日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

ハクソー・リッジ(字幕版)

 (705)8.12時間19分2016PG12
緑豊かなヴァージニア州の田舎町で育ったデズモンド・ドスは、第2次世界大戦が激化する中、陸軍への志願を決める。先の大戦で心に深い傷を負った父からは反対され、恋人のドロシーは別れを悲しむが、デズモンドの決意は固かった。だが、訓練初日から、デズモンドのある“主張”が部隊を揺るがす。衛生兵として人を救いたいと願うデズモンドは、「生涯、武器には触らない」と固く心に誓っていたのだ。上官と仲間の兵士たちから責められても、頑として銃をとらない。とうとう軍法会議にかけられるが、思いがけない助けを得て、主張を認められたデズモンドは激戦地の〈ハクソー・リッジ〉へ赴く。そこは、アメリカ軍が史上最大の苦戦を強いられている戦場だった。1歩、足を踏み入れるなり目の前で次々と兵士が倒れて行く中、遂にデズモンドの〈命を救う戦い〉が始まる──。©Cosmos Filmed Entertainment Pty Ltd 2016
レンタル期間は30 日間で、一度視聴を開始すると3 日でレンタルが終了します。

プライム会員の方は追加料金なしで視聴できます

ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
おうち時間はPrime Videoをテレビ画面で観よう

ご自宅のテレビ画面でPrime Videoの視聴が可能なデバイスをご紹介。Prime Videoアプリ対象のスマートテレビ、またはテレビに接続して利用するPlayStationなどのゲーム機器をご利用いただくことでPrime Videoをテレビ画面で視聴できます。 対象の機種・機器を今すぐチェック

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

出演
テリーサ・パーマーヒューゴ・ウィーヴィングレイチェル・グリフィスヴィンス・ヴォーン
プロデューサー
ビル・メカニック
提供
キノフィルムズ
レーティング
PG12対象
コンテンツ警告
薬物使用暴言肌の露出性的なコンテンツ暴力
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

その他のフォーマット

レビュー

5つ星のうち4.0

705件のグローバルレーティング

  1. 50%のレビュー結果:星5つ
  2. 22%のレビュー結果:星4つ
  3. 17%のレビュー結果:星3つ
  4. 5%のレビュー結果:星2つ
  5. 6%のレビュー結果:星1つ

レーティングはどのように計算されますか?

カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

mama2019/01/19に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
着眼点を間違わずに観て欲しい
確認済みの購入
レビュー含めて他映画コメントでも見たけど
何故すぐ「日本人として」とか言うんだろう、、、
この映画はそういう話じゃないと思うんだけどなぁ。
これは信念というもの(それが正しいか正しくないかではなく)を貫き通した男の話であって
その信念を貫くのが最も難しいであろう戦場が
偶々沖縄戦だっただけで、、、実話だもん変えようがない。
なのに反戦映画と捉えたり、あろう事か反日とか捉えてたらこの映画の良さが全くわからなくなると思う、、、

戦争の描写はどちらかに偏る事なくただただリアルだと思います。感情移入する間もない程に。。。圧倒されます。
最も本当の現場はもっとずっと悲惨なのでしょうが、、、、そういう意味のリアルさでなく変にドラマティックでないというリアルさです

純粋にこの稀有な実話を受け止めたい
595人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
猫まっしぐら2019/01/03に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中
映画そのものは面白い、日本人目線で見ると・・・う~ん
確認済みの購入
日本人目線で見るとえーなにこれって感じ。
日本兵どこにそんなにいるのってくらいゾンビのようにうじゃうじゃとアメリカ兵に突撃してくシーンが
リアリティなさ過ぎて笑ってしまった。
当たり前だけど民間人殺してるシーン一切なくってアメリカ正義って絵図らはさすがというか。
そういった日本人目線がなければ面白い映画です。
125人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
トネリコ2019/07/31に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
戦争の悲惨さ
確認済みの購入
戦争の悲惨さ・残酷さを描いた作品です。しかしそれだけではなく主人公個人の信念が何者よりも強いことを教えてくれた映画でもあります。太平洋戦争では日米がこうした残酷な戦争を行っていたのだと思うと、今の平和な日本がいかにありがたいかがよくわかります。
主人公が一人で100人近く負傷兵を救うために崖の上に残ったのは、日米関係なく人間としてとても素晴らしい行動だったと思います。終戦後、良心的兵役拒否者としてははじめて勲章を授与されたとのことですが、当然のことでしょう。こうした行動は誰もができるわけではありません。米国はもっと主人公の行動を、学校の授業などで教えていくべきだと思います。
ひさしぶりにいい映画でした。ぜひご覧ください。
90人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
besteffortnet2019/02/07に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
地獄からカムバックした映画(メル・ギブソン監督が)
確認済みの購入
ネタバレうんぬんのストーリではありませんが
面白さが損なわれる情報は書かないよう
事前に知っていたほうが楽しめる情報を書いていきます。

まず、私も観始めるまで知らなかったのですが
沖縄が舞台の戦争映画でした。

まったく気づかなかったので不思議だったのですが

沖縄が舞台の戦争映画だったので
映画会社としては出来るだけ「沖縄戦」を
イメージさせないようなプロモーションをしてたようです。

沖縄戦というのはデリケートな話題ですし
政治団体、部落関係者が動いて劇場動員などに
悪影響を与えたくなかったのかもしれません。

『騙された』といったコメントも見かけますが
個人的には「あれっ?」ってびっくりしたけど
別に嫌な印象はなかったです。

プロモーションによって劇場動員数が掛かっているのなら
そういった宣伝はある程度、仕方がないかな、と思います。
*まあ、自分は劇場ではなくオンデマンドでみたからかもしれません

ただ、知ってたら
公開してた頃に沖縄に行く機会があった折に
実際の”ハクソー・リッジ”を見学してたのに、と思いました。
*沖縄の役所がスポットをまとめてくれてたりしてます。

主人公の敵国として日本兵が登場しますが
日本人を悪く描いているわけじゃないので安心してください。

最後に、この映画は監督メル・ギブソンのカムバックした映画です。
以前はスター俳優として活躍する一方、『ブレイブハート』でアカデミー賞作品賞を受賞し、監督としても高い評価を得てましたが
DV問題や差別発言などのトラブルで第一線から10年もの間、姿を消していました。

2010年のニュースでは「映画界復帰は絶望的」と書かれてたので
かなり不味い状況だったことかと思います。

この映画はオスカー2部門受賞、興行収入もよく高評価で
映画業界にカムバックしたようです。
76人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
ればと2019/02/24に日本でレビュー済み
2.0/星5つ中
戦争映画好きは見ない方がいい。
確認済みの購入
戦争映画好きの意見です。

・いいところ
全体を通して銃を打たない衛生兵を描いた作品というテーマが明確に伝わってくるところ。

・わるいところ
笑っちゃうくらい戦闘シーンのリアリティが酷くて作品に入り込めない。
アメコミヒーローレベルの戦闘アクション&設定。

戦闘シーンまでの時間が長すぎる。

・総評
戦争映画というジャンル設定で、アメコミヒーローレベルの活躍をする主人公がいるヒューマンドラマという感じで、全てにおいて中途半端な作品。
戦争感は、グロい描写がちょこちょこあるくらい。
戦争映画好きとしてはガッカリするレベルの作品で見たあと後悔しました。
「とにかく衛生兵大好き!&出てる俳優大好き」という人以外は見る必要ないです。
66人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
ノエミマローン2018/10/28に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
素晴らしい映画
確認済みの購入
戦場で銃を持たず人を助ける者がいても良い。
そんな英雄を描きながら、戦争の恐ろしさをまざまざと見せる。
68人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
memo2018/12/29に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中
コネの大切さ・・・
確認済みの購入
 自分の信念を持ち、それを貫く大切さ・強さの素晴らしさがわかりました。そして、時代は変われど国は違えど、親のコネは大切ですね。人生の分岐点に置いて親のコネはその後の人生を大きく左右することが改めてわかった映画でした。
57人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
Jalmatrix2019/12/14に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中
はあ?
確認済みの購入
見続けていると疑問しかわかない。
人を殺したくないのに真珠湾攻撃をみて仲間たちと戦おうと思った。
はあ?意味がわからない。
支援したいけど戦わない。
都合のいい時だけ自分を清らかに見せたがる、アンドリューの
つらの皮の厚さが憤懣を助長し、何を伝えたいのかはっきりわからない。
結局主人公も軍部と同じで他人のせいでこうなったといわんばかり。
殴られたあとの不貞腐れた態度、刑務所に入れられた後に
壁をめちゃめちゃに殴る内なる攻撃性がまるでサイコパス,わがままな子どもを見ているよう。
自分の大切な人との結婚式のために銃を持つこともできない
自ら不幸になっといて不幸の主人公の様に演じて気持ち悪い。
戦争映画としても最悪です。
なぜなら全く現実見がなく、まるで聖なる父がアンドリューを保護しているよう。
そんなことはない。メルギブソンならもうちょっと残虐に戦争を描いてくれるかな
と期待したけどやっぱりハリウッド俳優、思想、愛国者。その特色が出てしまっている。
映画を見れば監督の目に見えない部分が見れますが、そのまま。
この主人公はメルギブソンの分身だと考察します。
彼の芸能人だからこそ周りに気を遣わなければならないところ、
敬虔なキリスト教徒、暴力性、全てが反映されてるキャラクターです。
この人に別にフォーカスしなくてもよくて結局
アメリカ軍プロパガンダのお手本みたいな映画でした。
アンドリューはスパイダーマンが出世作ですが、
トビーマグワイアの代わりにならないし、演技もへたくそ、
しまいには共演者のエマストーンと別れたショックで
大事なパーティに出席せず、ソニーのお偉いさん方から反感をかったそう。
まるでこの主人公のよう。彼に対する評価が変わるかもと期待していたが
そんなことはなかった。裸で訓練する人と主人公がぼこぼこにされるところ、
メルギブソン節が反映された軍曹が面白かったので星1です。
38人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
すべてのレビューを表示