Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 648
ポイント : 135pt (20%)
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[大原 まり子]のハイブリッド・チャイルド
Kindle App Ad

ハイブリッド・チャイルド Kindle版

5つ星のうち 3.9 12件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 648
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 122
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 45

【Kindle Unlimited】
月額¥980で、本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

長期にわたるアディアプトロン機械帝国との闘いに終止符を打つべく、最終兵器が軍の施設内でひそかに研究・開発された。組み換え自在の特殊金属ユニットの骨組みに、バイオ技術で創り上げた細胞を肉付けした宇宙戦闘用生体メカニックのサンプルB群。そのうちの一機が意志を持ち、軍から脱走した。さまざまな形にメタモルフォーゼしながら逃亡の旅を続ける脱走者の運命は……幻惑の未来を描く星雲賞受賞の本格SFの傑作。

内容(「BOOK」データベースより)

強大化するアディアプトロン機械帝国に対抗するため、巨大な軍事費を投入し、極秘裡に開発されたサンプルB群。それは組み換え自由自在の特殊金属ユニットを骨組みにして、サンプリングした生命の遺伝情報をもとに細胞をつくりあげる宇宙戦闘用生体メカニックである。その一体が軍の手を透れて逃亡の旅を開始した。ある時はペット・ダダジムに、ある時は少女にメタモルフォーゼしながら。ハイブリッド・チャイルドの数奇な運命を描く本格SF。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1465 KB
  • 紙の本の長さ: 338 ページ
  • 出版社: クリーク・アンド・リバー社 (2014/7/31)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00M9TTE1G
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 24,082位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
間違いなくぼくにとっての教典であり聖典であり、若かりし頃のぼくにSFを教えてくれた作品です。長い沈黙をやぶりついにKindle化。冒頭で女の子の母親が電子書籍を読むシーンに、当時未来的な小道具だったものが今のぼくの読書スタイルとリンクして心が震えた。あとはもぉ、一気に読み進めていきました。ぼくにはヨナの物語である本作。当時はラストシーンが納得出来なかったのですが、読み返してみてこういう最期がヨナにとっての幸せなのだと、そうかこれは結婚なのだと数十年経って納得しました。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
人間の肉と機械の部品との融合に、人が魅力を感じてしまうのは何故なのでしょう。「不滅機械帝国と人類との最終戦争」というテーマの中で、著者の底深い世界観、強烈な設定の登場人物たちとの間に、精神論までも描かれています。次々とサンプリングした細胞の記憶から徐々に自我に目覚め、どうしようも無い運命に抗いていく、機械と人間との中間の存在。有名超大作AKIRAが好きな人にはたまらないでしょう。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
女性特有の本能的な神秘主義と、SF作家としての科学的な合理主義が、見事に融合した《女性SF》の極致。フェミニズムがどうしたとか、そういう頭で考えた《女性SF》ではなく、女性特有の生理的な本能が産み出した、本物の《女性SF》。本書を読んで、改めて《女の偉大さ》を知りました。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
徹底的に端正で美しい「素敵」な文章が最後までテンションを維持して走りきっていて、凄まじい名作。文字のみによって構成された、映像的でありながら小説特有の、この美しさにノックアウトされる人にはドハマリする作品でしょう。特に難解ではなく読みやすい文体なので、単純にモチーフが好みなだけでも読めると思います。
クラムジーあたりの軽妙洒脱なSFシティコメディみたいなタイプの作品は正直バブル臭えなと思っちゃいますが、ハイブリッドチャイルドはまったく古さを感じません。名作は時代を超えるってことですね。

しかしながら、いかにも「少女」的なピリピリした不安感のようなものに耐えられない人、モチーフにも文体の「素敵」さにも反応しない人にはつらいと思われます。
また、ピュアピュアのハードSFを求めている人にもキツいんじゃないでしょうか。アシモフで言うと鋼鉄の太陽もファウンデーションもいいけど神々自身のセックス描写wは要らん、と感じるタイプには向かないんじゃないか。(なんだその説明)
普通にSFが読みたい人は同作者でも他の中篇集なんかを読んだほうが確実だと思います。普通に面白いし素敵です。

というのも、以下はあくまで自分の個人的理解なのですが、おそらくこれはSFの皮をかぶったニア(純)文学なのです。それも最大級に成功したニア(純)文学の
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
昔、叔父が単行本の、美しい本を持っていたので、吸いつけられるように読んだのがきっかけ。

だけど、中身もとても美しく驚いた。

たとえ、ぐちゃぐちゃ〜なシーンでも、美しいんです。

それから文庫で買いなおし、何度も読みました。

大原さんの本は、大方読みましたが、

やっぱりこれが一番好きです。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 とり トップ1000レビュアー 投稿日 2014/5/11
形式: 文庫
アディアプトロン機械帝国に対抗するため人類が作った「ハイブリッド・チャイルド」は、機械と生物を融合させた特殊兵器。有機物・無機物のあらゆる特性を取り入れ変容する。あるとき実験中の「兵器」のひとつが自我を持ち逃亡、偶然出会ったヨナという少女に好意を抱く。一方「兵器」を追う軍部には800年の年月を逆行、若返りながら生きる「時間的奇形」の老人がいて・・・

短篇と中篇で構成された連作SF小説。「母」という概念を巡る、暴力的かつ破壊的かつ血腥い世界を、独特の世界観のなかで描いた作品。少女の体を無惨に破壊してしまうグロテスクさと狂気は、どことなく笙野頼子『二百回忌』や『母の発達』を髣髴させるが、文体がパワフルすぎて、腐りそうに熱っぽい作者の傷口が身近に感じられる笙野作品とは違って、『ハイブリッド・チャイルド』の傷口は、ガラスの中に閉じ込めたミニチュア世界のように遠い。それは、母と子の、永遠に続くであろうグロテスクな呪いを甘い痛みに変えてしまう、魔術的な距離で、なんとなく、この距離感こそが印象に残る作品。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover