通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ノラや (中公文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ノラや (中公文庫) 文庫 – 1997/1/18

5つ星のうち 4.8 48件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 782
¥ 782 ¥ 19
CD
"もう一度試してください。"
¥ 2,592 ¥ 2,335
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ノラや (中公文庫)
  • +
  • 百鬼園随筆 (新潮文庫)
  • +
  • 第一阿房列車 (新潮文庫)
総額: ¥1,938
ポイントの合計: 61pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 大賞作品決定!
大賞は『サピエンス全史(上)(下)』、準大賞『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 他 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

【解説】
自宅の庭で野良猫が産んだ子猫の一匹にご飯をやるうちに、すっかり百閒夫婦になついてしまった。野良猫だからノラと命名。気難しい百閒先生は、ノラの可愛さにはまってしまい、寿司屋の卵焼きなど好物を与え、温かい風呂槽の上にノラのために座布団を用意するほど溺愛する。ところが、ノラが二度目のさかりを迎えた3月末。出ていったまま帰らない。一晩待っても、1週間待っても1ヶ月たっても戻らない。百閒先生は、心配で可哀想でおろおろするばかり。時には号泣し、日々泣き暮らす。遂には、折込み広告やら新聞広告まで出したが、はかばかしい情報は得られない。「ノラや、お前はもう帰って来ないのか・・・」百閒先生の涙は止まらない。

【朗読】wis
※透明感と落ち着きのある声で親しまれている女性朗読家です。

【朗読時間】 2時間6分15秒

--このテキストは、CD版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

ふとした縁で家で育てながら、ある日庭の繁みから消えてしまった野良猫のノラ。ついで居つきながらも病死した迷い猫のクルツ―愛猫さがしに英文広告まで作り、「ノラやお前はどこへ行ってしまったのか」と涙堰きあえず、垂死の猫に毎日来診を乞い、一喜一憂する老百〓先生の、あわれにもおかしく、情愛と機知とに満たち愉快な連作14篇。


登録情報

  • 文庫: 321ページ
  • 出版社: 中央公論新社; 改版 (1997/1/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4122027845
  • ISBN-13: 978-4122027848
  • 発売日: 1997/1/18
  • 梱包サイズ: 15.2 x 11 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 48件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 12,487位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
野良猫のノラをいつのまにかこんなにも愛おしくなってしまっていた百閒さん。
この時代にも人間以外のいのちに対する真摯な心があったことに救われます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
猫を真に愛し、共に暮らしたことのあるものにしか分からない涙。夏目漱石より、実はこちらが猫モノでは最高峰。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
思っていた以上に良い内容だった。
今、愛ネコが行方不明になっているので購入したのだが、読み進めていくうちに作家の胸中が痛いほど伝わって来て涙なしには読めなかった。
我が家の猫に対しての心配・悲しみ・せつなさ等の感情はもちろんだけれど、ノラに対しても同様の感情が共存するようになった。
一気に読んだけれど、これからも何度も読みたくなるだろうと思う。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/5/18
形式: 文庫 Amazonで購入
ノラとクルツを巡る騒動は、「おかしくて笑える」というよりも「切なくて悲しいのに読後感が暖かい」というほうがふさわしいのではなかろうか。個人的には、失踪したノラ以上に、クルツのくだりが印象深い。クルツの好きなお刺身の話が急転直下で状況が一変する描写には「…あっ」と思った。
解説で引用された手紙も心温まるもので、ノラ失踪時、百鬼園先生のそばにいた人の語るエピソードも含め、最後の1ページまでよかった。旧仮名使いが、やはり合う。
百鬼園先生の人となりを味わう良著である。就寝前に読むと優しい気持ちになれる1冊。
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
雑誌などの色々な猫特集では必ず挙げられ、猫好きなら一度は読むべし、と言う名著。内田百間ならではの文章が文句無しに心を揺さぶります。「合点のいかない顔で抱かれていたノラ」というくだりが大好きです。ノラはどこへいったのでせう。
コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
家の庭に訪れた子猫が柄杓の柄にじゃれる様から始まりますが、ここからもう猫への、ノラへの愛が溢れています。百けん先生は、ノラがご飯を食べるようす、寝ている様子、しっぽの形、あくびや伸びまで、些細な様子を観察し、日々のノラとのやりとりを記していますが、その眼差しはそれはそれは温かく、おかしくて、読みながら何とも言えない優しい気分になります。

ノラがいなくなり、最初の最初のうちは朝も夕もノラを思い出して泣きくれる百けん先生の姿が可愛らしくて「ふふ」と笑ってしまう余裕がありますが、少しするともういけない。百けん先生の悲しみにこちらもとっぷり浸かってしまい、一緒になって「ノラや、ノラや」と泣き続けることに。明日は帰ってくるかしら? あと少ししたら戻ってくるかしら? そんな思いでページをくり進め、読み終わったあとも『ノラや』の世界から抜けることができずに「ノラや、ノラや」と涙が止まりませんでした。

タイトルから最後の1行まで、愛がつまっています。
胸にぎゅっと抱きしめたくなるような、とても素敵な本です。

ちなみに私は特に猫好きというわけではありません。
この本に「猫好きのための本」などという安易な枠は付けて欲しくないなあと思います。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 penft 投稿日 2005/11/5
形式: 文庫
いつのまにか一緒に暮らし始めた猫(ノラ)が、ある日突然消えてしまった。
そのたったひとつの出来事が、いかに大きな悲しみを生み、今日を変えてしまうか。
何をしていても、何処にいても、些細なきっかけで思い出し、涙が出る。
その繰り返しが延々と綴られています。
そしてその悲しみを癒すために現れたようなもう一匹の猫(クル)。
「ただ一つの心遣りは、帰つてこなくなったノラと違つて、してやり度いだけの事はみんなしてやつた。クルがしたがつた事はみなさせてやつた。」
この一節を読むだけでも、作者がどんなに真剣な愛情を注いだか想像できると思います。
「ノラや」「クルや」と呼びかける作者の声が聞こえてくる一冊。
コメント 75人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
猫についてのエッセイが数編収められている。
飼い猫のノラがいなくなってからの著者の落胆ぶりは読んでいて心配なほどだ。
日記の形式なので、淡々とした記述が生々しく迫ってくる。

泣きながらも八方手を尽くして必死の捜索をし、
新聞に「猫ヲ探ス」なる捜索願い(謝礼付き)も掲載する。
似たような猫の情報があれば確認に赴く。
ほんとうに必死なのだ。

老作家は体調も崩し、お医者さんに診てもらいながらの捜索生活だ。
この執心ぶりと必死すぎるありさまのそこらへんを評してか、
「ユーモア」と、この本の解説をしているのをなにかで見たことがある。

「いなくなった猫を思う飼い主の悲哀」に満ちているのはもちろんなのだが
なんということか、なぜか「おかしみ」というものも確かに漂っているのだ。
とても辛くて気の毒な様子なんだけど、
精一杯ノラに対して誠意を尽くし手を尽くしている著者の様子に読み手の私たちは救われる。
そこに「おかしみ」なんていう機微が潜む余裕ができているのかもしれない。
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー