お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 350 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古商品となりますのでケース・ジャケットに多少のスレ・傷・日焼け等はございます。特典等の付属品につきまして、コメントに記載がない場合は付属しておりません。コンディションに敏感な方は、ご遠慮ください。また、店舗でも販売しておりますので売り切れの際は、ご注文をキャンセルし全額返金いたします。何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。 293441
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ノルウェイの森 [DVD]

5つ星のうち 3.1 106件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,317
価格: ¥ 991 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 326 (25%)
通常7~8日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【 ソニーピクチャーズストア 】 - 新着タイトル、ランキング、セール商品など

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ノルウェイの森 [DVD]
  • +
  • 人のセックスを笑うな [DVD]
総額: ¥3,391
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 松山ケンイチ, 菊地凛子, 水原希子, 高良健吾
  • 監督: トラン・アン・ユン
  • 形式: Color, DTS Stereo, Subtitled
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • 発売日 2011/10/26
  • 時間: 134 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.1 106件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B005JAENV8
  • JAN: 4547462078247
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 18,840位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

深く愛すること。
強く生きること。


【STORY】
高校時代に親友・キズキを自殺で喪ったワタナベは、過去を断ち切るかのように上京し、孤独な大学生活を送っていた。
ある日ワタナベは、キズキの恋人だった直子と東京で偶然再会する。
二人は大切な人を失くした者同士で静かに寄り添うようになり、ついに直子の二十歳の誕生日に一夜を共にするが、その直後に直子はワタナベの前から消えてしまう。
一方ワタナベは大学で瑞々しい魅力を放つ緑と出会い、直子とは対照的な彼女に惹かれていく。やがて直子から短い手紙が届き、ワタナベは直子に会うために山奥の療養所まで訪ねるのだったが・・・・・・。

【キャスト】
監督・脚本・・・トラン・アン・ユン
キャスト・・・松山ケンイチ、菊地凛子、水原希子、高良健吾

【Copyright】(C)2010「ノルウェイの森」村上春樹/アスミック・エース、フジテレビジョン
※発売前のジャケット写真、商品仕様、映像特典などは予告なく変更となる場合がございますのでご了承ください。

内容(「Oricon」データベースより)

村上春樹原作の『ノルウェイの森』が名匠トラン・アン・ユンによって映画化!高校時代に親友・キズキを自殺で喪ったワタナベは、偶然キズキの恋人だった直子と再会する。大切なものを喪った者同士付き合いを深めていき、ワタナベは直子に魅かれていく。だが、直子は京都の療養所に入院することになり…。松山ケンイチ、菊地凛子、水原希子ほか出演。

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray Amazonで購入
菊地凛子の演技が素晴らしい。日本的な女優ではないので、嫌いな人にはこの映画は「許せない」のだろうが、私は彼女の実力の高さをあらためて実感した。誕生日のシーンは迫真。本作のような深刻なキャラを演じたと思えば「サイドウェイズ」では軽いノリの楽しい女性も演じる。「パシフィックリム」ではかっこいいヒロイン。大したものだと思う。この映画自体も映像は美しく、時代の雰囲気も出ていて十分楽しめた。原作が余りにも偉大なので、人それぞれの自分だけの「ノルウェイの森」があると思うが、それにこだわるとこの映画は観る意味がない。私自身は25年ほど前、学生時代に原作を読んで感動し、今回も映画でじわりと感動できました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 マユーゾ 投稿日 2016/8/21
形式: DVD
女優群があまりにもミスキャストすぎます。

「完全な美しい肉体」を持った直子が、瘦せぎすの菊地凛子。

直子の死後、「あの美しい肉体がなくなったんだぞ!」とワタナベが憤るほどの肉体が、残念ヌード(失礼!)といわれている菊地凛子。

生命力あふれる小動物のような緑が、ふてぶてしい表情の水原希子。

シワが魅力のレイコさんは、現実には難しいかなとは最初から思っていましたが…。

キズキはなぜ自殺したのかわからないところがいいのに、無駄に具体的な自殺シーンなんかいらない。

そして、一番大事なシーンともいえるワタナベとレイコさんの二人きりのお葬式がないとは!

マツケンの津軽なまりも気になって、外国人の監督だから指摘できなかったの?と思った。

この映画の唯一のとりえは、ヤリチンの永沢先輩役の玉山鉄二がイメージにぴったりだったこと。

他は見るところないです。

映像が美しいといっても、これぐらいの映像美はいくらでもあるし、特筆するほどではない。

特にファンなわけではないですが、「手紙」でも、「くだらない映画だけど玉鉄だけは良かった」という人が多かったのが分かる気がしました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ss 投稿日 2017/4/14
形式: DVD Amazonで購入
ゴツイ顔の女が定期的に棒読みで金切り声上げるだけの映画だった
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
村上春樹を一躍有名にし、上・下430万部を売る大ベストセラーの映画化作品である。私は若い頃この作品を読み十分に納得できないところがあったので、少しでもそれを晴らしたいと思って映画作品を見た。高校時代に無二の親友であったキズキを自殺で失ったワタナベは、過去を断ち切るかのように上京し、東京で大学生活を送る。時代は全共闘運動盛んなりし頃であるが,彼は運動には参加せず孤独な読書生活を過ごす毎日を送っている。或る日キズキの恋人だった直子と偶然に出会い、駒込を二人で歩く。それ以来彼女と週1回会うようになるが、キズキの話は会話の断片にも出ることはなかった。彼女の誕生日に二人は身体を許し合う。彼女は処女だったのだ。「初めてなの?」と訊いた彼は「御免、聴くべきじゃなかった」と後悔する。キズキと彼女の間には肉体関係はなかったのだ。或る日直子は突然失踪する。失意のワタナベは彼女に実家に手紙を書き、新しく知り合った緑と交際する。彼女は古い名家の娘で母親に死なれ,父親は一人でウルグアイに出かけたため、愛情に飢えた生活を過ごしていた。花を持って彼女の家を訪れたワタナベは彼女から「例えば私が「イチゴチョコレートを欲しい」と言って相手がそれを買ってきてくれたとするでしょう。私はそんなもの要らないと言って撥ね付けるの。そしたら「御免、僕が悪かった。別のものを買いに行ってくるよ。君の欲しいのは何?チョコレートムース、...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
村上春樹の小説では長い長い無意味とも思える日常(文章)の中で
そして幻想的(小説的)な表現で世界を造ってから、
そのセリフがぽつりと発せられる。だが映画では、
尺度制限の中それに相応しい日常が形作られないうちに投下されるので、
「印象的で」「臭い」「わざとらしい」セリフや出来事ばかりになってしまう。
小説では長いセリフでも、間合いや余韻を読者自身が作る事ができるが、
映画ではそうは行かず、何か小説っぽい不自然なセリフになってしまう。
またこのような制約も加わり表現するのにはとても難しそうではあるが
役者や演出の力不足もあるのかもしれない。
小説では主人公のいい輪回しが独自なので特に松山に感じました。
そのセリフにリアリティが足りない。何か言わされてる感が拭えない。
一言で言えば陳腐。
(ただあの長いユーモアのある時に臭いセリフを自分のセリフにできる
役者がいたら天才かもしれないが)
映像は美術的にはとても美しく音楽効果も適度にあわさって
それなりの幻想的な喪失感等は感じました。
ただ小説や漫画等他メディアの名作を2時間の映画にするというのは
とてつもなく難しいという事を改めて認識させられる作品でした。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す