¥ 1,944
通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ハックルベリー・フィンの冒険〈上〉 (福音館古典童... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ハックルベリー・フィンの冒険〈上〉 (福音館古典童話シリーズ 34) 単行本 – 1997/10/25

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 579

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ハックルベリー・フィンの冒険〈上〉 (福音館古典童話シリーズ 34)
  • +
  • ハックルベリー=フィンの冒険 (下) (偕成社文庫 (3028))
  • +
  • トム・ソーヤの冒険 (福音館古典童話シリーズ (17))
総額: ¥5,076
ポイントの合計: 154pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



夏休みの作文を書くなら課題図書を読もう
第62回青少年読書感想文全国コンクールの課題図書を学年別でご紹介。 2016年 課題図書へ

商品の説明

内容紹介

『トム・ソーヤーの冒険』で活躍したハックルベリー・フィン(ハック)が主人公。
もとは宿無しのハックは逃げるように町を出て、逃亡した黒人奴隷のジムといっしょに、自由州をめざしミシシッピ川を筏に乗って下ります。
ハックとジムは、自由州への上陸に失敗し、そのうえ筏にペテン師の王様と侯爵が乗りこんできて、、、はらはらする事件が次々に起こります。
ついには、ジムが王様によって売られ、囚われの身に! そこに、トム・ソーヤーも現れて、ハックとトムが力を合わせて、ジムを救い出します。
舞台である1840年ころのアメリカは、辺境が拡大し、動きの激しい時代でした。
ミシシッピ流域の大自然と活気にみちた社会を背景に、なにものにもとらわれないで生きる少年ハックと
必死に自由を求める黒人奴隷ジムの姿が、ハック自身の語りによって、いきいきと描かれます。
小学校上級から

出版社からのコメント

マーク・トウェインの『ハックルベリー・フィンの冒険』は、アメリカで、E・W・ケンブルのイラストレーションをつけて出版されました。
本書の口絵、挿絵、表紙、函などに用いた全部で160枚の絵は、そのアメリカの初版本から新たに製版したものです。
1840年ころの、ミシシッピ川流域のようすがよくわかり、物語の理解を助ける、すぐれたイラストレーションです。
作家ヘミングウェイは、「現代アメリカ文学はすべて、『ハックルベリー・フィン』という一冊の本から出ている」と述べています。
いまや、アメリカ文学の古典となったマーク・トウェインの代表作が、大塚勇三さんのすぐれた翻訳で、子どもも大人も共に楽しめる福音館古典シリーズに加わりました。同シリーズ『トム・ソーヤーの冒険』とともにお楽しみください。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 380ページ
  • 出版社: 福音館書店 (1997/10/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4834014312
  • ISBN-13: 978-4834014310
  • 発売日: 1997/10/25
  • 商品パッケージの寸法: 21.4 x 16.2 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 648,206位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ローズ・レッド 殿堂入りレビュアー 投稿日 2002/1/4
形式: 単行本
行儀悪く、口も悪い。そんなハックの元へ親父が帰ってきた。あいかわらずのならず者の親父から脱出するハックの小粋な作戦がいい。悪ガキながらも頭の回転の速い少年がミシシッピ横断を夢みるあたりは、さすが少年冒険小説の傑作だ。
また黒人奴隷の問題もあり、同じ少年でありながら差別される側のジムにハックが対等に接するのもいい。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
みなさんが印象として持っている『冒険小説』という言葉は、この本を語るにあまりにも表面的である。ハックが変装する場面にはアイデンティティーの問題があり、教会が黒人差別を正当化しているところにはトウェインの風刺が見られ、沈んでいく船にはロマンティシズムへの背反が見られる。嘘や殺人に満ちたこの小説を少年向けの小説と捉えるには、あまりにも深い小説だと私は思う。また、ハックを利用しようとする父親と、心優しく娘を思う黒人奴隷のジムとの対比や、金銭に執着のないハックとお金に関して口にするトムとの対比も興味深い。(洋書ではハックが黒人だったのではないか、と議論する本もあり、非常に興味深いので、おすすめである。)
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック