通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ハイキュー!! 1 (ジャンプコミックス) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

ハイキュー!! 1 (ジャンプコミックス) コミックス – 2012/6/4

5つ星のうち 4.5 79件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 432
¥ 432 ¥ 1

この商品には新版があります:


この商品はセット買いができます
『ハイキュー!! 1-26巻セット』 こちらチェック
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ハイキュー!! 1 (ジャンプコミックス)
  • +
  • ハイキュー!! 2 (ジャンプコミックス)
  • +
  • ハイキュー!! 3 (ジャンプコミックス)
総額: ¥1,296
ポイントの合計: 39pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

登録情報

  • コミック: 187ページ
  • 出版社: 集英社 (2012/6/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088704533
  • ISBN-13: 978-4088704531
  • 発売日: 2012/6/4
  • 梱包サイズ: 17.4 x 11.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 79件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
中学時代に敗れた相手に高校に入りリベンジを誓う、というわかりやすく面白いスポーツ漫画です。
ジャンプを読むのは「こち亀」以来かも。
バレーボールのコミックというありそうでなかなかないジャンルも魅力です。
今度既刊を集めようと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
1~7話収録。

バレーボールについてテレビで観戦してるくらいで知識が無いけど、面白かった。
主人公・日向はアタッカーだけど中学時代は一人ぼっち練習するしかなくて、影山(セッター)はストイックさにチームメイトが離れて、2人とも悩み?悲しみ?を抱えていた。
最初は喧嘩したりギクシャクしていたけど、お互いをだんだん認めて最高のチームメイトになっていきそう・・・な予感がしてワクワクする話でした。
日向に影山がトスしてくれたシーンが好きだ。

アタッカーにボールをトスするのがセッターって言うんですね。しかも頭脳派な役割!これからの試合も面白そう。。
先輩たち・菅原さん、田中さん、澤村さんが良い人達で、2人のことを観察する台詞がわかりやすかった。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
自分の人生の中に、バレーボールが当たり前に馴染んでるんですが、このコミックスに手を伸ばしたのもそのひとつでした。

全身バネの主人公、日向翔陽、に沈着冷静なセッター影山飛雄、二人合わせて“飛翔”だなんて、これは運命の出会いかも?!

1話で日向がスパイクをキメそうになったところで感無量、涙で視界がぼやけてしまい、涙を拭くため、一旦、コミックスを膝の上に置いてしまいました。
75ページでは、『あっ、影山、こんなイイ顔もできるじゃん!』と早くも私の心を持ってかれています。
冷めてるようでも、いかにセッターがカッコイイか、熱く語るところは年相応の高校生に見えましたし、日向もその名の通り、元気で明るく勢いがあって、まるで息子のようにかわいいです。

設定としては、主人公・日向と好対照なライバル(?)影山、佳きパートナーとなるのは見え見えなのですが、物語は始まったばかりです。もっともっとぶつかり合って“絆”を深めていって欲しいと思います。
脇を固めるチームメイトも一癖も二癖もある奴らですが、熱さに変わりはないと思います。

“小さな巨人”についても気になるし(いつか、出てきそうな気がする)、とにかく、日向のキーワードは“未知数”の一言に尽きます。

絶対、最後まで
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
人物描写、作画、ストーリーのテンポ完璧ですね。

1巻の情報量も半端じゃない。
何度も読み返してしまうほど、内容の濃い面白さ。

スポーツものは数あれど、最後に感動したのは某バスケ漫画。
それ以来、佳作はあってもイマイチハマれないなーと思ってたんですが、ハイキューは別格。

バレーに対する登場人物の思い入れの強さが、他の作品の追随を許さない。(ある種のホラー)
主人公2人の熱さは、バレーに対するこだわりを感じさせる。
こだわりがあるから、簡単には譲れない。

これを表現できる作品って、実はあんまり無いと思います。
コメント 61人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Amazon Customer 投稿日 2013/3/18
形式: Kindle版 Amazonで購入
僕はバレーボール部だからとても興奮しちゃいました!
あんな才能とかは無いけどなんか頑張っていこうと思いました!
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
キャラクターに魅力があるわけでもない、熱くさせてくれるわけでもない。
周りの評判は良かったが、何が面白いのか分からなかった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 匿名希望 投稿日 2012/7/4
形式: コミック
六年ぶりにジャンプコミックを購入しました。

Amazonと読書メーターで評判だったのですが、読んで納得。

確かに面白い。
正直、もうジャンプでスラムダンクくらいハマる作品は出ないのだと思い、コミックを買うのも抵抗があったのですが、とんでもない勘違いでした。
ジャンプには週間でもこんなに面白い漫画があるのですね。

スポーツのリアル感と漫画らしいフィクションが良い具合にマッチしています。

教えてくれた皆さんのレビューに感謝です。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー