この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ハインズ博士「超科学」をきる―真の科学とニセの科学をわけるもの 単行本 – 1995/3

5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 59
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

巷には、人間の心理を巧みに利用し科学に見せかけた手口で人びとを惑わすニセ科学があふれている。その実態とその嘘を科学的にあばく。

内容(「MARC」データベースより)

妖精、心霊術、コックリさん、予知夢、占星術、UFOからダイエット、健康食品、ネッシー、嘘発見機まで、巷にあふれるニセ科学。人の心理を巧みに利用し、科学に見せかけた手口で人びとを惑わすニセ「科学」の実態をあばく。


登録情報

  • 単行本: 422ページ
  • 出版社: 化学同人 (1995/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4759802754
  • ISBN-13: 978-4759802757
  • 発売日: 1995/03
  • 商品パッケージの寸法: 19.8 x 14 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 198,822位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 ハインズ教授が大学の授業のために作ることにした本。
 内容は、様々なオカルト・疑似科学を網羅的に扱っている。
 網羅的に扱っているというと、まるで内容が薄いように聞こえるかもしれないが、そんなことは全く無い。参考としている文献もかなり大量になっているようだ。
 オカルト・疑似科学の傾向や共通の問題点なども自然と見えてくる。
 本書と続編を合わせた内容が、原書の内容となっている。
 ただ、参考文献がごっそりと削られているのが残念である。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本書は大学でオカルトを学ぶ学生のために書かれた本である。
なぜオカルトを学ぶのか。大きな理由のひとつはオカルトの罠に落ちないようにするためである。
本書で取り上げられるオカルトはみな超有名なものばかりである。
・妖精の写真
・魔女裁判
・降霊術
・ノストラダムスの予言
・計算する馬ハンス
・ユリ・ゲラー
・バイオリズム
・アダムスキーなどUFO
・古代宇宙人飛来説とナスカの地上絵
・バミューダ・トライアングル
・似非ダイエットと似非健康食品
・カイロプラクティックを含む代替医療
・ネッシー
・サブリミナル効果

時代を感じますねえ。
で、オカルトは時を経て繰り返す。甦る。これもまた歴史が証明している事実である。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
いんちきな療法など無益であり、患者の治療の機会を奪い、高額の治療費をむしりとる悪質な詐欺であるにもかかわらず、大新聞の広告に今日もあふれている。心霊現象、ポリウォーター事件、UFO、デニケン、ヴェリコフスキーと間断なく続く疑似科学の歴史とそれらに共通するロジックを詳解し、フロイト流精神分析も疑似科学と斬って捨てる。著者の怒りと情熱が伝わる良書である。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ながぴい 投稿日 2011/11/22
形式: 単行本
「Pseudoscience and the Paranormal」初版の日本語訳。
引用文献は載ってない。
割愛された章もあり、その後パート2として出版されたはずだが、持っていない。(英語版を読めばいい)
フロイトの精神分析批判の章も割愛されている。

マイナスイオンの原型である「空気イオン効果」の批判が載っている。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告