Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 500

¥ 45の割引 (8%)

(税込)
ポイント : 5pt (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[柴田ヨクサル]のハチワンダイバー 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
Kindle App Ad

ハチワンダイバー 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) Kindle版

5つ星のうち 4.6 54件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] ハチワンダイバー(ヤングジャンプコミックスDIGITAL)の35の第1巻

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
Kindle版, 2012/8/24
¥ 500
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 545 ¥ 1

紙の本の長さ: 212ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

表のプロとは違う、賭け将棋をなりわいとする「真剣師」の青年・菅田。アマ最強を自負する彼を倒したのは、秋葉原の女真剣師だった! テンション無限大! 81マスの宇宙を舞台に繰り広げられる破天荒将棋バトル、ここに開幕っ!!!

出版社/著者からの内容紹介

表のプロとは違う、賭け将棋をなりわいとする「真剣師」の青年・菅田。アマ最強を自負する彼を倒したのは、秋葉原の女真剣師だった! テンション無限大! 81マスの宇宙を舞台に繰り広げられる破天荒将棋バトル、ここに開幕っ!!!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 53617 KB
  • 紙の本の長さ: 212 ページ
  • 出版社: 集英社 (2006/12/19)
  • 販売: 株式会社集英社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B009LHBZL6
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 54件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
客観的に見て、漫画としての完成度は低い。絵は上手くない。キャラの描き分けもイマイチ。文字がやたらと大きい。セリフに(将棋以外の)教養が感じられず活字離れ丸出し。
しかし、読んでいて、すっかり過去のものになっていた自分の中の勝負師の血が熱く燃え上がるのを感じた。
将棋以外何もない男、菅田の生き様を描いている。自分がこの菅田のようにバカと思われるほど何かに打ち込んだのはいつだったかと思わず振り返らずにいられなかった。
特に気に入ったのが、アキバの受け師に挑戦する金を作る為にカモ真剣師と勝負する場面。菅田の強さを感じ取った相手が「一分切れ負け」という無茶なルールを押し付けてくる。「これは将棋じゃない」と対局を拒否すべきところをプライドが邪魔して20万円の勝負を受けてしまう。勝った後ヨレヨレになる菅田にすごくリアリティーを感じた。
欲を言えば、もっと技術的な解説が欲しかった。例えば、「一分切れ負け」で菅田は先手を相手に譲り、後手番原始中飛車で勝つのだが、せめて菅田の大まかな狙いを解説して欲しかった(立ち会っていた受け師に言わせるなどして)。
代表的将棋漫画として「月下の棋士」と比べると、絵の出来や作者の教養レベルは劣るが「ハチワン」のほうがかなり好きになれそう。「月下の−」は作画、人間描写に非常に優れていたが対局中の流血、吐血、卒倒、失禁、死亡というリアリティーかけらもない演出が嫌いだったので…
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 2aa 投稿日 2006/12/20
形式: コミック
幼い頃から将棋を中心に生活を送り、まさに人生をかけて目指してきたプロ棋士への道が閉ざされ絶望し、漫然

と賭け将棋をして過ごしていた日々。そんなある日にアキバの受け師という、賭け将棋を生業にしている真剣師

に出会い完敗し、自分も真剣師として生きていく決意をする主人公の菅野。

その過程で菅野は七転八倒するのですが、心理描写がとにかく上手い。

菅野の将棋に注いできた情熱や矜持がよく理解でき、何か熱い気持ちにさせてくれます。

最近の展開はギャグ寄りの話なのですが、これもとても面白くセンスを感じさせてくれますし、これからどうなっていくのか楽しみな漫画です。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
待望の柴田ヨクサル最新作。

出版元を白泉社から、集英社に移しての登場だ。

前作『エアマスター』は終盤になってやや失速した感があったので、多少心配なところもあったのだが…

抜群に面白い。恐れ入った。

「将棋×メイド」とテーマに新味はなく、絵もクセが強いが、そんなことは些末事でしかない。

06年に登場した新作コミックで、同作品に比肩しうるものはなかったと思えるくらいだ。

非常に個性的な作風にばかり目を奪われがちだが、ツカミ・ヒキ・緩急など、コミック作品としての基本的なクオリティも非常に高い。

この描写の確かさが、青天井ともいえるハイテンションを実現している。

読者は、ヨクサルの圧倒的な力にねじ伏せられるほかないだろう。
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
おかしくて笑うことと感動することを同時に味わうことができる。
荒唐無稽なシーンにも激しく心を揺さぶられる。
なぜなら「将棋」というものの本質をちゃんと捉えているからだ。
将棋を描いた作品で漫画では『聖』など素晴らしい作品はあるが、映画やドラマでは「将棋」をちゃんと描いたものほとんど皆無である。(将棋そのものではなく将棋を指す人間を描いている)
この作品は将棋を愛する者が読んで、「やっぱり将棋っていいよね」と確認できる作品である。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
やたらと評価が高いのでなんとなく買ってみたらば。
凄かった。
本当に凄かったです。
第一巻を読んですぐ本屋へ直行。既刊全部買いそろえました。

この作品、「情熱」の描き方にすごく説得力があります。
将棋マンガだけでなく、麻雀、ギャンブル、広くはスポーツまで、
物語の原動力になるのは主人公の「情熱」だと思います。

「情熱」は「大好きだ」という思いだったり、「これしかないんだ」という悲壮感だったりしますが、この作品の場合、「これしかないんだ」という主人公の感情にリアリティがあります。
将棋だけに賭けてきて挫折した、その姿をなんのてらいもなく描いてるからこそのリアリティだと思います。
全然格好つけてない。
だからここまで魅力的なんでしょう。

ここまで話が面白いと、絵の拙さが凄味にさえ感じます。

辛口レビュアーを気取ってる自分ですが、恥ずかしいほどのべたほめです。
ぜひ読んでください。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover