中古品
¥1
+ ¥257 配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、カバー・中身ともに綺麗なものを販売しております。万が一、実際の商品とコンディションが違っていた場合は、返金にて対応をさせて頂くのでご安心下さい。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


ハイリスク金融商品に騙されるな! 単行本(ソフトカバー) – 2012/4/27

5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
¥1

ブックマイレージカード
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

帝国データバンクの発表によれば、2011年は大企業の倒産が鎮静化する一方で、円高による中小企業の倒産は過去最多のペースで増えており、なかでもデリバティブ損失が原因の企業倒産が増えたという。これら中小企業の多くは、投機で金融商品を買ったわけではなく、「為替リスクのヘッジ」「金利変動のリスクをヘッジ」という名目で取引先の金融機関から商品の契約を結ばされたのだ。
金融庁の調査によれば、04年から10年9月までの間に、銀行によって中小企業向けに販売された為替デリバティブ商品は約6万件。そのうち多額損失の中小企業は2万社近くあるという。つまり、商品自体がおかしく、ヘッジにならないものをヘッジと称して売っていたのだ。
著者は個人に対しても警告する。「金融機関が個人に売る商品は金融機関が儲かる商品であり、その個人に合っているかどうかは関係ない」。
しかし大丈夫、打つ手はある。今後、騙されないためにも必読!

内容(「BOOK」データベースより)

「為替デリバティブ」「金利スワップ」「ディフィーザンス」「パワー・リバース」…会社が倒産しそう?個人で大損を被った?大丈夫、打つ手はあります。今後、騙されないためにも必読。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 213ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2012/4/27)
  • ISBN-10: 4569804853
  • ISBN-13: 978-4569804859
  • 発売日: 2012/4/27
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,345,386位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

2件のカスタマーレビュー

5つ星のうち3.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2件中1 - 2件目のレビューを表示

2016年5月30日
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入
2015年8月17日
形式: 単行本(ソフトカバー)