通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ハックルベリー・フィンの冒険 下 (岩波文庫 赤 ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。s4922_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ハックルベリー・フィンの冒険 下 (岩波文庫 赤 311-6) 文庫 – 1977/12/6

5つ星のうち 3.7 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 734
¥ 734 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ハックルベリー・フィンの冒険 下 (岩波文庫 赤 311-6)
  • +
  • ハックルベリー・フィンの冒険〈上〉 (岩波文庫)
  • +
  • トム・ソーヤーの冒険〈上〉 (岩波少年文庫)
総額: ¥2,180
ポイントの合計: 51pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ハックとジムは自由州への上陸に失敗。おまけにペテン師の王様と公爵まで背負いこんでしまった。筏の旅はなおも続く。―ヘミングウェイをして「現代アメリカ文学の源泉」とまで言わせたこの傑作を、練達の訳文に初版本の楽しい挿絵を豊富にちりばめて贈る。


登録情報

  • 文庫: 268ページ
  • 出版社: 岩波書店 (1977/12/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4003231163
  • ISBN-13: 978-4003231166
  • 発売日: 1977/12/6
  • 商品パッケージの寸法: 14.6 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 117,013位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 シュタインバッハ トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/1/3
形式: 文庫 Amazonで購入
読んでいる最中も、そして読了してからも思ったことは、
感嘆と同時に「何でもっと早く読まなかったのか」という自問であった。
それは「児童文学」の傑作でしょと「所詮児童文学」だという<みくびり>が
自分のなかにあったからだと思う。
しかし、これは読んだ者だけがわかることだが、
手に汗握る冒険物語にとどまらず、これは人間の「自由」について問う人類の大傑作である。
この本は一度読んだらもう捨ててもよいという本のたぐいには入らない。
私は、この岩波文庫本上下巻のどちらかを、
ウィスキー・フラスコを旅に持っていくように、
いろいろな旅に携えていきたいと思っている。

訳文も、ハック自身が言うところの「下等」ぶりの口調が素晴らしい。

また忘れてならないのは、Edward Winsor Kembleの挿絵も本当に素晴らしい。
オトナ顔負けの「仕事(task)」をなんなくやってのけるハックの
アンファンテリブルぶりは、ケンブルでなければ描けなかったのではあるまいか。
訳者による巻末解説で、このKembleの挿絵の貢献について一言も言及がなかったのが残念である。

とにかく、
ハックルベリーフィンは私の心の永遠の友人となった。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ハックの冒険も、ジムの自由州への逃亡がテーマになってきます。
この時代奴隷を逃がすことは犯罪でした。

ハックが逃亡奴隷をつれて川を下っていくという状況に、ハックが悩むと同時に、著者のマーク・トウェインもこの状況をどう解決するかに悩んだそうです。
筆のもたついた感のある後半にやはり悩みが出ている気がします。

奴隷制度を是とするか否とするかどちらかの態度を決めない限り解決ができない状況の中、著者がどんな解決をしたのかは是非読んでみてください。

人によるでしょうが、私は…ありだと思います。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 コッチ5 VINE メンバー 投稿日 2013/3/22
形式: 文庫
上巻はひたすら逃亡劇で活力のある文章がずっと続くのでどんどこどんどこページがめくれた。
そして下巻の途中、前知識なしで読んだ私はトムが出てきたことに驚いた。

トム登場後、ハックのそれまでの逃亡劇にあった「あるもの」が無くなった。
いきなり世界が変わったようでトムにいらいらもした。
しかし、読了後、きれいに私の中で着地した感じもあった。あとがきを読んで納得した。
(詳しくは読んで自分で感じてほしい)
私の正直な感想は、物語進行中は「トムが出てきてちょっとグダグダになったー」、だったが
最後読み終わってしばらく考えて、あとがきを読んでみたら「トムは必要だったー」に変わった。
これは再読するのが楽しい作品だと思う。

ハックの語りによる物語進行なので口調が大変砕けているのだが、
朝焼けや川上の様子の風景描写も結構美しい。ハックのあまりお上品でない言葉による見たままの素直な感動は、
ある意味美文だらけの作品よりもぐっと心に響くのではないか。原書にも頑張ってトライしたい。

あとちょっと脇道だが、ハックルベリフィン読了後、1995年のヒューマン映画
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
ろくでなしの父親から逃げたハックと、逃亡奴隷のジムの筏での川下りは
ジムがペテン師の自称「王様」に売られたところで終る。
ここからトム・ソーヤも登場してジムを救おうとするのだが
悪ガキの荒唐無稽な空想の連続となり、今一つついていけなくなってしまう。
この結末はおそらく好き嫌いが分かれるだろう。
ただ、ペテン師が町の人を騙す様子や、その末路などは面白かった。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック