¥ 432
通常配送無料 詳細
残り17点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ハイキュー!! 19 (ジャンプコミックス) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ハイキュー!! 19 (ジャンプコミックス) コミックス – 2015/12/4

5つ星のうち 4.6 34件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 432
¥ 432 ¥ 108
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ハイキュー!! 19 (ジャンプコミックス)
  • +
  • ハイキュー!! 20 (ジャンプコミックス)
  • +
  • ハイキュー!! 22 (ジャンプコミックス)
総額: ¥1,296
ポイントの合計: 39pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

県代表決定戦決勝第2セット。烏野は月島と西谷を中心としたトータル・ディフェンスが功を奏し、王者・白鳥沢に食らいついていく!! 互いに一歩もゆずらぬ攻防が続く中、拮抗を崩す1点を決めるのは……!?



登録情報

  • コミック: 188ページ
  • 出版社: 集英社 (2015/12/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088805666
  • ISBN-13: 978-4088805665
  • 発売日: 2015/12/4
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 34件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 itgaki VINE メンバー 投稿日 2016/12/22
形式: Kindle版 Amazonで購入
月島がバレーにはまる瞬間!

この年代の醒めた少年代表の月島が、ギリギリの厳しい戦いの中で得た達成感。
そこまでの過程が走馬灯のように思い出され・・・・
何度読んでも鳥肌が立ちます!

面白い!!!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
ついに、ツッキーにも”その瞬間”が訪れる時がきました!!!!!
第三体育館での木兎の言葉がここで登場・・・・!!!!!こういうシーンがあるから、ハイキューって何度も読み返してしまうんですよね!!!!
と思ったら、最後に木兎と赤葺が登場、そして爆笑!
ハイキュー最高です!!!!!
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
もともと絵は綺麗なタイプではなくて、自分もそれで読むのを見送っていました。しかし、漫画は画力よりもストーリーです。この作者よりうんと画力があって、画集のような本を出す方も見てきましたが、週刊でクライマックスを作る構成や、ダイナミックなコマ割りなど出来ないと、漫画として軍配が上がるのは絵が下手でも面白い物語の方だと思います。19巻でも十分見せ場があり、質が落ちたとは(作品としての総合)感じなかったため、目を瞑っていられる範疇の絵の乱れである。…と付け加えさせていただきます。
綺麗に越したことはないですが、線の乱れも躍動感が求められる漫画では表現法の一つとしても解釈できますので。絵で見切るには惜しい漫画だと思います。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
表紙を見ただけで、すでに一発感動してしまった。
こんな姿の月島を見れるなんて、19巻と言う数字にしみじみすると同時に
19冊のハイキュー!!にありがとうを言いたいです。

絵柄については、このままかも知れないし、これから更に変わるかもしれないしで、
とにかくこの素晴らしいストーリーを堪能し尽くしたい。
一人一人の台詞や心の中の声の表現がうなるほど絶妙だし、ここに試合の進行がからみ合って
読み返す度に新しい発見があってと、個人的には回を追う毎に深みを増しているように思います。
これを打ちながら、すでに読み返したくてウズウズしてきている。

あと何巻待てば、勝敗を早く知りたいストレスから解放されるのやら。ああ~、待ち遠しい。
次の表紙も楽しみだな。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
待ちに待った言葉を聞くことができました。

「システムだ」と。

日向の反対は影山でもありますが、月島もまた反対語です。

皮肉な冷静な熱血ではないキャラクターとしての存在が、とうとう表舞台に出てきました。

作者の張った伏線、なかなかのものです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
冒頭から対白鳥沢戦でのテンションの高い攻防が繰り広げられ、
そして、いよいよ、ツッキーがバレーにはまります。
ネタバレになるのであまり詳しく書きませんが…試合中のある出来事が彼にバレーの面白さに気づかせます。

俺の時代きたー!と感じているかもしれませんが、月島の表情はクールです。

でも、その瞬間、月島は、兄との確執、バレー(部活動)への懐疑、自分の中にあった自ら作ってしまった壁、そういった全てから解放されていき、より自由に自分のバレーを求めていきます。
青春の一時代にしか、出会えない貴重な瞬間を見事に描ききっていると感じました。

もう冒頭から、感動の涙、涙ですよ。

飛べ! 烏野!
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
まだ試合は続きますが、
この巻は何度も目がうるうるしました。
ハイキューは1人1人を大事に描いていている所が本当にすばらしい。
メインキャラが才能の開花だけで切り抜けるのではなく、他のキャラの個性に助けられて、お互い補いながら1点をもぎとっていくのが最高です。
ハイキュー これからも応援してます。
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 南天 投稿日 2015/12/11
形式: コミック
月島が積み上げてきたプレッシャーの結果、とうとうドシャット。
きた!こっちまで快感ですな。
そしてこの巻もそれぞれが合宿や前までの試合で
身に付けた技術や、力の限り絞り出してきた知恵が発動され
まさに総力戦。
試合ごとに成長するって、すべてを出すってこんな感じなんだ!
ゾクゾクした。

月島がメインで輝いているのも満足ですが
田中の日向を受ける一言に参った。
これはきた。かっこよすぎ。
1年生が成長し始めて完成するまで
周りのサポートあってこそ。
先輩たちが粒ぞろいでかっこよかった・・・!

そして月島覚醒ページの次頁のおまけ木兎が。
赤葦の突っ込みで、こらえきれず大爆笑。
本編が面白い時は、こういうのも面白いからたまらないな。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー