ハイ・ファイ・エリントン・アップタウン 1 がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ハイ・ファイ・エリントン・アップタウン+1 Original recording remastered

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,888
価格: ¥ 1,873 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 15 (1%)
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:9¥ 1,631より 中古品の出品:12¥ 398より
【1,500円OFF対象商品】CDと楽器・オーディオ機器のまとめ買いキャンペーン
おすすめのCDプレーヤー、イヤホン、ピアノ、MIDIキーボードなど多数ご用意。 いますぐチェック

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の デューク・エリントン ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ハイ・ファイ・エリントン・アップタウン+1
  • +
  • コンプリート・アット・ニューポート1956+10
  • +
  • Masterpieces By Ellington
総額: ¥4,190
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (1997/3/1)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Original recording remastered
  • レーベル: ソニー・ミュージックレコーズ
  • 収録時間: 54 分
  • ASIN: B000024HGG
  • JAN: 4988009920795
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 183,760位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. スキン・ディープ
  2. ムーチ
  3. A列車でゆこう
  4. パーディド
  5. ビフォア・マイ・タイム(コントラバーシ
  6. レイター(コントラバーシャル組曲)

商品の説明

Amazonレビュー

   デューク・エリントンのように長い間第一線で活躍した人は、それぞれの時代に名演を残している。で、50年代のエリントンといえば、やはり本作と56年のニューポート・ジャズ祭の実況盤が双璧だろう。
   エリントン楽団は51年に危機を迎えた。バンドの看板奏者だったジョニー・ホッジス、ローレンス・ブラウン、ソニー・グリアーの3人が揃って退団したからだ。しかしエリントンはファン・ティゾールやルイ・ベルソンらを加えてバンドを立て直し、それ以前とはまた違ったスマートなサウンドでファンの支持を取りつけた。これはそうした時代の作品。
   <1>はルイ・ベルソンのドラム・ソロをフィーチャーした演奏で、これによってベルソンの株が上がった。<2>はエリントン・クラシックともいえるナンバーだが、新たなアレンジでドラマティックに演奏しており、エリントン・ミュージックの神髄が聴ける名演。<3>はバンドのテーマ曲として知られるおなじみの曲だが、ここではベティ・ローシェのスキャットがエキサイティング。(市川正二)

メディア掲載レビューほか

エリントン・オーケストラでの、`52年録音盤を再発売。「A列車で行こう」「バーディド」他。 (C)RS


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 cyberhvn 投稿日 2006/9/1
形式: CD
 このような何十カラットの宝石を褒める言葉など、もはやどこにもない。言わずもがなの名盤の極めつけだが、このアルバムの前にメンバーが入れ替わっている。それまで親分を支えていた名プレーヤー達がゴッソリ抜け、変わりに一体どこの誰だい?ってな新人を大胆起用したのがこの作品。部活動で優秀な成績を修めた先輩達が一気に引退するが、それを後輩達が盛り返している感じである。

 それにしてもこの曲想はどうだ。今更「ムーチ」や「A列車」をどうこう言う余地はないが素晴らしい編曲である。全てはエリントンの頭脳から生み出された奇蹟である。音響も素晴らしい。モノの時代はひたすら遠近で奥行きを出すのだがそれが現代人をも変わらず刺激する不思議なノスタルジーが溢れている。こういうのを聴くにつけ、こういうジャズ・ジャイアントはどこへ行ってしまったのだろう?デュークやマイルスの膨大な録音を聴けば聴くほど、その感慨に囚われる。

 そんな思いは軽やかなスキャットがついた「A列車」が吹き飛ばしてくれる。ありがとうデューク。

 ※1曲目はLIVING COLOURの『VIVID』「BROKEN HEARTS」に、3曲目はROLLING STONES『STILL LIFE』のイントロ(というより1981年の全米ツァーのオープニング)に使用されている。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ハイ・ファイ・エリントン・アップタウン+1についての感想。
このアルバムは既にLPレコードで所有していますが、凡そ30年も聞いてきたのでスクラッチノイズが酷くなり、CD購入待ちになっていました。心待ちにしていたアルバムを手にし、プレーヤーにセットして聞いてみた。CDの場合はLPと比較して音の線は細いものの、当然かもしれませんが、スクラッチノイズはまったくなく、ルイ・ベルソンのツーバスは変わらず迫力があり、音がしまって、身に迫るものがあった。私の中ではエリントンの愛聴アルバムの一つとなっています。ブラスは勿論のこと、とにかく、ドラムワークの迫力はものすごいの一言です。是非、聴いてみて下さい。お勧めします。私は、JAZZファンでもあり、オーディオファンの一人です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
ビックバンド時代、演奏は古さを感じさせない。気に入ってます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
JAZZ(スイングジャズ)大好き歴、55年位です。楽曲中の「PERDIDO」は、ブギウギ調のイントロは、大好きです。
最近、LPレコードを、MP3に変換して保存するのに奮闘中です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告