この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ノックは無用 [DVD]

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 2,000より 中古品の出品:4¥ 113より

この商品には新しいモデルがあります:

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【20世紀FOXストア】 『デッドプール』、『X-MEN』、『ダイ・ハード』、『007』、『24 -TWENTY FOUR-』、『glee/グリー』ほか、新着タイトルや人気ランキング、海外TVシリーズ情報など

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


登録情報

  • 出演: マリリン・モンロー, リチャード・ウィドマーク, アン・バンクロフト
  • 監督: ロイ・ベイカー
  • 形式: Black & White
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント
  • 発売日 2002/08/02
  • 時間: 77 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000069KUT
  • JAN: 4988142107121
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 220,967位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   マリリン・モンローが初めて主演クラスとして抜擢されたサスペンス映画。パイロットのジェッド(リチャード・ウィドマーク)が宿泊するホテルのエレベーターボーイの伯父を訪ねてきたネル(M・モンロー)。彼女はパイロットの恋人が墜落死したショックで精神を病み、さきごろ退院したばかり。伯父はホテル客の子守の仕事をネルに与えるが…。
   ジェッドを恋人と思い込んだり、子どもを虐待しようとするなど、正気と狂気の境をさまようモンローの演技は決して達者とはいえないが、その愛らしさが幸いしてか不快感はなく、現在のサイコ・サスペンス映画とは一線を画したものになっている。ホテルが舞台のため、それぞれの客室の模様などがグランドホテル形式で描かれているあたりも興味深い。(的田也寸志)

内容(「Oricon」データベースより)

マリリン・モンローが恋人の死のショックから精神に異常をきたした若いベビーシッタを熱演する、スリリングな本格派サスペンス作品。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

この作品ではかなり情緒不安定な役を演じているマリリンですが、これが本当の姿なんじゃないかっていうくらい、おびえた姿が様になり過ぎているのです。いわゆる「ノーマ・ジーン」のイメージのほうが近いのではないかと言う位に。
「紳士は金髪がお好き」などの明るいマリリンとはかなり違いますが、一見の価値ありです。サスペンスとしても面白い。他の出演者も魅力的な人が多いです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 予備知識なしに見て、大正解でした。
 マリリンの愛を求める姿が切ないようで、必死のようでいて、人をからかっているようにも見えて、「自分ではどうすることもできない」様子が見ているほうにも胸に迫るものがありました。
 当時のポスターは、マリリンのキモノ姿のセクシーポーズで、お色気作戦をかんじますが、映画の中身はどちらかというとセクシーというより、主役2人のキャラクターの心理を追うような内容で、シリアスです。
 ただ、暗い雰囲気のドラマでも、やっぱりマリリンは無邪気な子供の用でもあり、彼女の持ち味は失われていないように感じます。
 かわいいけどそれだけじゃない、彼女の必死さが伝わるようなこの映画、期待して見たわけではないけれども、とてもよかったです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告