中古品
¥ 895
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品になりますので、多少の使用感、経年による傷み(ヤケや折れ等)がございますが、 本文に書き込みや重度の傷みはございません。アルコールクリーニング済み。週3~4回、日本郵政のゆうメールにて発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ハッピーティーンエイジャー―十代の子どもをもつ家族が奇跡を起こす法 単行本 – 2002/12

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2002/12
¥ 894
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

10代の子どもたちを取り巻く環境の違い、その学校生活、家庭生活、さまざまな友人たちとの関係、異性とのつながり......。瑞々しい感性を持つがゆえに、10代の子ども達は親が想像できないような考え方や行動を引き起こす可能性に満ちています。この本は実際に精神科医が子どもたちと、親たちと、教師たちと話し合った深い示唆に富む会話の中から、どのようにすれば本当の幸せに満たされた両者の関わり方を見つけ出すことが出来るかを綴った喜びの物語です。
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

出版社からのコメント

選択理論の提唱者ウイリアム・グラッサー博士の待望の新著は、ティーンエンジャーとの関わり方だけにフォーカスして書かれたものです。10代の子どもたちの悩み、問題、いくつかの社会的な弊害に接した親や教師達が、「選択理論」を用いることによってその関係を回復し、立て直していく様子が会話を通していきいきと綴られていきます。ここからは従来の"人は他者からのコントロールによって変わる事が出来る"という考え方を一掃し、選択理論で用いられる良い関係を保つための7つの習慣と、その手法を、まるで自分がその場に居合わせたようなリアルな実体験として学んでいくことができます。親、教師の方々をはじめとして10代の子どもたちと関わらなければならない全ての人たちに是非とも読んでいただきたい至福の1冊です。
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 315ページ
  • 出版社: アチーブメント出版 (2002/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4902222132
  • ISBN-13: 978-4902222135
  • 発売日: 2002/12
  • 梱包サイズ: 19 x 14 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,059,028位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
10代の子を持つ親として、難しい年ごろを問題なく通り過ぎてほしいと祈らずにはおれない。
「ハッピーティーンエイジャー 10代の子どもをもつ家族が奇跡を起こす法」は、ウィリアム・グラッサーの「選択理論」をもとに、著された新刊書である。
子どもに問題を生じると、親や教師は批判・責める・文句を言う・ガミガミ言う・脅す・罰する・ほうびでつるなどの方法で何とかしようとしてきた。こうした方法では、問題はよくならない。
子を変えようとすることが、問題を悪化させ、親子ともに不幸をもたらしているという。
親も教師も、子どもを変えるのでなくて、親や教師がよりよく自分を変えることによって、子どもの接し方が変わり、ついには家庭や教室に平和をとりもどすことができるようにな'!''という。
小手先の取り組みではない、タフな取り組みが求められる。グラッサーは、「子どもに対する親の愛が一番ためされる時は、問題がない時でなく、問題に直面した時である」と述べている。
愛こそが、すべてを解く鍵である。人と人が友好的関係を築き上げていく上で、愛もなく小手先な技術だけで対処しようとするのは、根本的に間違っている。
最初に読んでいく中で、やたらと「選択理論」ということばがでてくる。鼻につくところがある。専門書でなく一般書なのだから。親子に問題を生じたときに、最初に買い求めてほしい一冊。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告