¥4,180
無料配送: 4月19日 - 20日 詳細を見る
最速の配達日: 4月 19日の月曜日, 8AM-12PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
在庫あり。
お使いのスマホ、タブレット、PCで読めるKindle版(電子書籍)もあります。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ハッキング・ラボのつくりかた 仮想環境におけるハッ... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


ハッキング・ラボのつくりかた 仮想環境におけるハッカー体験学習 (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2018/12/7

5つ星のうち4.3 130個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本(ソフトカバー)
¥4,180
¥4,180 ¥4,058

よく一緒に購入されている商品

  • ハッキング・ラボのつくりかた 仮想環境におけるハッカー体験学習
  • +
  • ハッカーの技術書
  • +
  • ホワイトハッカー入門
総額: ¥10,560
ポイントの合計: 106pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

本書では、物理的な環境にとらわれずハッキング実験ができる環境、すなわち「ハッキング・ラボ」を作り上げます。セキュリティについて理解するには、攻撃について学ぶのが近道です。攻撃実験は仮想環境で行うので、安心して実践的な学習ができます。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

IPUSIRON
1979年福島県生まれ。2001年に『ハッカーの教科書』(データハウス)を上梓。業務アプリなどの設計・開発、スマホアプリやWebアプリの検査・デバッグ、機械警備・防災設備の設置に従事。現在、情報セキュリティと物理的セキュリティを総合的な観点から調査しつつ、執筆を中心に活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社より

登録情報

  • 出版社 : 翔泳社 (2018/12/7)
  • 発売日 : 2018/12/7
  • 言語 : 日本語
  • 単行本(ソフトカバー) : 824ページ
  • ISBN-10 : 4798155306
  • ISBN-13 : 978-4798155302
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.3 130個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
星5つ中の4.3
130 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年2月3日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
149人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年12月12日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
84人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年2月12日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
48人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年6月16日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
22人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年6月6日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
22人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年4月24日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 セキュリティ初心者はぜひ!
ユーザー名: kdry、日付: 2020年4月24日
以下にあてはまる方にはうってつけの本かと思います。

・Windows、Linuxの基本的な操作ができる
・仮想環境の基礎的な知識を持っている
・ネットワーク、プログラミングにアレルギーがない
・セキュリティを勉強したいけど何から初めていいかわからない
・実際に手を動かして知識を深めたい

私はネットワークインフラエンジニアとして5年間働いた後、セキュリティ関係の会社に転職することを決めたのですが、まさに何から初めたら良いかという状態でした。

そこでセキュリティ関係の技術本を探していたところ「ハッキング・ラボのつくりかた」と出会い、自宅のPCで仮想環境を構築しハッキングを実際に行えることを知りました。

実際にやってみると、やはり勉強して聞いたことがある脆弱性や攻撃に対する理解が段違いに深まりました。
今まではふんわりと理解したつもりでいたものが、いざ擬似攻撃をしてみようと思ってもどういう仕組みで行われていたのか全く理解できていなかったことに気付かされます。「SQL インジェクション」なんてまさにそうです。

また本書では様々なツールを使用しており、それらを知ることができる点も良いと思います。ツールの存在を知っているかどうかで業務のプラスになります。
ただ、ツールを使っていると根幹部分がブラックボックスになってしまい理解が深まらない恐れもあると思います。そのツールが何をやっているかを理解した上で使用することが大切だと感じました。

最後に、本書の最も良い点は「初心者への配慮、丁寧さ」「サポート」だと感じます。ハッキングに直接関係ない環境構築部分もかなり丁寧に書かれており、初心者を置いてけぼりにしない配慮が随所に感じられました。
また、FAQサイトも充実しており日々更新されています。更にTwitterでも有識者によるアドバイスがさかんに行われており、著者からのレスポンスもかなり早くかなり助けられました。

kdry's blog というブログで日々の進捗を記録しているのでこちらも参考にしていただければと思います。
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年5月13日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 道場として、射撃場として
ユーザー名: desertsowl、日付: 2020年5月13日
 kindle版をタブレットに入れて学習中。

 ネットでの評判は聞いていたが、はたして骨董品のような私のノートで動くのか?発売は12年前、いまのOSはubuntu Linux、メモリは3GB、換装したSSDも30GBしかない。だが動いた。さすがに、とてつもなく遅いし、VirtualBox用に外部HDDの追加が必要だったけど、この本の仮想環境は、意外に軽量なのだ。

 また、この本には、アクビの出そうな基礎知識や解説のページは、ほとんどない。とにかく理屈より実戦。新兵のためのブートキャンプのようなものだ。読者は、わけのわからぬまま、仮想環境のコマンド文字列の世界(CUI)に放り込まれることになる。

 ウインドウやアイコンで操作するGUIの環境しか知らない人にとって、序盤はかなりキツいだろう。そんなときは、ネットで質問してもいいし、本書の「2-9:いつでもどこでも調べもの」のテクニックや、巻末のクイック・リファレンスが役に立つはず。調べながら、練習を繰り返すうちに、呪文のように思えていたコマンドの意味がだんだんわかって、楽しくなってくると思う。

 この環境の面白いところは、ひとつの画面で、攻撃側と標的側の動きが見えるところ。ふだん使っているWindowsがいかに敵を防御し、対するハッカーはいかに防御の網を突破していくのか、その様子をリアルタイムで観察できる環境はたいへん貴重だ。

 また攻撃用のKali Linuxには、うっかり使えば事件になりかねない危険なツールが満載されている。練習したくても、外の世界では使えないのだ。だが、この仮想環境なら、安全に、好きなだけ試すことができる。

 体験学習をおえた読者が、さらなるスキルアップを求めて旅立つときも、この仮想環境はよき相棒となるに違いない。ここは、ハッキングの腕を磨く道場であり、新たな武器のための射撃場なのだ。

※ 写真は、攻撃用PCが Windows 10 のWebカメラの映像を取得している様子
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年10月28日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告