通常配送無料 詳細
残り13点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ノーゲーム・ノーライフ6 ゲーマー夫嫁は世界に挑ん... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 vitamin-bks
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※必読 最後までお読みください※ 第2刷。ふちに若干傷みあります。封筒とクリスタルパックのみの簡易梱包。店頭併売のため売り切れの際は注文キャンセルにて対応させていただきます。日本郵便ゆうメール(追跡サービス無し)で発送いたします
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ノーゲーム・ノーライフ6 ゲーマー夫嫁は世界に挑んだそうです (MF文庫J) 文庫 – 2014/4/24

5つ星のうち 4.8 61件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 626
¥ 626 ¥ 203

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ノーゲーム・ノーライフ6 ゲーマー夫嫁は世界に挑んだそうです (MF文庫J)
  • +
  • ノーゲーム・ノーライフ (5) ゲーマー兄妹は強くてニューゲームがお嫌いなようです (MF文庫J)
  • +
  • ノーゲーム・ノーライフ7 (MF文庫J)
総額: ¥1,878
ポイントの合計: 44pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が発売開始!
新作長編「騎士団長殺し」が発売開始しました。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

ゲームで全てが決まる世界【ディスボード】――を創った唯一神テトは、エルキアの路地裏で、ひっそりと……空腹で行き倒れていた。いづなの施しで生き存えたテトが語るは、「六千年以上前の物語」――天を割り地を裂いた『大戦』を“ゲーム"と断じ、世界に挑んだ男とその傍らに寄り添った少女。
「――なぁ、またゲームしようぜ……今度こそ、勝ってみせるから、さ……」
記憶にも記録にも遺らない、それでも“僕"だけは忘れない物語――
“最も新しき神話"へと至る“最初の神話"――大人気異世界ファンタジー、第6弾!!

内容(「BOOK」データベースより)

ゲームで全てが決まる世界“ディスボード”―を創った唯一神テトは、エルキアの路地裏で、ひっそりと…空腹で行き倒れていた。いづなの施しで生き存えたテトが語るは、「六千年以上前の物語」―天を割り地を裂いた『大戦』を“ゲーム”と断じ、世界に挑んだ男とその傍らに寄り添った少女。「―なぁ、またゲームしようぜ…今度こそ、勝ってみせるから、さ…」記憶にも記録にも遺らない、それでも“僕”だけは忘れない物語―“最も新しき神話”へと至る“最初の神話”―大人気異世界ファンタジー、第6弾!!


登録情報

  • 文庫: 325ページ
  • 出版社: KADOKAWA/メディアファクトリー (2014/4/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4040663829
  • ISBN-13: 978-4040663821
  • 発売日: 2014/4/24
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 61件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 20,559位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
正直、期待してたのは続編だった。サイドストーリーとかどうでもいいわーと思っていたが、見てみると引き込まれる。
今回は大戦時の話だが、王道的なストーリーだったが、サイドストーリーの主人公がいい味を出しすぎていた。
読み進めているうちにその世界とキャラにのめり込んでしまい、ジブリール戦が終わったあたりからもう泣きながら読んでいました。かなりの鳥肌ものでしたし、オススメできる作品です。
読み終わってからはジブリール…あんた…ってツッコミは入れたいです。ジブリールが余計なことしなければ…まあジブリール可愛いからいいんですけどね。
マイナス点をいうならやはり一巻だけなので描写が物足りなく感じかもしれません。アルトシュ戦はもっと見たいなーとも思いましたしね。
コメント 69人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
今回のお話は今まで謎だった大戦時代の人類の活躍のお話でした。
正直最初はどうなのと思いならが見ていたのですが、読んでいるとすぐに
話の内容に夢中になり後半ボロボロ泣きながら読んでいました。
ここまで泣けたのは久しぶりな気がします。
最後のあとがきで作者の方がジブリールを嫌わないであげてくださいとの
コメントが少し笑えました。
コメント 64人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 本編は軽快な萌えネタ、エロネタ、キャラいじり、キャラクターの魅力等で進行させつつ、その中でも肝心のゲーム内容ではその裏側で展開される深謀遠慮と共に充分に知能戦を見せてくれたりだとか、徐々に世界全体の構造や遊戯の神であるテトとの勝負の舞台であるゲーム盤、種の駒等に関する伏線が張られていくのでなかなか興味深く読ませてくれる作品と感じてきました。
 ただ、あくまでそこにあるのは死が排除されていたり、ゲームなら絶対に負けないであろうと読者にある種の安心感さえ抱かせてくれるような鉄壁の『  』という主人公兄妹中心の痛快娯楽活劇的な要素で、あまり暗くならずに読める部分があり、シリアスになりきらず(死人も出ないままに)、展開していくのが特長でもあり、あえて言うと少しだけ緊迫感を損なう部分だったかもしれません。
 ただ、今回は争いが排除されたゲーム盤世界が成立する前のガチの化け物共が血で血を洗う戦争を繰り広げる中での、ただ殺されないように耐え忍び隠れ潜むしかない人類のある少年が主人公なので、緊迫感が段違いです。大きな喪失も含むストーリー展開ですが、ボロボロになりながらも進む主人公&ヒロイン……最終的に成し遂げたその偉業に、後半、涙が正直止まらなくなり、どちらかと言えば、楽しく読みきっていた印象のあるノーゲーム・ノーライフでこれだけ泣かされるとは……と感じました。緊迫感のある命
...続きを読む ›
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この種の番外編は大抵イマイチなので期待していませんでしたが、本編より夢中になって読みました。
この物語はもう終わって続きは無い、それを思うと実に寂しい。そう思わせてくれる作品は名作です。
そういう作品に久しぶりに出会いました。
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
既にいろんな方が書かれていますが、本巻はあくまでサイドストーリーですが
本編並か人によってはそれ以上の作品になってると思います。
ネタバレは避けたいので細かくは書きませんが、
「なんだ。サイドストーリーか。」という感覚で
本巻を読むか読まないかで、ノーゲーム・ノーライフという作品そのものに感じるものも
大分変わってくるんじゃないかなぁ思います。

いやぁ・・・まさかこんなことがあったなんてねぇ
コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
兄妹の活躍が見たくて読み始め→『 』の居る現在より6千年前の暗澹とした昔話でグッタリ
(正直ラノベの番外編は「そんなんどうでもいいから続きはよ(゚�听)」みたいなのが多いので‥)
‥と思いきや、本当は単行本3冊分位必要じゃね?って程の息もつかせぬ高密度とカタルシス
久々に夜なべして一気読み2周してしまいました。
輪廻転生は作中でも否定されてますが、次は幸せになって欲しいなぁ‥(';ω;`)ブワッ‥と
願わずにはいられないです。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この巻は盛大なサイドストーリーだった。読み始め、おい、本筋まだかと何度も思った。
だが読み終えて一息ついて考えると、この一冊は必要なサイドストーリーで、空白二人の活躍を望む私にも望まれる一冊だった。

この巻には空白の二人はほぼ出てきません。
でも安心してください、サイドストーリーだと落胆した人でも物語に引っ張って連れて行ってくれる魅力的な二人が登場します。
そしてこの二人のお話を読んだ後、空白の二人への思い入れはより強くなるでしょう。
読み終わったあとに空白二人への愛着が、一切出てきてないのに深まる、これが6巻の醍醐味かなと思います。

おい、ノーゲーム・ノーライフのくせにコンセプトまじめすぎやしないか?おいほんとかこれ?
まぁ、個人の感想だしきっと大丈夫だ、すくなくともおれはそう感じた。
ああ、もう、6巻読んだせいで余計に本筋がどうなるか気になっちゃったじゃないか、7巻はよ。
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック