイズ/音声1劇場公開オリジナル音声Dolby Digital 5.1chサラウンド 2音声解説(矢口史靖監督+笠井信輔アナウンサー)Dolby Digital 2.0chステレオ/字幕1日本語字幕 2航空用語字幕

映像特典:特報/予告編/マナーCM/テレビCM

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『スウィングガールズ』の矢口史靖監督が航空業界の裏側を描いた群像コメディ。機長昇格を目指す副操縦士・鈴木和博や新人CA・斎藤悦子らが乗るホノルル行き1980便は、定刻通りに何とか離陸するのだが…。通常版。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
予告編をみて、そそっかしい副操縦士とドジな新人キャビンアテンダントの巻き起こすコメディーと高をくくっていたが、予想外のリアルな描写に圧倒された。

序盤は予想どおり。機長への昇格試験の試験官が、威圧感バリバリの鬼教官とわかって、しどろもどろの応対をする副操縦士(田辺誠一)、これまた鬼チーフパーサーに注意されたにもかかわらず、女学生なみのミスを繰り返す新人CA(綾瀬はるか)。
序盤見所は、ドアを挟んでのグランドスタッフとCAの攻防戦。機内持ち込み範囲外の荷物を無理やりCA(吹石一恵)に押しつけて「とんずら」する。「ドア閉めてさっさと行ってね」「戻ってくるなよ」には笑った。「戻ってくると大変なことになる」のは後でわかる。
機内とうってかわって、整備、オペレーション・コントロールセンターOCC、管制官の描写は極めてリアルにみえる。正直、OCCの役割など知らなかった。

この映画のすごいところは、序盤の一見バラバラな伏線が、後のトラブルに上手く融合されている事、悪者をつくらなかった事、ドジをふんだ者に「名誉回復」の機会を与えている事(客室に出る事を禁じられた綾瀬が、デザートを機上で作り上げる)、シリアスな場面ではきちっとリアルにみえる対応を描いている事(序盤とはうってかわって田辺誠一の操縦の腕が上がっている)。
非常事態
...続きを読む ›
コメント 101人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
よく取材の行き届いた材料テンコ盛りの娯楽映画、 本編たったの103分、
友情とチームワークが困難を克服するメロドラマであり、 各職場の指導する側とされる側の凸凹コンビによるバディ映画であり、 すっとぼけたギャグが繰り返されるコメディ映画でもあり、 タイトルから想像しがたいが、和製プチ「アポロ13」と称してもなんの不足もないハッピーエンディング映画、

DVDの仕様とすれば、日本語字幕にはテクニカル・ターム表示が選択できるほうが良かったとおもう、
ディスパッチャーとかV1とかVRとかの意味が分かるほど本作は面白いのだから、
クライマックスの操縦席と管制のやり取りも日本語訳字幕が表示されたほうが親切なつくりになると思う、

103分の短い映画は、定時に離陸させるドタバタを描く前半、 300人の乗客に15人ほどでサービスするCAたちの奮戦を描く中盤、 そして緊急着陸というアクションサスペンスの後半クライマックスと実にテンポがいい、 
登場シーンでは飴をぴしゃぴちゃしゃぶっているまるで子供な綾瀬はるかがラストシーンでは後輩を引き連れるだけ成長する青春映画でもある、

本作はいたって正統な娯楽作品なのだが、なぜか飛行機ファンが見ても飽きない作りになっている、
娯楽映画としたら不用じゃ
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
たとえ確率を用いて説得されても、数百名の搭乗者が旅客機一機と運命を共にしているのは事実。作品を貫くテーマでもある『安全』の為に、いかに多くのプロ達が様々な部署で働いているのかが、大きな見所となっています。
観れば応援したくなる若手の奮闘振りもなかなかですが、軍配を上げるとするならば、やはりベテラン組でしょう。鬼と呼ばれる厳しいチーフパーサー(寺島しのぶ)や、口やかましいグランドマネージャー(田山涼成)、コンピューター苦手のオペレーションディレクター(岸部一徳)が、緊急時に見せる底力とプロ意識はさすがというしかありません。
「人は見かけによらない」は乗客のビジネスマンで実証済みですが、威圧感バリバリの機長も最初の印象程ではなく...。案外、温厚なユル〜イ教官の方が、厳しい面を持ち合わせているのかも。
だからこそ、人間はおもしろいのです。
たかが飛行機、されど飛行機。『空の旅』は何故か心が浮き立つような、非日常の世界。そして、それを表舞台で、影で、支えている現実。絶妙のブレンドで魅せてくれるエンターテインメントは、理屈抜きで思いっきり楽しむのが一番です。
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
「入口は広く、出口は高く」これは良い映画の一番の条件だと思っている。
観客を選ばず多くの人が楽しめる、それでいて観終わったあとには心の糧が増えた気がするのだ。
映画はエンターテイメントであり、総合芸術でもあるとすれば矢口史靖という監督は今の日本でそのバランスが一番とれている
監督ではないかと思っている。
空港の地上勤務をしていた女性に話を聞いたことがあるが、たいへんな激務で3年も続けば良いという。
接客の仕事をしたことがある人なら新米CAの綾瀬はるかが大泣きする気持ちがわかるに違いない。
ふだんは、対立やいがみ合いをしている連中も、昼あんどんのオジサンもいざとなったら一丸となってがんばるのもみていて気持ちいい。
それならたまには事故でも起きてくれたほうが組織は健全か?という疑問も起きなくはないがそれを言うのは野暮というものだろう。
空港での仕事の様子がていねいに描かれているのでそちらも興味深い。
一流のエンターテイメント作品であると思うので、未見の方にはぜひご覧になってほしい。
観終わったあとにはかならず幸せな気分になれます。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す


フィードバック