通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ハケンアニメ! がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ハケンアニメ! 単行本 – 2014/8/22

5つ星のうち 4.2 73件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 81

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ハケンアニメ!
  • +
  • 島はぼくらと
  • +
  • 朝が来る
総額: ¥4,968
ポイントの合計: 150pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

監督が消えた! ?
伝説の天才アニメ監督・王子千晴が、9年ぶりに挑む『運命戦線リデルライト』。
プロデューサーの有科香屋子が渾身の願いを込めて口説いた作品だ。
同じクールには、期待の新人監督・斎藤瞳と次々にヒットを飛ばすプロデューサー・行城理が組む『サウンドバック 奏の石』もオンエアされる。
ハケンをとるのは、はたしてどっち?
そこに絡むのはネットで話題のアニメーター・並澤和奈、聖地巡礼で観光の活性化を期待する公務員・宗森周平……。
ふたつの番組を巡り、誰かの熱意が、各人の思惑が、次から次へと謎を呼び新たな事件を起こす!
熱血お仕事小説。

内容(「BOOK」データベースより)

伝説の天才アニメ監督王子千晴が、9年ぶりに挑む『運命戦線リデルライト』。プロデューサー有科香屋子が渾身の願いを込めて口説いた作品だ。同じクールには、期待の新人監督・斎藤瞳と人気プロデューサー行城理が組む『サウンドバック 奏の石』もオンエアされる。ネットで話題のアニメーター、舞台探訪で観光の活性化を期待する公務員…。誰かの熱意が、各人の思惑が、次から次へと謎を呼び、新たな事件を起こす!anan連載小説、待望の書籍化。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 441ページ
  • 出版社: マガジンハウス (2014/8/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4838726902
  • ISBN-13: 978-4838726905
  • 発売日: 2014/8/22
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.6 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 73件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 39,228位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
本書は、アニメはよく観る、でも業界については知らない・あまり興味が無い という方も
ページを読み進めていくうちにグイグイ惹かれていく そのような物語になっています。
社会人として実際に働いている方、そうでない学生の方でも
社会の中、会社や学校などでは人が集まり人との関わりは少なからずあるものですから
違和感なく物語の世界に没頭できると思います。

本書は女性誌ananに連載されていた小説ということで、
物語の主役となる三名はいずれも女性です。
ananとアニメ、あまり結びつかないようなイメージですが、
「働く女性が中心となって、アニメ製作という舞台で奮闘する物語」
このように見るとananに掲載されていたのも頷けます。
物語を読んでいるとアニメ業界、その業界に関わる者達の
仕事への向き合い方・取り組み方から、
働くこと・日々の生活を生きていくということの力を
得られるように感じました。

本書の“遊びゴコロ“が見られるのは、ブックカバーを外すと
表紙がトウケイ動画の絵コンテ(用紙右上にトウケイ~の文字有り)
になっていることでしょうか。何も描いていない用紙の状態です。
欲を言えば、その用紙に『サ
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
9年ぶりに、天才と呼ばれるアニメ監督・王子千晴の作品が製作されることになった。話題の「運命戦線リデルライト」は、王子を口説き落としたプロデューサー・有科香屋子の努力のたまものだった。だが、突然王子が姿を消した!一方、期待の新人監督・斎藤瞳の作品も同じクルーでオンエアされることが決まる。果たして、アニメ界を制するのは・・・!?

完成されたアニメからは想像もできない壮絶ともいえる製作現場・・・。実にたくさんの人が素晴らしい作品にすべく昼夜を問わず働いている。現場での悩み、苦しみ、葛藤の日々、そして他社との熾烈なハケン争い。頂点を極めるアニメはただひとつなのだ。食うか食われるか?まさに弱肉強食の世界だ。ドタバタ感やできすぎだと思うストーリー展開は少々気になったが、自分が知らない業界を垣間見ることができてとても興味深かった。多くの人たちの努力によってひとつのものを作り上げるというのは、本当に感動的だ。これから、アニメを見る目が少しは変わってくるような気がする。
最後に・・・。表紙カバー裏に特別収録された短編もなかなかよかった。ちょっと得した気分♪
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
ananとCLAMP画からもっとライトでチャラい(失礼)内容と思っていたら、
かなりしっかりした内容と描写で、しっかり最後まで楽しめました。
一つの世界を共有するアニメ業界の物語3部構成です。
メディアミックス当たり前になったアニメ業界で、
たくさんの人が集まって熱く作品に関わる様子を爽やかに読むことができます。
真偽はともかく、『悪い人がいない』業界と有科さんが言った言葉の通りに世界を描いているからですかね。
(実際は破綻したデスマの列に連なって、失敗前提で、終わらせることだけが希望の行軍を続ける現場もあるかもしれませんけど‥‥)

愛するものを仕事にしたり、仕事で出会うものを愛し、高いモチベーションで働く。
ここにすがすがしさを感じるのは日本人ならではの感覚なのでしょうか。
アニメは地上波で見るだけの人間ですが、作品作りの裏舞台を垣間見て面白かったです。
3部構成ながら各話共通のエピローグともなる最終章まで、気持ちよく読めると思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
新聞の広告にデカデカと乗っていたので、記憶していた作品です。
この作者の本は一度も読んだことが無いので、どのような文体で何が得意なのかもまったく知りませんでした。

まずアニメ現場が舞台だからか、文章の書き方が非常に漫画的アニメ的です。
文章から情景を想像するというよりも、既視感のある舞台でキャラクターたちが演じているという風に私は感じました。
別にそれがイヤというわけではなく逆に想像しやすく共感ももてたのですが、いかんせん「小説」を読んでいながら漫画を読んでいるようで、なんとも奇妙な読後感でした。

おそらくアニメや漫画にあまり触れていない人には、ちょっと想像がしづらい部分があるかもしれません。
でも、もしそれが作者の意図だったとしたら少々読み手を限定してしまいますが、なかなかに意欲的な作品だと思いました。

私自身は昔はアニメを見ていましたが今はほとんど見ていないので、今のアニメ現場がどのようなものかまったくわかりません。
なので小説の舞台がフィクションなのか取材に基づいたリアリティのあるものかもわかりません。
ただ、どの業界でも現場でもプライドを持って一所懸命仕事をしている人には、自然と人が寄ってきて助けてくれます。
この小説でも四面楚歌だと思って
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー