ノン子36歳(家事手伝い) [DVD] がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ノン子36歳(家事手伝い) [DVD]

5つ星のうち 3.0 31件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,935
価格: ¥ 3,926 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,009 (20%)
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 3,926より 中古品の出品:7¥ 3,489より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ノン子36歳(家事手伝い) [DVD]
  • +
  • 箱入り息子の恋 DVDファーストラブ・エディション
  • +
  • 去年ルノアールで ~深煎りブレンド~ [DVD]
総額: ¥11,545
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 坂井真紀, 星野源, 津田寛治, 佐藤仁美, 宇津宮雅代
  • 監督: 熊切和嘉
  • 形式: Color, Dolby
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • 発売日 2009/06/21
  • 時間: 105 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 31件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001UPL3Z0
  • JAN: 4988101142231
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 2,759位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

【キャッチコピー】
最後にしたの、いつだっけ?
その内容が話題を呼びロングラン上映となった、ダメダメ三十路オンナの青春恋愛映画。

【解説】
「鬼畜大宴会」で強烈デビューの熊切和嘉監督7作目にして初の女性映画。「青春☆金属バット」でコンビを組んだ坂井真紀を主演に、熊切の原案を宇治田隆史が脚本化。ダメダメ三十路オンナの生態をリアルに描く。ノン子に「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」などで新境地を開く、体当たりの実力派女優・坂井真紀。マサルに「69 sixty nine」の星野源(SAKEROCKのギタリストとしても活躍)。ノン子の元ダンナに鶴見辰吾。そして、津田寛治、斉木しげる、宇津宮雅代、新田恵利、佐藤仁美、舘昌美ら個性的な俳優たち。
撮影は、全編埼玉県寄居町と秩父市で行われた。そこは東京から1時間、どこかに昭和の雰囲気が残る不思議な空間。「天然コケッコー」の近藤龍人の撮影はリリカルで、赤犬によるアイリッシュテイストの音楽が胸をしめつける。
また第38回ロッテルダム国際映画祭に正式出品、さらに「映画芸術」の2008年度日本映画ベストテンで1位を獲得するなど、高い評価を得ている!

【ストーリー】
東京で芸能人をやってみたけど鳴かず飛ばず。マネージャーと結婚したけど即離婚。三十路半ば、バツイチ出戻り、実家の神社で家事手伝いのノブ子(通称ノン子)。セックスだって、いつしたかもう分からない…。やる気なしのノン子の前に、神社の祭りでヒヨコを売ってひとやま当てようという若者、マサルが現れた。世間知らずで、情けないけど、ひたすら一途で真っ直ぐな年下クンに、笑顔を忘れたオンナが、閉ざしていた心と体を少しずつ開いていく…。

【キャスト】
坂井真紀/星野 源/津田寛治/佐藤仁美/宇津宮雅代/新田恵利/斉木しげる/鶴見辰吾

【スタッフ】
監督:熊切和嘉
脚本:宇治田隆史
音楽:赤犬
主題歌:「太陽のラ」PoPoyans(Good Records)
製作:安西崇/石井徹/日下部孝一
プロデューサー:小林智浩/佐藤現/日下部圭子
企画:木村俊樹
撮影:近藤龍人
照明:藤井勇
録音:吉田憲義
ラインプロデューサー:星野秀樹
制作協力:ステアウェイ
製作:日本出版販売/東映ビデオ/ゼアリズエンタープライズ

【公開日】2008年12月公開

【視聴制限】R-15 ※15歳未満(中学生以下)の方への映示、貸出、販売を禁じます。

【スペック】
●映像特典(予定)
◆劇場予告
◆メイキング
◆キャストインタビュー集
◆熊切和嘉監督インタビュー
◆初日舞台挨拶
◆埼玉先行上映ドキュメント
◆国際映画祭ドキュメント
◆ポスターギャラリー
●ピクチャーレーベル
DSZD08533/4,700円(税込4,935円)/COLOR/本編105分/片面2層/1.主音声:サラウンド/16:9LB

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『青春☆金属バット』の熊切和嘉監督が、坂井真紀主演で描く女性映画。30代半ばのバツイチで、実家の神社で家事手伝いをするノン子。無気力な日々を送っていた彼女は、年下で世間知らずだが一途なマサルに出会い、閉ざしていた心を開いていく。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
(すいません。純粋な映画ファンではありません。)
坂井真紀のSEXシーンがあり、上半身をあらわにしてます。
画面は明るいですし、アップになりますので、しっかり乳首を確認できます。以上報告!
コメント 78人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
星野源さん目当てで観ました。
主人公が清々しいクズっぷりですね。
自転車でゴミ箱をひたすらひっくり返していくシーンは笑えます。笑
ダメ人間が出てくる映画が好きなので、その点では割とはまりました。

ラブシーンですが、源さん好きとしては有難かったです(笑)坂井さんも綺麗です!
期待してなかったのですが、源さんのラブシーンは貴重だと思うので観ておいて良かった!

あと、みなさんが意味が分からないと言っているチェーンソーを振り回すシーンですが、
あれはノン子がうるさい!とお祭の音を嫌がったからお祭を止める為にやったのだと思います。耳を塞いでいた主人公は、音が止んだことで神社に戻っているわけだし。

そう思うと、常識はずれとは言え辻褄が合いユニークな愛情表現なのだと受け取れました(=^x^=)

その後の変化が分かるともっと楽しかったです。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
36歳とは微妙な歳だ。その微妙な年頃をノン子/坂井真紀が えんじる。
父母との関係,バーを経営している友人との関係など,距離感があるのが
雰囲気として 醸し出される。
唯一のはけ口は 自転車で走る時に、ゴミバケツを蹴っ飛ばすこと。
なぜか、ほほえましい。

マサルに対して 距離を保ちながら 好意がうまれるのが、ほのぼのとして,家族は とまどう。
元夫 鶴見辰吾の いい加減な言葉に ノン子は 惑わされる。
なにかが たりないので、なにかが ほしいのだ。
マサルのラストが 痛く。青春とは 破壊で成り立つ。
津田寛治が 地のままですね。ノン子は 無邪気に ニワトリと戯れる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
主役の考えていることも、共感も全くできませんでした。
エグいシーンで、私は見たくない場面もありました。

でも、星野源さんの演技、シーン、役には感情移入できました。
営業権利?か何かの問題とかで、お店を出せなかったかもしれませんが、
彼なりに一生懸命に仕事をしようとしていて、ただの商品としてではなく、ヒヨコを大事にしていて。
ヒロインのことを、本気で好きになり、その彼女を大事に思うからこそ、
彼女の為に、お祭りをやめさせようとした。
方法が間違っていたとしても。
チェーンソーを振りまわしているうちに、
自分が事前に何回も頼んで、でも信じてたのに、お店を出せず、
追い出されたということの怒りも混じってしまったけど、

元は、彼女の為に祭の音を止めたかった。
彼の気持ちが痛々しくて、私には凄い悲しいシーンでした。

星野さんが演じていなければ、救いようのない映画になりそうだったところ、
星野さんの演技でそうはならなかったと思いました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 一色町民 殿堂入りレビュアーVINE メンバー 投稿日 2009/6/16
家事手伝いなんて言いつつ、ちっとも家事の手伝いなんてしちゃいない...。自転車に乗って帰る道すがら、わざと路上のゴミバケツにぶっつけたり、看板を突き飛ばしたりして不満をぶつけている。
ノン子(この名はnon-koつまり「無子」とも読める)に未来はないし、過去も思い出したくないことばかり。彼女は、「どこにも」居場所がないと同時に「どこにでもいる」ような存在である。彼女は、夢をいだかない。目的も持たない。明日を考えない。今日の予定もない。

36歳というのは、女性の転換期なんですかね? ノン子とは環境が違うとしても、まぁ、夫とは思いがすれ違い、子供は、親の言うことを聞かななくなる頃だし、「不倫」適齢期でもあります。結婚しない女性も増えているから、その場合は、「もはや簡単には結婚できない」→→「今、子供を生まないと生めなくなる...」といった焦りを感じる歳でしょう。ノン子は、共感しづらいダメ女(今風に言えばイタい女)なのかもしれないけれど、その意味で、ノン子に自己投影できる部分はあるかもしれません。

坂井真紀が壊れる一歩手前のフテクサレのヒロインを、それなりの存在感で演じていた。また、脱力系タイトルとはウラハラに、バストも露わな全裸シーンもあり、文字通り体当たり演技。「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」でも、自らの顔を殴り、お岩のよう
...続きを読む ›
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す