ノスタルジア [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 良い | 詳細
発売元 くまねこ堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 国内正規品、セル版。リーフレット付。中古品としては並程度です、よろしくお願いいたします。★amazon配送センターから迅速に発送されます。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 6,980
通常配送無料 詳細
発売元: rarity media
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ノスタルジア [DVD]

5つ星のうち 4.4 50件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 6,980 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ENDORSが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:3¥ 6,700より 中古品の出品:9¥ 1,741より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でノスタルジア(字幕版)を今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【NBCユニバーサルストア】 -外国映画新着ニューリリースや『ブルーレイ2枚 3,090円』などユニバーサルの最新情報はNBCユニバーサルストアへ

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ノスタルジア [DVD]
  • +
  • サクリファイス [DVD]
  • +
  • ストーカー [DVD]
総額: ¥10,640
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: オレーグ・ヤンコフスキー, エルランド・ヨセフソン, ドミツィアーナ・ジョルダーノ, デリア・ボッカルド, ミレーナ・ヴコティッチ
  • 監督: アンドレイ・タルコフスキー
  • 製作者: ダニエル・トスカン・デュ・プランティエ, マノロ・ボロニーニ, レンツォ・ロッセリーニ
  • 形式: Color, Dolby, Letterboxed
  • 言語: イタリア語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: パイオニアLDC
  • 発売日 2002/11/22
  • 時間: 126 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 50件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00006S25R
  • JAN: 4988102850210
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 38,271位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   タルコフスキー監督が、初めて祖国・ソ連(当時)を離れて撮った一作。モスクワの詩人・アンドレイが、通訳を伴ってイタリアのトスカーナ地方を訪れる。静かな村の湯治場に着いた彼は、そこで「狂人」扱いされているドメニコに興味を抱くが、ドメニコは彼に謎めいた言葉を返すのだった。
   ソ連からイタリアに亡命したタルコフスキーが、アンドレイに自らの姿を投影しているのは明らか。アンドレイの「芸術を理解するためには国境をなくせばいい」という台詞に、監督のメッセージが色濃く表れている。湯治場の「水」や「蒸気」、焼身自殺するドメニコの「火」など、タルコフスキー作品に共通するイメージが、とくに象徴的に使われている作品でもあり、荘厳な映像美は、クライマックスの廃墟をはじめとしたイタリアの風景で、いっそう磨きがかかった感がある。(斉藤博昭)

レビュー

製作: レンツォ・ロッセリーニ/マノロ・ボロニーニ 監督・脚本: アンドレイ・タルコフスキー 脚本: トニー・グエッラ 撮影監督: ジュゼッペ・ランチ 美術監督: アンドレア・クリザンティ 衣装: リーナ・ネルリ・タヴィアーニ カメラ: ジュゼッペ・デ・ビアージ ヘアー・ドレッサー: ヨーレ・チェッキーニ 出演: オレーグ・ヤンコフスキー/エルランド・ヨゼフソン/ドミツィアナ・ジョルダーノ/パトリツィア・テレーノ/ラウラ・デ・マルキ/デリア・ボッカルド/ミレナ・ヴコティッチ
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
数十年ぶりで再会した崇敬するアンドレイ・タルコフスキーの映画「ノスタルジア(Nostalghia)」。
 
「Amazonビデオ」でレンタルした高画質版を iMac 27インチモニターで観たわけだけれど、前回観たときとずいぶん印象が変わった。
 
画質うんぬんより自分が年齢を重ねたことの方が大きいのだと思う。
 
また近年写真を本格的に学びはじめたということで、自分の映像の見方がまったく異なっていることも大きい。
 
ムービーカメラのシャッターの一回一回が捉える、タルコフスキーが明確な意志・意図を持って撮った映像の美しさ完璧さに深く心打たれた。
 
光と陰、カラー、トーン、構図がほんとうに美しい。
 
それはとても言葉では言い尽くせない。
 
音声/音もまたじつに計算しつくされて表現されていることに新たに気づく。
 
今回はiMacで見たこともあって、まさに一対一でこの作品と対峙したということは極めて大きなファクターだったと思う。
 
タルコフスキー作品に共通する独特の世界観は難解に感じられるが、それは問題では無い。これはある意味で「詩」であり、語り得ぬ「メタファー」なのだから。
 
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
「全編 絵画のようだ」という言い方がありますが、まさにこの映画がそれ。この監督は案外 撮影現場ではせかせかと、かつ饒舌だったらしい。そのあたりは登場人物の台詞にも反映されているので、いちいち真にうけず映像自体に身を委ねるのがHAPPYな観方。遠くから少女と犬が走ってくるあの移動撮影や、部屋の床の泥にズームしていったらいつの間にか森の中の川にみえてくるような映画的快楽が満載です。ただしタルコフスキー空間が持つ一種異様な緊張感は映画館でないと味わえないのかもしれません。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hw トップ500レビュアー 投稿日 2016/4/13
形式: Blu-ray
神秘的な啓示と人類救済の深い洞察に充ちた映像詩で、タルコフスキー以外には描き得ない哲学的なテーマと豊かな詩情が見事に溶け合った作品だ。「ノスタルジア」はイタリアで撮影が行われ、タルコフスキーにとって旧ソ連国外で製作した最初の作品であり、ロシア語以外の言語(イタリア語)を使った最初の作品でもある。撮影監督のジュゼッペ・ランチとカメラマンのジュゼッペ・デ・ビアージは、寒色系の無彩色に近いトーンに、イタリアの明るい雰囲気を取り入れ、主人公の回想シーンはモノクローム、現実はカラーで映し出す。映像詩人としてのタルコフスキー独特の神秘的な映像美がここでも全編を支配し、「火」と「水」が「生と死」を象徴するイメージとしてさまざまなシーンに登場する。「火」は、祭壇の蝋燭の輝き、世捨て人ドメニコの焼身自殺、人類救済のための蝋燭の炎などのカットに現れ、「水」は冒頭の場面での霧の風景、ベッドに横たわる妊婦、廃墟に滴る水、温泉といったシーンで「生命」の象徴として使われている。エンディングに「この作品を母に捧ぐ」というクレジットが出てくるが、廃墟を背景に主人公と犬が水溜りを前にして佇んでいるこのカットでは「母」のイメージが「生命」を育む「水」(羊水)によって象徴されている。

主人公はタルコフスキーの分身ともいえる国を追われた詩人作家アンドレイ(オレーグ・ヤンコフスキー)。不治の病に犯され
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
ここでは三人の主要な人物が登場する。
まずエウジェニアで彼女は世間一般の幸福・自由・恋愛などにとらわれている凡婦にすぎない。
聡明な女性かもしれないけれどもタルコフスキーが追求する真理とは完全に隔絶されたポジションについている。
作家アンドレイは俗事と無縁なインテリで彼女より高く位置づけられている。
変人ドメニコに興味を示す感受性が備わっており、よく言われるように監督の分身とされる。
彼はエゴイストではないが郷愁(けっして安っぽくない)つまり家族にとらわれ、頻繁にロシア村落の風景や
懐かしい人物が割りこんでくる。
ドメニコはタルコフスキーの理想的人物像と思われる。なぜならエゴを捨て、家族を犠牲とし、世界を救うという決意は、
まさに監督の根本理念であるからだ。焼身自殺は真理と俗世の断絶によってひきおこされた狂気と
個人の犠牲よる些少な世界平和の寄与、ふたつの含みを持たせているのだろうか。
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す