通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ハックルベリイ・フィンの冒険 (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ハックルベリイ・フィンの冒険 (新潮文庫) 文庫 – 1959/3/10

5つ星のうち 4.2 13件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 724
¥ 724 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ハックルベリイ・フィンの冒険 (新潮文庫)
  • +
  • トム・ソーヤーの冒険 (新潮文庫)
  • +
  • 十五少年漂流記 (新潮文庫)
総額: ¥1,793
ポイントの合計: 52pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

登録情報

  • 文庫: 460ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1959/3/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4102106022
  • ISBN-13: 978-4102106020
  • 発売日: 1959/3/10
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 85,384位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
僕らは大人たちから「大人になるために」と言って、次から次へと教科書を詰め込まれ知識を注ぎこまれきた。
でもこの本には教科書的な知識なんて一かけらも出てこない。

「おやじは、いつか返すという気持ちさえあれば、物を借りることは少しも悪いことではないと、いつも言っていた。
未亡人はそれは盗みを体裁よく言ったにすぎない、きちんとした男の子のすべきことでないと言った。」
ハックルベリイ・フィン(ハック)は、暴力親父と育ての親の未亡人との両極端の教えの間で悩むが、
元黒人奴隷で、訳あってハックと川下りの旅をともにするジムは、こう言った。
「未亡人の言うことにも正しい点があるし、お父っつぁんの言うことにも正しい点がある。
われわれのとるべき最善の方法は、いろいろあるものの中から二つ三つ選び出し、これだけは今後借りない、と言うことだ。
そのほかのものは借りても差し支えなかろうと思う。」

読者がハックに引き込まれるのは、教科書やマニュアルといったものを
ハックがはなっから放り投げてるところにあると思う。
筏(いかだ)の上で暴風雨に巻き込まれたり、銃弾がすぐ横をかすめ飛ぶような状況では、教科書なんてクソの役にも立たない。
ハックのその場のひらめきが(たいていは
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Grace 投稿日 2003/6/21
形式: 文庫
前作『トム・ソーヤーの冒険』で一躍金持ちの身分になった浮浪児ハックルベリイ・フィン。規則でがんじがらめの生活に嫌気がさしたハックは後継人から逃げ出すが、飲んだくれの親父に捕らえ、監禁される。ととうハックは自分が強盗に殺されたかのように偽装をし、筏で逃げ出す。ジャクソン島にたどり着いたハックが出会ったのは、逃亡奴隷のジム。かくして出会った2人は、自由州ケイロを目指して筏でミシシッピ河に漕ぎ出す。・・・
トウェインの『トム・ソーヤーの冒険』の続編ですが、ハラハラ、ドキドキしながら物語に熱中できるのはこちらの作品ではないでしょうか。浮浪児の不良少年として評判の良くないハックが逃亡奴隷のジムと冒険を繰り広げるのですが、自由を目指す彼らの目の前に現れるのはいかさま詐欺師や、激しい名門家の抗争など、ダークな大人の部分ばかり。当時のアメリカを風刺している一面もありますが、賢くたくましく世の中を渡っていくハックの姿には、爽快な気分さえ感じました。一緒に旅を続けるうちにいつしか仲間となっていくハックとジムの友情や、ハックの淡い恋心、そしてモラルと良心の間の葛藤など、読んでいて最高に面白い冒険小説です。
訳されたのは、『赤毛のアン』でおなじみの村岡花子さん。生き生きとした語り口が、さらにこの物語の面白さを盛り上げています。ただ残念なのが、ハックが自分のことを「僕」と呼んでいること。個人的にハックには自分を「おら」、もしくは「俺」と呼んでほしかったのです。そのために星は4つになりました。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kaizen #1殿堂 投稿日 2010/3/16
形式: 文庫
トムソーヤと、ハックルベリフィンのどちらが好きかと聞かれれば、ハックルベリフィンだと思う。
話としても、醍醐味がある。

ただ、トムソーヤを読んでいたので、ハックルベリフィンが面白いと思ったのだろう。
その意味で、トムソーヤの冒険は偉大だ。

ある時代のアメリカの田舎をよく描写している。
子供の冒険の夢がある。

トムソーヤだけでなく、ハックルベリフィンも幸せになれるのが、アメリカンドリームなのだろう。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
「ハックルベリーフィン」を読んだのは、もう30年以上前、大学生の時のことです。
それから数えきれないほどの本を読んだけれど、
今でも一番目か二番目に面白かった小説だったと思っています。
(ちなみに対抗馬は大江健三郎「同時代ゲーム」ガルシア・マルケス「百年の孤独」「族長の秋」)
この本は面白かっただけでなく、人との関係を築く、保つうえでの教科書にもなっています。
主人公のハックルベリーは、同じ作者の手になるトム・ソーヤとは違って、
行儀の悪い落ちこぼれだけど、実に友達がいのあるヤツで、映画「ティファニーで朝食を」の主題歌「ムーン・リバー」でも、
「My Huclevery Friend」という一節が使われているほど。
とくに、これから人生を広げていく人に読んでもらいたいですね。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック