Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 0
(税込)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

[柴田ヨクサル]のハチワンダイバー【期間限定無料】 3 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
Kindle App Ad

ハチワンダイバー【期間限定無料】 3 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) Kindle版

5つ星のうち 4.6 10件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 0
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 545 ¥ 1

紙の本の長さ: 222ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック


商品の説明

内容紹介

※2017年7月2日までの期間限定無料お試し版です。2017年7月3日以降はご利用できなくなります。【『プリマックス』完結巻配信記念! 柴田ヨクサルフェア開催!】「将棋は壮大なストーリー」と語る漫画家真剣師・文字山。菅田を甘くない筋書きへと誘う文字山の将棋スタイルとは!? おなかが減っては強くなれない。天井知らずのハイテンションファミレス真剣、ぎりぎり勝負!

内容説明

「将棋は壮大なストーリー」と語る漫画家真剣師・文字山。菅田を甘くない筋書きへと誘う文字山の将棋スタイルとは!? おなかが減っては強くなれない。天井知らずのハイテンションファミレス真剣、ぎりぎり勝負!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 52751 KB
  • 紙の本の長さ: 228 ページ
  • 出版社: 集英社 (2017/6/19)
  • 販売: 株式会社集英社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B072MZ7RFG
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
 3巻は将棋の中身も面白いが、すごいシーン二つが印象に残る。まず「なるなるなるなるなるなるなるなるなる」って…。しかし文字山ならありえることだ。それほどなるぞうに入れ込んでいるのだ。
 そして178、179ページには爆笑した。ネタというより絵の迫力で笑えるのだろう。かなりの画力である。
 また、2巻の二こ神のあの予言が本当だったとは…。笑えるだけじゃなくて深い!
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
文字山との勝負は手に汗握る戦いで、すばらしかったですね。
この漫画は、真剣を戦う理由がしっかり有るから面白いのでしょうか。

僕も将棋をたしなんでますが、記憶が正しければ、あの文字山との将棋は鈴木大介8段対丸山9段の将棋です。当時も将棋雑誌に観戦記が載って、確か現渡辺竜王が「今、プロで丸山さん相手に『穴熊に組ませて勝つ』ことが出来るのは、鈴木さんくらいでしょう」という一文があって、この将棋は何回も並べたものです。
ま、要はそんなにハイレベルな将棋を材料にしている漫画なので、将棋指しが読んでもハラハラする気分を持てる漫画だってことです。

ファミレスであんな将棋させるレベルになれたら、もう・・・
将棋指しとして、言うことないです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 加冷米 投稿日 2007/7/22
形式: コミック
今一番熱い将棋マンガ「ハチワンダイバー」の第3巻。ハチワンダイバーこと菅田が、これまで以上に深く将棋盤に潜ります

将棋という、本来「静」の競技を完全に「動」の競技として書いているが故の、疾走感がたまりません。

3巻では対文字山戦が決着しますが、これがまた熱い!!
「指すなあああ」は吹いた(笑)

これまでで一番の強敵(受け師のぞいて)も出てきて、まだまだ熱くなる要素満載。
おすすめです
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
定説を覆すことは今まで定説を信じてきた多くの人を超えること。

当たり前だと思われることや、正しいと思われていることでも覆ることもがたくさんある。人はそれをイノベーションと呼んだり、革命と呼んでもてはやす。

ただ、それを成し遂げるためにはあまりにも大きなハードルが目の前に現れる。

過去に定説を信じてきた人を超えないといけない。その人の中には定説を覆そうとして諦めた人もいるだろう。そんな多くの人の足跡を踏み越えないと新しいものは生み出せない。だからこそ、価値がある。

将棋にもたくさん定説がある。「穴熊に入ったら勝てる」とかが代表的なものだろうか。だからこそ、その定説に挑戦する「藤井システム」などは大人気になる。

今回のハチワンダイバー、3巻に出てきたのは昔死んだと思われた手を蘇らせる試み。7四歩の先を描き出す。

【キーワード】

将棋は物語

起承転転転結

早石田流三間飛車

新石田流

7四歩

【引用】

人生は一局の将棋なり

【手に入れたきっかけ】

Kindleキャンペーン!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
全巻見ました。バカバカしくて、おもしろい。将棋をエンターテイメントに
してくれました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover