¥ 4,536
通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ハッカーの学校 鍵開けの教科書 単行本(ソフトカバー) – 2016/10/21

5つ星のうち 3.8 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2016/10/21
"もう一度試してください。"
¥ 4,536
¥ 4,536 ¥ 6,105

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ハッカーの学校 鍵開けの教科書
  • +
  • ハッカーの学校 個人情報調査の教科書
  • +
  • ハッカーの学校
総額: ¥12,096
ポイントの合計: 365pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が予約開始
新作長編「騎士団長殺し」が2月24日に発売。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

今作のテーマは「鍵開け」です。 錠前は利便性と安全性を両立させてきました。鍵は紀元前から存在し、利用目的や地域の違いによって進化を遂げました。本書では、そうした多岐にわたる錠前について、体系的に解説しました。 また、錠前の解錠・破錠、バイパス解錠といった従来の解錠技術について、たくさんの図を用いて解説しています。 対象読者 ・錠前の解錠法について理解したい人 ・錠前の歴史・構造に興味がある人 ・セキュリティ専門家 ・ハッカーを目指す人

出版社からのコメント

ロングセラー『ハッカーの学校』シリーズ第3弾は「鍵のセキュリティ」。鍵の歴史、種類、構造、解錠方法を研究、それらを詳細に解説した専門書です。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 587ページ
  • 出版社: データ・ハウス (2016/10/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4781702228
  • ISBN-13: 978-4781702223
  • 発売日: 2016/10/21
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 15 x 4.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 73,738位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

前作(個人情報調査の教科書)からより、物理的な防衛の為の内容、タイトルであり個人的な考えではこっちの方向に行くとは思っていなかったので意外でした。著者のファンなので現在、読んでいる途中です。鍵の歴史から和製鍵、様々な鍵と楽しく読めます。セキュリティーというくくりで云えば警備員、ビル管理の仕事の人達にもお薦めです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 dareka 投稿日 2017/1/15
昔、自分が中学生の頃に投稿した内容が載っていて、懐かしく、嬉しく思いました。
もちろん投稿がそのまま載っていた訳ではありませんが、当時自分で考案した手法だったので、取るに足らないほどに小さなことではありますが少しばかり誇らしく思いますw
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
お気に入りの作家さんが推薦していたので、読んでみました。
古今東西の錠前を解説しているだけでなく、
日本由来の錠前(和錠、松竹錠、箪笥錠)の構造や歴史的背景も解説しています。
時代小説の資料として活用させていただきます。

鍵開けや錠前の構造などの専門的な知識は皆無でしたが、
豊富な写真や丁寧な解説により、
読んでいるだけでできそうな感じがしてしまいます。
本当のところそんなことはないのでしょうが。

「載っている内容は基本で、鍵の仕事をするためにはこれ以上の情報が必要」と書いてあります。
専門家にとってはどういった評価になるかわかりませんが、私素人からすると満足でした。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
鍵開けピッキングなど、構造・道具等詳しく書いてある分厚い本です。
この本を見て、家の鍵を古いものから新しく変えました。
家の防犯について深く考えるようになれた一冊です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック