Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
    Apple
  • Android
    Android
  • Windows Phone
    Windows Phone
  • Click here to download from Amazon appstore
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

購入オプション

Kindle 価格: ¥500

(税込)

獲得ポイント:
5ポイント (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle App Ad
[佐藤和弘]のノンテクの提言1: 医療現場の問題解決と組織変革

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


ノンテクの提言1: 医療現場の問題解決と組織変革 Kindle版

5つ星のうち5.0 3個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
¥500
【注目の新刊】: 紙とKindle本が同日発売の新刊、予約中のタイトルをご紹介。 今すぐチェック【待望のKindle化】: 紙書籍で人気を博した本の電子化新着情報をご紹介。 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

本書は、多くの医療現場の問題解決と組織変革をお手伝いしてきた筆者の経験をもとに、ノンテク(非専門技術)というたった1つのキーワードを通じて、医療の現状と未来を洞察したものです。

ノンテクとは、「ノンテクニカルスキル」の略で、「組織で問題解決する技術」を意味します。地域包括ケアの時代、多職種が連携して問題を解決していかなければなりませんが、それには職種を超えて使えるノンテクという共通言語が必要不可欠です。

現状ではまだ、ノンテク不在と言える日本の医療。しかしこれは、それだけ伸び代が残されているということを意味します。

テクニカルスキル(専門技術)に支えられている現状の医療現場において、さらにノンテクが広く深く普及すれば、日本の医療のレベルが一段高まる、筆者はそう確信しています。

【目次】
はじめに
本書の構成
【提言1】ノンテクという言葉の本質的価値
【提言2】組織のなかでスタッフが取るべき3つの選択肢
【提言3】空気の支配を打ち破る難しさ
【提言4】物事の判断はその前提を理解しなければならない
【提言5】組織の「メカニズム」の全体像を把握しておく
【提言6】経営の全体像から教育を考える
【提言7】チーム医療が実現できない深刻な理由
【提言8】議論の対立から逃げない
【提言9】チームとヒエラルキー
【提言10】組織変革と「選択と捨象」
【提言11】共通言語と個別言語
【提言12】医療現場の組織変革において究極的に重要な3つ視点
【提言13】組織変革の核心
【提言14】組織学習を現場実行に落とし込む難しさ
【提言15】組織変革の「文化」をつくる
【提言16】対立の解消の仕方
【提言17】相手に影響力を及ぼす「選択の自由」というパワー
【提言18】フレームワークは常に中立である
【提言19】ビジョンと能力開発はセットで考える
【提言20】リーダーの本気度
【提言21】組織の内部の人間だからこそ組織の内部の人間を変えることはできない
【提言22】人を動かす生態系の全体像
【提言23】ポジティブな空気をつくり込む
【提言24】医療現場の目標管理に足りない2つの視点
【提言25】リーダーに求められる3つの姿勢
【提言26】医療スキルを定義しなおす
【提言27】自分の強みは自ら意味づけ決める
【提言28】ノンテクはそれを使う医療者によって「顔」を変える
【提言29】修羅場体験の機会をできる限り平等に用意する
【提言30】ファシリテーターに公式のパワーを与える
【提言31】ノンテクというポータブルスキル
【提言32】批判的思考の組織への導入はロールモデルづくりから始める
【提言33】物事の「相違点」だけでなく「共通点」も意識する
【提言34】「選択の自由」と「正しい意思決定」はわけて考える
【提言35】集団バイアスを利用し変革を推し進める
【提言36】他責に逃げられない環境を自らつくる
【提言37】平時はand思考、有事はor思考
【提言38】過度の楽観か、健全な悲観か
【提言39】愚直にPDCAを回し続ける
【提言40】チームの自然なつくり方
【提言41】価値の連鎖とプロフェッショナル
【提言42】「水を差す」ことで空気の支配を打ち破る
【提言43】PDCAのすべての要素にこだわりきる
【提言44】リーダーの育成と「意思決定の回数」
【提言45】意思決定のはやさ
【提言46】ファクトを集めるときに陥りがちなワナ
【提言47】組織というモンスター
【提言48】組織変革と「2:6:2の法則」
【提言49】自分が「やりたいこと」や「やるべきこと」を信じる
【提言50】ノンテク実践報告の背景にある3つの共通点
【提言51】現場医療者において自己完結する学びはない
【提言52】「かゆい所に手が届く」体感
【提言53】楽しいアクティビティだけでは学習者の「だからなに?」に答えられない
【提言54】修羅場体験は退路を断つことでつくられる
【提言55】人は好き嫌いで判断する生き物である
【提言56】人は「立ち位置」がすべて
【提言57】テクノロジーとノンテクが次世代の医療を創っていく
【提言58】多職種連携時代のスキルセット
【提言59】ノンテクは単なる手段に過ぎない
【提言60】献立メニューは5W1Hでつくる
【提言61】組織は組織であるがゆえに間違った決断をする
【提言62】組織としてシンプルを極める文化
【提言63】本当に必要な仕組みを優先順位づけ実行する
【提言64】危険が最小限になる環境をつくる
【提言65】強烈なインパクトがあるスタースキル「問題解決(2W1H)フレームワーク」
【提言66】変革リーダーに求められる「人たらし力」
【提言67】あらゆる医療の未来にノンテクがつながる
【提言68】日常用語こそ使いこなす
【提言69】バンドワゴン効果とスモールウィン
【提言70】丘に登らなければその先の景色は見えない
【提言71】「スモールウィンが先、危機意識は後」が合言葉
【提言72】言葉にし続けることが思考を変える一番シンプルな方法
【提言73】医療の教育設計と学習者の「気づき」
【提言74】本当に頑張っているスタッフが報われる組織
【提言75】問題解決の副作用「一時的非効率の谷」
【提言76】「お試し」は組織変革の抵抗材料になりうる
【提言77】「土俵の違い」を認識する
【提言78】「前提」を意図的に提示する
【提言79】ノンテク用語という「標準語」
【提言80】理論や考え方は「浅く」翻訳する
【提言81】知恵は知識と思考のセット
【提言82】1つのテーマを選択と捨象し3年以上かけて組織に浸透させる
【提言83】情理のマネジメントができなければ返り討ちに合う
【提言84】人材マネジメントは「配置」が圧倒的に重要
【提言85】ノンテクとは「人」を知ること
【提言86】「性格」と「配置」の関係性
【提言87】組織変革におけるミドルリーダーに求められる能力
【提言88】ミドルリーダーの翻訳力
【提言89】目的思考と「なんのために」という言葉
【提言90】医療現場に求められる「組織変革のプロフェッショナル」
【提言91】問題には2種類ある
【提言92】「つまり力」を鍛える
【提言93】ドミノ現象は組織のスタッフの責任転嫁の現象
【提言94】論点という生き物を飼いならす
【提言95】点と点を「意味づける」力
【提言96】組織変革で共有されるスモールウィンは「曖昧ななにか」
【提言97】合理的決断のマネジメントと情理的実行のマネジメント
【提言98】ファシリテーターと他のスタッフのパワーバランス
【提言99】変化を導くリーダーは朝礼暮改タイプ
【提言100】組織変革の取り組みの反応は組織の空気で判断する
おわりに

【著者】
佐藤和弘
メディカルアートディレクター

複数の医療機関で約10年間透析医療に従事しながら、グロービス経営大学院に進学、MBA(経営学修士)を取得。
現在、院内研修などを通じて多数の医療者にノンテク教育を提供し、医療機関の問題解決と組織変革をサポートしている。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 800 KB
  • 推定ページ数: 128 ページ
  • 出版社: 佐藤和弘; 1版 (2017/2/21)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B06X9CMGCM
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • カスタマーレビュー:
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 162,335位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
評価の数 3
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
2017年6月3日に日本でレビュー済み
形式: Kindle版Amazonで購入
2018年8月14日に日本でレビュー済み
形式: Kindle版Amazonで購入
2017年6月16日に日本でレビュー済み
形式: Kindle版Amazonで購入
click to open popover