日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

ノーゲーム・ノーライフ ゼロ

 (308)7.51時間46分2017G
一切の争いを禁じられ、全てがゲームで決まる《盤上の世界(ディス・ボード)》。無敗の最強ゲーマー兄妹・空と白がこの世界に降り立つ六千と余年前、天を裂き、星を殺した、悠久の大戦を生きた少年と少女がいた。これは現在へと至る過去を紡ぐ、最も古き神話。語られることのない物語が今、幕を開ける--。©榎宮祐・株式会社KADOKAWA刊/ノーゲーム・ノーライフ ゼロ製作委員会
監督
いしづかあつこ
出演
松岡禎丞茅野愛衣日笠陽子
ジャンル
アニメ
オーディオ言語
日本語
レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると3日でレンタルが終了します。

プライム会員の方は追加料金なしで視聴できます

ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
『ザ・マスクド・シンガー』9月3日20時、独占配信開始!

「WHO IS BEHIND THE MASK 歌っているのは誰だ!?」マスクをかぶり完全に正体を隠したスポーツ界の英雄、J-POPのレジェンド、主演女優、芸人など誰もが知っている12人のスーパーセレブがその歌唱力と奇想天外なパフォーマンスを競い合う。あなたは誰が歌っているのかを当てられるか?
今すぐ観る

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

出演
田村ゆかり井口裕香能登麻美子沢城みゆき釘宮理恵諏訪部順一大川透  興津和幸Lynn  堀江由衣森なな子竹内良太
提供
myシアターD.D.
レーティング
G(年齢制限なし)
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

レビュー

5つ星のうち4.5

308件のグローバルレーティング

  1. 77%のレビュー結果:星5つ
  2. 10%のレビュー結果:星4つ
  3. 6%のレビュー結果:星3つ
  4. 4%のレビュー結果:星2つ
  5. 4%のレビュー結果:星1つ

レーティングはどのように計算されますか?

カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

三好2020/12/25に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
泣くな言う方がムリ。
確認済みの購入
まずこの映画、ファンサや蛇足みたいな風に語られていますが
これは原作の榎宮先生が最初に書いた作品なんです(ノーゲーム・ノーライフとして)
だから前述の様に否定的な意見はざっと目を通しましたが、あまり的を射てなかったり、何見ても文句言いたがる人という印象だったので気にしないで下さい。

とても面白い映画ですが、万人に受けるものは存在しません。開始10分でなにもそそられなければ見るべきでは、ないでしょう。

予告編とかみて少しでも何かを感じた人は見ないと損します。これほんと笑

声優さんの演技も素晴らしく、アニメーターさんたちの仕事も半端ないです。

できれば大きな画面で見てもらうのがいいかと思います。
戦闘シーンなんかはスマホではやはり、のめり込めないと思いますので……。

では、この辺で。
92人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
ハウアー2020/12/30に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
2回目見たら泣きました
確認済みの購入
ラノベの原作を読んでから1回見ましたが、その時は泣けなかったんです。
原作通りですし特に不満もなかったのに。今となっては原因はわかりません。

そしてまたおすすめ動画に出てきたので、ふと見てみたんです。

今回はちゃんと集中してみたからでしょうか。
シュヴイが健気すぎてほんとに泣いてしまいました。

ジブリールとの対戦中にクラスタと同期を依頼する際の言葉がもうすべてです。
はずかしいもん とか 全部シュヴィだけのもだもん 
というセリフに涙腺崩壊しました。

1度見て泣いた人、1度見たけど泣けなった人。
どちらにもおすすめです。

私と同じようにもう一回見ましょう。
話は分かってから見直してみると、また違った感じ方ができます。
そしてそれは本当に良い作品である証拠なんだと思います。

音楽、作画、声優の演技、エンディングソング、エンディング映像
すべて素晴らしいです。

原作者の体調不良などの要因で2期はまだ実現していませんが、
続きが本当に楽しみな作品です。

作成にかかわったすべての人に感謝します。
33人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
新参者2019/12/02に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
力作
確認済みの購入
まず、スタッフの意気込みが半端無い。このクオリティの映像を一・五時間ぶっ続けるとか狂気の沙汰。それだけでも700円の価値は余裕であった。
根本的な内容は一辺倒で、二人が出会ってから同じことしか言ってないけど……、これを何度も何度も繰り返せるというのは普通はできない。どこかで転に運ばないとやっていけない、と思うところを転無しでぶっちぎるとは思わなかった。
こういう力押しって、そうそうできる事じゃないと思う。
きっと、監督、プロデューサー、上層部各位のリードマン達の熱意が半端なかったんだろなー。じゃないと、このクオリティは出ないでしょうね。
本来、変化球投げまくりのシリーズ構成でありながら、今作では直球一本で三球三振に取られた。
でも、これがこのシリーズの根幹にある素直さなのかな? って思うと、シリーズを見直したくなる。
幕間の劇場版としては、理想的な作品だったと思う。
39人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
くろこ2021/01/08に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
称賛しかない
確認済みの購入
イラストが知らないキャラばかりなので、見るのを躊躇していました。
実際30分くらいは、シナリオの焼き回しかと思いつつも我慢していましたが、見終わった後は称賛しかありません。

まず、ゼロ、つまり過去編でありながら年代が違い過ぎて、本編とほぼほぼ絡まないのに、この話を映画にしたその勇気を称賛します。
ひとつ間違えれば、酷評されるでしょう。

そして、本編のゲーム性を無視しているともとれるアクション特化の映像。
しかもそのアクションがいやー凄すぎ。
ケチ付けるのは簡単ですが、ならこれ作ってみろの一言で全ての低評価が覆ります。
あえて汚い言葉を使わせていただきますと
「この映像を称賛できない奴がまともなクリエイターになれるわけないだろ」
です。
他と次元が違うレベル。

更に言うと、本編とは違いゲーム性が損なわれているように見えますが、これはですね、最後に到達するまでが戦争という名のゲームなんですよ。
ネタバレになるので詳しくは書きませんが。

誰かに用意された市販のゲームしか浮かばない人なら、ゲーム名、チェスとかポーカーとか、専門用語、ストラテジーとかローグライクとか銘打ってないと、ゲームと認識できないかもしれまんが、そもそもゲームのルールを作ってるのは製作者なんですよ。
製作者が自分なら自分が作ったルールでゲームが作れるんです。
ゲームっていうのは本来そういうもので、それがカテゴライズされて、ストラテジーとか言われるようになったり、ルールが公用化して、チェスやポーカーと言う名前が付いただけなんです。

そういう意味で、まさにノーゲーム・ノーライフのタイトルに相応しいシナリオでした。
素晴らしい作品をありがとうございます。
26人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
せいぢる2019/01/10に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
泣くほどの事はなかったけれど
確認済みの購入
テレビ版のノーゲームノーライフが好きで、高評価の劇場版も観てみようかと思いレンタル。私の時は700円でしたが、内容からすれば高くはないと感じました。映像も音楽もさすがは劇場版、迫力が違います。

テレビ版のずっと前の時代にあった出来事のお話で、テレビ版では解説されていないノーゲームノーライフの世界を知ることができます。きっと次のテレビシーズンが来るんだな、と言う展開もあり、シリーズ同士をつなぐアクセントになる作品だと思います。

泣ける、との評価が多かったですが、おじさんの目と心は乾きすぎているためか、そこまでの感動はありませんでした。
ですが、ノーゲームノーライフらしい土壇場で状況をひっくり返す展開は心地よかったです。

テレビシリーズがお好きな方は観て損はないと思います。
35人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
Amazon カスタマー2018/12/08に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
ノゲノラ視聴者は観とくべきかもね
確認済みの購入
世界の終わりと新たな始まりの物語て感じかな。
まぁ・・・とりあえず後半10分以上ずっと泣いてしまった( ;∀;)

少し高いけど損はないと思うしグラフィックやストーリーもいい出来だと思います。

さぁ、泣いてくれ('Д')
26人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
2019/04/08に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
所詮はアニメの劇場版と侮ることなかれ
確認済みの購入
アニメの方を観て面白かったので、そのまま続きで劇場版も観ました。
アニメ映画を観てこんな感覚はあまり感じたことがないです。良い映画でした。
他の方のレビューでもありますが、映画としてきちんと完成しています。
所詮アニメの劇場版、という感覚で観ないのは損かと。
僕は好きです。楽しめました。おススメです。
是非ともアニメの二期を観たい!笑
23人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
CGF2020/12/21に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
元の話はすっかり忘れていたが
確認済みの購入
確か引き籠りのゲーマー兄妹が異世界でゲームで無双する様なやつだったよね。
漫画ではある時期以降増えた屁理屈バトルもののラノベ版みたいだったのは思い出した。
そう云えば、その異世界のルールみたいのがあったよね。
そのルールの成り立ちを描いたのが本作だが、元のってもっとコミカルなやつだった記憶だったんで、シリアスに進む本作はそれらを見ながら思い出したのは中盤以降だった。
要は本編の主人公が過去の人物の転生的な位置にあるって事だよね。
その辺の感覚が日本的だなと思ったが、wiki見たら作者はブラジル生まれのクォーターだかで、だからこそ逆にそう云う東洋的な感覚を入れてしまったのかも知れない。

設定自体は色んなもんを見て分析してる感があって、しょうもないラノベよりは拘っていると感じるが、神のキャラと今回の転生的な要素で、割と現代のクトゥルーもの的なのを参考にして作ってるのかとも感じた。
ただ、原作各巻のあらすじを読む限り、過去の再現的な戦いがある前に過去に何があったかを書いた分らしく、TVではそこまで進んでおらず、また原作はその後はおちゃらけ路線でもう2年以上放置されているのを見ると、これをやってしまうなら完結に向かわすべきだったのだろう。
確かTVも二期とかやってないよね。

一応、本作単品でも話は分かったし、後半の見所っぽいところはあまり面白く感じなかったが、世界や戦争状態の設定と人間種族の扱いなどは面白いと思ったので★4としたが、細かい変な部分、もしかしたらセリフだけ抜き出してるから原作では何らかの説明などもあるのかも知れないが、そこら辺、気になる部分は残ったので満点には出来なかった。
あと、頭脳戦で成り上がる系で過去の英雄的人物の転生的な意味を入れるのは正直シラケる部分もある。(昭和末期に流行ったオカルト系の前世は〇〇でした的な感じって、本来、頭脳戦とは真逆のベクトルだよね)
そこが本編の大きな伏線なら仕方がないが、現状、中途半端感が強い。

まぁ、元の作品のファンならとても楽しい作品なんじゃないかと思う。
自身は最初の方に書いた程度で、本作最後に出てた主人公兄妹以外(実際にはこの兄妹が義理だとかも覚えていなかったが)のキャラがどんなんで、TV版もどう云う展開だったかも思い出せないレベルなんで、それでも単品でそれなりに見れたと云う意味も込めての★4と書いておく。
もう少し終盤の戦闘とか面白ければ良かったんだけどね。
もしくはずっと最初の感じで地味にいくか。
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
すべてのレビューを表示