ハイ・フィデリティ 特別版 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆代引き・コンビニ・クレジットカード 他 対応◆国内正規品です。レンタル品ではありません◆チャプターリスト付き◆ケースにスレ等の使用感が見られますが、ディスクはキレイです◆Amazon配送センターから迅速丁寧に発送いたします◆お急ぎ便(プライム)対応◆Amazon専用在庫のため在庫切れキャンセルはありません
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ハイ・フィデリティ 特別版 [DVD]

5つ星のうち 4.4 14件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,700
価格: ¥ 1,980 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 720 (27%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、◆プライム送料無料 ラーニングメディア・ソリューションが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
中古品の出品:9¥ 628より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。

  • 【 ディズニーブルーレイ/DVDストア 】 - ニューリリース+ホットアイテム情報、ランキングなど

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ジョン・キューザック, イーベン・ヤイレ, ジャック・ブラック, キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
  • 監督: スティーブン・フリアーズ
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ブエナ ビスタ ホーム エンターテイメント
  • 発売日 2003/01/17
  • 時間: 114 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 14件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00007GRGD
  • JAN: 4959241932501
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 94,158位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   中古レコード店を経営するロブは、同棲していた恋人のローラが突然出ていったことをきっかけに、これまでの失恋トップ5の女性たちを訪ね歩き、自分の何がいけなかったのかを問いただしていく。そんな中で、彼はさまざまな人々との出会いや会話の中からポジティヴな自分を発見していく…。

   音楽オタクの30代男が悪戦苦闘しながらも、人生に対して前向きに対処するまでを描く、ヒューマン・ラブ・コメディ。レコードの山に囲まれた主演ジョン・キューザックのオタクぶりがなかなか堂に入っているが、原題そのままのタイトルは「原音に忠実に再生された音」という意味で、いつしか彼はそういったレコード音の本質を反映する、真のオタクへと成長していくのだ。(的田也寸志)

内容(「Oricon」データベースより)

ニック・ホーンビィ原作による小説をスティーブン・フリアーズ監督がジョン・キューザックを主演に迎え映画化した作品。シカゴで中古レコード屋を経営する男の失恋遍歴を描いたラブ・コメディ。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
 この映画には二つの魅力的な側面があります。一つは音楽オタク達の絶妙な生態描写にすぐれている、という面です。現実社会であまり役に立たなさそうな知識を膨大に貯めこんで、すぐに「~のベスト5」と言って論議する登場人物たちの姿に、音楽オタクを自認する人々はきっと思わず苦笑いしたことでしょう。実際、これだけで素晴らしくよく出来た映画と言えたと思います。
 しかしこの映画は単なるコメディでは終わらず、ヒューマン・ドラマとしての側面も併せ持っています。音楽オタク、すなわち批評することで音楽に関わる(=主体的には音楽に関わっていない)主人公は、やがて自分の現実に直面し挫折していきます。苦悩し、自分の過去の恋人をたどることで自分の過去を振り返り、学び、乗り越え、音楽だけでなく人生を(批評する立場を捨て)主体的に生き抜く人間に生まれ変わろうとするのです(主人公が最後に恋人に語るシーンは感動的!)。最後に音楽に対して批評家的な立場からプロデューサーに転身していくというのも象徴的です。
 勿論、多くの人が触れている通り、主人公を演じるJ.キューザックを初めとする助演陣;特にJ.ブラックの演技が素晴らしいほか絶妙なタイミングで出てくるオタク向けの凝った選曲まで素晴らしく、難しい事言わずに楽しめる傑作です。
 余談ながら、音楽オタクの絶妙な生態描写といえば、ラズウェル細木のマンガ「ときめきJAZZタイム」やレコードコレクターズ増刊「レコスケくん」も素晴らしいです。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
特典に監督のインタビューが収められているが、ここで監督が語っている通り、映画のキャスティングがすばらしく、個性とユーモアの適材適所のバランスも絶妙である。とても良く作りこまれた人間関係とストーリー、まったく無駄のない仕上がり。肩が凝るような複雑な構成も無く、非常に好感が持てる作りとなっている。良く出来た傑作でオススメ。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
Amazonで購入
いいですねえ~。ジョン・キューザック!
主人公ロブ・ゴードンには共感できることがいっぱい!おもしろいですね。
過去の恋人たちに自分の悪かった点を訊きに行くなんて・・・。
やってしまいそうなんですけどね。
しかし、この作品でもジャック・ブラックの存在感はスゴイですねえ。
『愛しのローズマリー』も大好きな作品なのですが、
この作品でも非常にぶっ飛んでます。
ジャック・ブラックなき『ハイ・フィデリティ』はあり得なかったでしょうね。
『スクール・オブ・ロック』観たい!
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
投稿者 lucas 投稿日 2003/5/17
結婚できる人とできない人の違いは何か。その答えは、最後にロブが出してくれる。しかし、これは決してラブストーリーの枠には収まらない。『High Fidelity』は、音楽オタク・ロブを通して描く一人の男の成長期。ニック・ホーンビー小説の雰囲気を保つため、ロブが観客に語りかける形で映像を取っているところがユニーク。レコードショップを経営するというだけあって、流れる音楽もかっこいい。店員のディックやバリーの態度は、音楽好きには共感できるところが多いだろう。映画の始めの方でロブは、「人は趣味で決まる。」というような発言をする。その言葉を受け継ぐがごとく、悪趣味を軽蔑する店員(特にジャック・ブラック)の態度がとてもおもしろい。「チャラチャラした表面的な現代を描きながらも、根本的なテーマには純粋でオーソドックスな人間のあるべき姿を描いている」ところが、どのホーンビー小説にも共通する魅力のひとつなのだ。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
ラブストーリーなのだから、よほどひねくれていない限り、主人公はブサイクであるワケがない。本作のジョン・キューザックも然りなのだが、彼、ルックスは悪くないのに、フラれても仕方のない主人公ロブを演じて、やけにリアルだ。出ていった恋人とのよりを戻そうと、かなりみっともなくジタバタするロブ。その反面、なぜ自分はフラれるのか、人生最悪の失恋トップ5を振り返りながら、恋愛適応性について考えてもみる。彼の出す最終結論には、誰しも“目からウロコ的”な衝撃を感じるんじゃないだろうか。
以上が、「ラブストーリー」としての側面。本作にはもうひとつ、「音楽“愛”映画」としての側面がある。
「音楽“愛”映画」と言っても、『あの頃ペニー・レインと』のような、音楽が持つ永遠性と!ノスタルジアを重ね合わせたタイプの映画ではない。「人の価値は人間性ではなく、好みで決まるのだ、本や音楽のね」と言い切ってしまう音楽ヲタクたちの、愛の映画だ。彼らはお気に入りの音楽を、誰でもイイから聴いて欲しいワケではない。彼らの好みを受け容れる柔軟性に加えて、受け売りではないオリジナルな好みを、相手にも要求する。ヲタクとは、かくもワガママなものなのだ。
原作小説ではロンドンである舞台を、シカゴに移した点でも「音楽“愛”映画」としてはリアル。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。2穴3穴ミニ6穴サイズ