通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装または宅配専用パックにてお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ハッピーセラピー 読むだけで悩みが解ける家系学 単行本 – 2013/9/1

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2013/9/1
"もう一度試してください。"
¥ 1,234
¥ 1,234 ¥ 570

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ハッピーセラピー 読むだけで悩みが解ける家系学
  • +
  • 家系図でわかる人生を明るく変える因縁学
  • +
  • 家系を科学する
総額: ¥3,971
ポイントの合計: 50pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

自分が変われば、すべてが変わる。家系を知ればわかる「幸せを求めるための家系の力」。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

おがわ/たかし
家系研究所主幹研究員。1970年10月2日生。家系譜の制作会社に勤務しながら、家系と家族の関係に関心をもち家族史への理解と家族力の向上に繋がる方法を探究。現在も研究生活を続けながら、全国各地において講演活動や研修会を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 191ページ
  • 出版社: 日本メディアコーポレーション (2013/9/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4434183060
  • ISBN-13: 978-4434183065
  • 発売日: 2013/9/1
  • 梱包サイズ: 18.6 x 12.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 27,752位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

インナーチャイルドなど心理的問題にアプローチするのに家系を探るという手法があり、これは江見佐智恵さんなど、カルマ論として活用されているようであるが、この隔世遺伝というのがどう関わるのかかわらなかったが、この本でよく理解できる。カルマは、無意識の部分の伝搬とも捉えられ、意識化されないものほどどんどん末端で伝わる。覚者の和尚は、精神学の真髄は、無意識の意識化にあると言っているが、大人になって浮上する問題の根幹は、前世や幼少期に起源があると言われ、子供にとってはどうしようもないが故に因果であり、自我が確立されてないが故に、無意識レベルで浸透してしまう。それには家族・家系というのが大きな影響を持つことに目を向けるのはいいと思う。しかしこれはあくまで、現在苦しんでいることへの無意識の意識化の手段であり、いつまでもそれを繰り返すのが役割ではない。その理解という光を入れるには非常に良い本と思う。
ただ著書がアイデンティティの確立として守破離を使って述べているが、私は守破離という表現はすごくよいと思ったが、それは、自我を在る時期までに確立するが、自我の肥大化で苦しみ、その後自我こそが苦の温床であり、それから離れる方向へ動くと言う意味で守破離であると感じた。しかし書著が、「アイデンティティの確立」「自己分化」という用語を善意からか?積極的に打ち出しているのには違和感があり、仏教でいうところ
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
初めて、家系学の本を読みました。家系図は単なる先祖探しのモノと思っていましたがよく読んでいるうちに
心理学的であることがわかってきました。もっと掘り下げて知りたい気分です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
与那嶺先生の説明を、より現代に受け入れやすいように、カウンセリング風に説明してくださっている本です。
より、等身大で受け入れやすいように感じます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告