ハサミ男 [DVD] がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ご観覧ありがとうございます。★ケース交換済み。レンタルで使用されたDVDを研磨、クリーニングを行いメーカーの許諾を得て販売している正規品です。 ディスクに管理シールが貼られている場合もございますが、 ほとんど傷もなく新品に近い状態でご提供できます。 ★ジャケット付ケースとディスクだけで他付属品等はございません。ご了承下さい。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,580
通常配送無料 詳細
発売元: ☆丁寧梱包堂☆ 年中無休-迅速発送店
カートに入れる
¥ 2,600
通常配送無料 詳細
発売元: メディアショップ KONOMI 
カートに入れる
¥ 3,127
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ハサミ男 [DVD]

5つ星のうち 3.6 31件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 2,580 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,524 (37%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、i-temp メディア専門店が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:13¥ 1,399より 中古品の出品:15¥ 337より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • ※コンビニ払いおよび代金引換での店頭受取の指定は対応しておりませんのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ハサミ男 [DVD]
  • +
  • 男たちのかいた絵 RAX-505 [DVD]
総額: ¥3,578
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 豊川悦司, 麻生久美子, 阿部寛, 斎藤歩, 樋口浩二
  • 監督: 池田敏春
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2005/11/25
  • 時間: 119 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 31件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000ARD906
  • EAN: 4988104033215
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 25,454位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

   第13回メフィスト賞を受賞した殊能将之のミステリ小説を『人魚伝説』などの鬼才・池田敏春監督のメガホンで映画化した野心作。美少女の喉に研ぎ上げられたハサミを突き刺す連続猟奇殺人鬼“ハサミ男”。しかしあるとき、ハサミ男の犯行をそっくり真似た手口で新たな殺人事件が起きてしまった。知夏(麻生久美子)と安永(豊川悦司)は、その犯人像を追い求めていくのだが……。
   小説を読んだ方ならおわかりだろうが、原作は絶対に映画化不可能なトリックを用いているのだが、池田監督はその難関を大胆なアイデアで打破し、むしろ映像ならではの持ち味で新たな仕掛けを幾重にも張り巡らせている。猟奇的内容ながら抑えた演出も効果的。ロングショットを多用した画面も映画の醍醐味を堪能させてくれる。主人公ふたりと並行して警察側のドラマも描かれるが、こちらはキャスティングの妙もあって時にユーモラスで、全体の流れの中でよきアクセントにもなりえている。(増當竜也)

内容(「Oricon」データベースより)

半年の間に二人の女子高生を狙い、その喉にハサミを突き刺した連続猟奇殺人鬼。“ハサミ男”と呼ばれるその犯人は世間が騒ぐ中、第三の凶行に及ぶ…。1999年に第13回メフィスト賞を受賞した殊能将之の小説「ハサミ」を映画化したサイコ・スリラー。出演は豊川悦司、麻生久美子ほか。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 匿名 投稿日 2007/6/15
批判系のレビューは誰も喜ばないし書きたくないんですが、
原作の大きな魅力の一つが映像を見る事で完全に消滅してしまうので敢えて批判を書きます。

映像化に際して原作とは違った角度で切り込んだ事は評価しますし、
キャスティングも一部を除き的を得ていると思います。
が、原作のドライな主人公像が完全にウェット、
しかも甘ったれたウェットな人格に変えられているのには愕然としました。
原作にも出てくる主人公の「からっぽ」という言葉や
自殺癖の意味合いが180度変わってしまっています。
それが炸裂する終盤の蛇足エピソードは拷問以外の何物でも有りませんでした。

技術的にも編集の問題なのか全体的にアフレコが下手過ぎる事や、
(嘔吐のシーンで口が閉じているのにハアハア喘いでいるのは論外)
飛び降りシーンを下手糞なコラージュで陳腐なギャグにしてしまったり、
緊迫したシーンに回想を入れてスピード感をゼロにしてしまったり、
アマチュア自主制作映画かと見紛うばかり。

他のレビューを見ると原作を未読で有ればそれなりに見れる様ですが、
名作の範疇に入るような作品を映像化によってクオリティ下げられてしまうのは
ミステリ好きとしては辛過ぎます…。
これからの方は原作を先に読むことを心の底からオススメします。
1 コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 まま‾ 投稿日 2005/11/14
映画で何が一番気になったって、役割が逆転してるのに原作の「症状」って台詞がそのまま使われてたこと。
「とても強い人」って台詞も使われてたけど、アレじゃ意味が通じない。
映画の話を作った人は、原作を理解してないばかりか、言葉の意味も解らないらしい。
なんで作ってる時に誰も突っ込まないのか?
年配者が作ってると誰も文句言えない空気が出来ちゃうのかな・・・と、嫌な気持ちになってしまった。
前半は、あの古臭い映画手法も楽しめる余裕があったし、トヨエツと麻生久美子が並んで歩いてる異様な雰囲気も面白かったのだけど。
後半で物語の全貌が見えてしまうと、もうどうしようもなく覚めてしまった。
昔の人に撮らせるから、こんな陳腐な話にされてしまうんだよ・・・と思わずには居られない。
彼女らが何故ああなのか、模倣犯の動機、そういった重要な部分が、手垢のついた安っぽいパターンに置き換えられて、折角の物語を台無しにしてしまってる。
ここのレビューで評価が高かったから期待して見たのに、がっかりでした。
この映画を観るなら、絶対原作は読まないか、原作を先に読むかすべきです。
と言うか、映画を観ないって言うのが正解だと思うけど。
原作を読んだらネタバレ必至だし、映画を観ても原作のネタバレになるので
...続きを読む ›
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 迷夢 投稿日 2014/6/24
Amazonで購入
麻生久美子さん目当てに購入しました。ややノイジーで硬質な絵柄で1回目は10分でストップしました。
しかし2回目ではすっかりはまってしまい毎日のように見ています。
豊川悦司さん、阿部寛さんもかっこイイですが、やはり麻生久美子さんが魅力的です。麻生さんは2回も嘔吐シーンがあったり大変な役だったと思います。特典映像で強面な池田監督が麻生さんを、勘がよくすぐに理解してしまうと評していたのと、メイキングシーでは、ン監督禄がどこか嬉しそうにしていたのが微笑ましいです。
猟奇作品でもありますが、本多さんの音楽がカッコ良いのと舞台挨拶とメイキングでの麻生さんがケラケラ笑っているのが可愛くホっとします。
「麻生さんの脳に入るイメージをして演技した」という豊川悦司さん素晴らしい演技です。
初演舞台挨拶で麻生久美子さんがコメントした通り、直感的に見て楽しんだ方が味わいが増すと思います。隠れた名作です!
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
原作本は最後の最後にすごい仕掛けがあって、映像にするのは無理だろ〜と思ってました。どのように映像化されたのか興味があったのでみてみたところ、原作とはやっぱり違ったもののなかなか面白かったのです。ちゃんと仕掛けはあったし(すぐ分かるけど・・・)。というか、麻生久美子がよかったです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 原作は良く使われる思い込みのトリックが使われているため、絶対不可能といわれていた殊能将之の小説。なるほど、着目点を変えてこういった設定にしましたかといった感じですね。
 とても難しいのですが、この作品に関しては映画を見ると、小説の面白さが損なわれるし、小説を読むと映画のトリックを愉しむ事が出来ません。なので映画好きの人は映像を、小説好きな人はまず原作を読む事をお勧めします。それぞれ自分の好きな領域でまずは愉しんだほうがいいと思いますので。
 古めかしい映像、音楽、演出と、ちょっと独特の空気はありますが、それなりの個性が感じられる野心作なので、これはこれでよく出来ているサイコサスペンスだと思いますよ。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック