通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ハイ・ライズ (創元SF文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 状態は通常の中古本並です。(コンディションランク・ガイドライン相応の状態です。ご注文の前にガイドラインのご確認をお願いいたします。)店頭併売品のため、万一の売り切れの際には返金キャンセル処理にて代えさせていただきます。ご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ハイ・ライズ (創元SF文庫) 文庫 – 2016/7/11

5つ星のうち 3.7 11件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 994
¥ 994 ¥ 617

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ハイ・ライズ (創元SF文庫)
  • +
  • クラッシュ (創元SF文庫)
総額: ¥1,858
ポイントの合計: 171pt (9%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ロンドン中心部に聳える,知的専門職の人々が暮らす新築の40階建の巨大住宅。1000戸2000人を擁しマーケット,プール,体育施設から銀行,小学校まで備えたこの1個の世界は10階までの下層部,35階までの中層部,そして最上流とされる40階までに区分されている。その全室が入居済みとなったある夜に起こった停電をきっかけに,建物全体を不穏な空気が支配しはじめた。3か月間にわたる異常状況を,中層の医師,下層のTVプロデューサー,最上階に住むこのマンションの設計家が交互に語る。中期の傑作。

内容(「BOOK」データベースより)

ロンドン中心部に聳え立つ、知的専門職の人々が暮らす新築の40階建の巨大住宅。1000戸2000人を擁し、マーケット、プール、ジム、レストランから、銀行、小学校まで備えたこの一個の世界は、10階までの下層部、35階までの中層部、その上の上層部に階層化していた。全室が入居済みとなったある夜起こった停電をきっかけに、建物全体を不穏な空気が支配しはじめた。中期の傑作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 275ページ
  • 出版社: 東京創元社 (2016/7/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4488629156
  • ISBN-13: 978-4488629151
  • 発売日: 2016/7/11
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.4 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 26,988位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 kenken トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2016/7/11
形式: 文庫
本書に関しては最初にハヤカワから発売されたとき、購入し何度も読んでいるのですが、バラードの作品の中でも特に思い入れがあってそれからかなり時間が経ってから読み返そうと思ったら、どこにいったのかわからなくなってしまっていた。
捨てるはずがないので、どこかにあるはずなんだけど出てこない。
仕方ないので中古で買おうと思ってAmazonで調べてみると、な、な、なんととんでもない価格で売っていました。(現在はさすがにかなり下がっているようですが)

それから何年も探していたのですが、どこにも売ってなくて僕にとっては幻のバラード作品になっていました。
今回やっと発売されたので、これはもう買うしかないです。
特に新訳という表記がありませんし、訳者が同じなのでそのままの内容なのでしょうね。
以前はハヤカワ書房から、今回は東京創元社からの発売です。

本作を読むなら、「クラッシュ」と「コンクリートの島(コンクリート・アイランド)」と本書でテクノロジー3部作となっていますので、合わせて読むのもいいかもしれません。
「クラッシュ」は以前デヴィッド・クローネンバーグ監督で映画化され、彼の映画らしく?独特の異様な雰囲気が割と好きだったりします。
今回の「ハイ・ライズ」は出来るだけ前情報を遮断していて、
...続きを読む ›
コメント 57人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Amazon Customer トップ500レビュアー 投稿日 2016/7/19
形式: Kindle版 Amazonで購入
イギリス人作家ジェームズ・グレアム・バラード(1930 - 2009)の“High - Rise”(1975)の邦訳。早川書房版『ハイ - ライズ』 (1980)を東京創元社が復刊したものです。

解説によれば、いくつかの単語の言い換えを除けば、旧版との相違はないといいます。しかし新版ならではの、バラードの業績を俯瞰したうえで書かれた解説は、簡潔で読み応えがあり、バラード理解への手助けとなりました。

『クラッシュ』(1973)『コンクリート・アイランド』(1974)とともに〈テクノロジー三部作〉をなす本作の舞台は、ロンドン郊外の都市開発地区にある真新しい高層マンション。40階のビルのなかには、スーパーマーケット、銀行、レストラン、美容室、プール、ジム、小学校が常設され、ビル内だけ生活できるような環境が整えられています。
本書では、そうした外界と隔絶された空間において、道徳観念が衰え、原始的な欲望がうごめき、暴力や性がむきだしになっていく様が、極限的な設定におかれた人間精神を探求するバラード特有の、露悪的でブラックな筆致で描かれます。

マンションの住人は、弁護士や医師や建築家などのエリート専門職、テレビ・プロデューサーやキャスターなどの放送業界人、批評家や作家などの文化人など、中産階級のなかでも高所得者層の人間
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
近未来型高層マンションで繰り広げられる
文字通りの階層別ヒエラルキーの抗争と崩壊、
人間の原始的回帰といった感じ。
アイデアよりも独創的だと思ったのは
各登場人物の心理描写で
そういった行為に走る際の心の移り変わりや
動機付けなどがすごく倒錯的。
この一癖も二癖もある感じが
非常にツボにはまった。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
ここまでいくかなーという思いと、ここまでいくやろなーという思いの両方を抱きます。
これがハイソになったらトーマス・マンの『魔の山』かな、とか。
でも『魔の山』は自然が豊かだし、主人公カストルプはスキーで遭難しかけたりとか、まだしもアクティブな面がありますけど。
そこで蟄居しているとやがて動けなくなるという点では似ている。
タワーマンションから一歩も出ない生活を続けると、ホントどうなるんだろうか。
何を生き甲斐にするだろうか。
さらに、他人からの見た目さえも気にしなくなった時、最後の支えは何だろうか。
本作では上層階と下層階の間で起こる階級闘争が事態を悪化させてるけど、今の社会でこれが起こるとはちょっと思えない。
人間は古来より、自身の脳みそが作り出した環境(自然由来ではない、ということ)にずっと身を置いたことがないのだから、そういう環境にずっと留まっているとおかしくなるのは当然、という専門家の指摘もあるし。
となると、本作はたまたま舞台がタワーマンションと群衆で、階級間の血みどろの闘争に発展するけど、マンションでなくても群衆でなくても、一人でおかしくなっていく可能性は十分ある。
ポケモンGOを開発したナイアンテック社の社長さんが「人々を外に連れ出したかった」と言っていたのは、なかなか重要かも知れない。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー