この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ノッチの愛妻日記 僕の嫁は名プロデューサー 単行本 – 2011/7/20

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 62
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

恐妻家で知られるノッチが、愛する鬼嫁とのエピソードを綴った、笑いあり涙ありの感動エッセイ。

「これは人間に限りなく近いオラウータンとその調教師の愛の物語です」島田紳助。


恐妻家で知られるノッチが、愛する鬼嫁とのエピソードを綴った、笑いあり涙ありの感動エッセイ。
往復ビンタやドロップキックにアキレス腱固めなど、家庭内では嫁からの強烈なドメスティックバイオレンスに苦しめられるノッチ。
さぞ苦しい家庭生活を送っているかと思えば、そんなことはなく、愛娘と3人で幸せいっぱい。
恐妻家のノッチと鬼嫁の間には、深い愛と絆があり、だからこそ二人の間には何があっても揺らがない信頼関係が結ばれているのです。
ノッチとその奥様との一見不思議な関係から、夫婦のあり方について考えさせられます。
さらに、恐妻家と鬼嫁の不思議な愛の物語から感動が得られるだけでなく、
ダメ夫をもってしまった奥さんやダメンズ好きの女性には必見の、『ダメ夫プロデュース力』も身についてしまうという一冊。

内容(「BOOK」データベースより)

オバマもマラソンも、今あるノッチを作り上げたのは、あの鬼嫁だった!ダメ夫を復活させた、愛と暴力のミラクルプロデュース力とは。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 223ページ
  • 出版社: 武田ランダムハウスジャパン (2011/7/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4270006595
  • ISBN-13: 978-4270006597
  • 発売日: 2011/7/20
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,088,278位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(3)

トップカスタマーレビュー

2011年9月26日
形式: 単行本
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年8月25日
形式: 単行本
0コメント| 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年5月13日
形式: 単行本|Amazonで購入
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。iphone6s ケース 手帳型 おしゃれ