通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ノルウェイの森(下) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ノルウェイの森(下) 単行本 – 1987/9/10

5つ星のうち 4.0 176件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 1
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 605 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ノルウェイの森(下)
  • +
  • ノルウェイの森(上)
  • +
  • 海辺のカフカ〈下〉
総額: ¥4,536
ポイントの合計: 138pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

静かに、そして激しく 哀しみの余韻 再び……
彼らの求めたものの多くは既に失われてしまっていた。もうそこから進むこともできず、戻ることもできない、暗い森の奥に永遠に……。限りない喪失と再生を描く今いちばん激しい100パーセントの恋愛小説。

内容(「BOOK」データベースより)

彼らの求めたものの多くは既に失われてしまっていた。もうそこから進むこともできず、戻ることもできない、暗い森の奥に、永遠に…。限りのない喪失と再生を描く今いちばん激しい100パーセントの恋愛小説。


登録情報

  • 単行本: 260ページ
  • 出版社: 講談社 (1987/9/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062035162
  • ISBN-13: 978-4062035163
  • 発売日: 1987/9/10
  • 梱包サイズ: 19 x 13.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 176件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 60,929位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ペーパーバック Amazonで購入
30年前の大学生時代に初めて読んだ村上春樹氏の作品であり、その後いろいろと読んだが、
この作品が一番好きである。先日も久しぶりに読んだが、改めて、大学生のころの青臭い気持ちを
思い出した。この作品の良いところは、ストレートなまでに現実の世界と人間の持つ純粋な気持ち
の葛藤をそれぞれの登場人物が意味を持って活き活きと語ってくれるところにあると思う。
余計な暗喩や意味深で意味のない表現などがなく、本当にうっすらとした霧のかかる森で
ストーリーを聞いているような気分になる。どの小説も感性が合う、合わないは、その人の経験や
考え方に依るものであり、このレビューで
読んでみようかと思って、感性が合う人がいれば良いなと思う。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 こんがり 投稿日 2017/4/30
形式: ペーパーバック Amazonで購入
オススメされたので購入して読んでみたが、とにかく描写が気持ち悪い。その一言。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック Amazonで購入
人生に傷ついたとき、人生に迷ったとき
手にとって見るとより良い本でしょう。

まだ世の中の成り立ちが今以上にわからなかった
10代の時にはじめて読んで、
その時にうまく解釈できなかった部分の
ディティールはよく覚えていませんでした。
そして、あの頃は鮮烈に焼き付けたものが
今にはそれほど響かなかったり、
たいしたことじゃないじゃんと思ってみたり。

再び33歳になって手に取りましたが、
はじめて読んだ後の人生の危機の時に
思い返してみたら心を強くできたかもな
と思いました。今となってはですが。

様々な批評がこの本に対してはありますが、
自分にとっては、はじめて読んだ若いころの思い出が
蘇ってくる、古い流行り歌みたいな存在でしょうか。
どうしようもなく翳りのある設定ですが、
最後にそこから積極的に生きることを見出している作品
と自分では解釈しています。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック Amazonで購入
小説家の確かな腕前を示す手の込んだ描写力、物語と自然に連動した場面転換、詳細に説明しながらゆっくり進める部分と思い切った場面の省略や結論をポンと先に持ってきたりする緩急のテンポの対比、一貫してわかりやすく読みやすい文章、多くの暗示。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
主人公のワタナベは、直子と緑の二人の女性を通じて、美しきものに対する深い憧れに向き合います。
人を愛することの不思議、それはまるで人生の意味を解き明かすような特別な出来事でもあります。
「ノルウェーの森(下)」は、一途な恋心を抱いていたはずの主人公が、答えのない迷宮へと導かれる姿を描きます。

【日常と恋愛の空間】
直子のもとを離れて、激しい生命力を放つ緑の視点に立った時、この日常はゆがんだ奇妙な世界に映る。

「ここがなんだか本当の世界じゃないような気がするんだよ」

私たちの日常における生活感情は、恋愛の陶酔感や性的なイメージを無意識に遠ざけようとする。
平穏な社会生活を送るには、恋愛感情は時に社会からの逸脱を伴う危険なものでもあるからです。

【理想と現実の世界】
キスギと直子は現実の世界に出ていくことを恐れ、愛し合いつつも不幸な運命を辿ってきた。

「私たちはあなたを仲介として外の世界にうまく同化しようと私たちなりに努力していたのよ」

直子が恐れる外の世界、そして私たちがリアルな現実と呼んでいるものの正体とは、
理想を打ち砕かれながらも、世間の承認なくては生きていけないという、妥協とあきらめです
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
既に他でも指摘されていますが、レイコ=「虚言癖のある極度の精神異常者」とも読めることが面白いです。破綻なく二通りの読み方ができるように作られている。
レイコ=「善人」説と、レイコ=「虚言癖のある極度の精神異常者」説で。

直子に、ワタナベが緑に惹かれていることを伝えたのがレイコであると仮定して読むと恐ろしいですね。吐き気がします。直子を自殺に追い込んだのはレイコだとも読める。サイコパス・レイコ。

死の淵にあった緑の父が、「切符・緑・頼む・上野駅」とワタナベに言い残して死んでいきますね。

最後の「上野駅」のシーン、レイコが陸路で旭川へいくと言いますが本当ですかね。茗荷谷へ行くんじゃないですかね。小林緑のアパートのある茗荷谷へ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す