ノア 約束の舟 [DVD] がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ノア 約束の舟 [DVD]

5つ星のうち 3.1 23件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,543
価格: ¥ 927 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 616 (40%)
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:21¥ 927より 中古品の出品:19¥ 268より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

人気タイトルをまとめ買い!
この商品は「DVD どれでも3枚 3,090円」キャンペーンの対象商品です。※マーケットプレイスの商品は対象外となります。キャンペーン詳細につきましてはこちらのリンクをご参照ください。 対象商品の一覧 へ

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【パラマウントストア】「ミッション・インポッシブル」、「トランスフォーマー」など人気・名作タイトルやセール情報をチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ノア 約束の舟 [DVD]
  • +
  • 天地創造 [DVD]
  • +
  • 十戒 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
総額: ¥2,779
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ラッセル・クロウ, ジェニファー・コネリー, エマ・ワトソン, アンソニー・ホプキンス
  • 監督: ダーレン・アロノフスキー
  • 形式: Color, Dolby, Dubbed, Subtitled, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • 発売日 2015/01/28
  • 時間: 138 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.1 23件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00PC1RFN2
  • JAN: 4988113831789
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 4,657位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

●世界39カ国でNo.1大ヒット! 日本でも『アナ雪』を超えて初日興収1位を記録した話題作がリプライス!
●3人のオスカー俳優と若手実力派スターの豪華競演で贈る、スペクタクル巨編!

ストーリー
ある夜、ノアは眠りの中で、恐るべき光景を見る。それは、堕落した人間を滅ぼすために、すべてを地上から消し去り、新たな世界を創るという神の宣告だった。大洪水が来ると知ったノアは、妻ナーマと3人の息子、そして養女イラと共に、罪のない動物たちを守る箱舟を造り始める。やがてノアの父を殺した宿敵トバル・カインがノアの計画を知り、舟を奪おうとする。壮絶な戦いのなか、遂に大洪水が始まる……。

(C) 2014 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED. TM, (R) & (C) 2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ダーレン・アロノフスキー監督、ラッセル・クロウ主演によるスペクタクル巨編。新たな世界を創るという神のお告げを背負ったノアが、人間同士の争いや家族への愛などに苦悩しながら課せられた使命に殉じる姿を描く。“ハッピー・ザ・ベスト!”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 marudo88 投稿日 2015/6/30
ラッセル・クロウ主演の時代劇といえば、グラディエーターが素晴らしかったが、この作品は、それとは比較にならない残念な作品だと思う。
それは俳優陣のせいではなく、ひとえに脚本のせいであろう。旧約聖書の持つ格調の高さがなかった。
ノアが人々に、もうすぐ洪水が来るから悔い改めて、箱舟に乗ってくれと言ってまわるのだが、人々は嘲笑してノアの言うことを聞かなかったことが、たしか旧約聖書には書かれていたと思うが、そういう場面は描かれていなかったように思う。
また、水が引いて、ハトがオリーブの葉っぱをくわえて箱舟に戻ってきたり、お話の最後、虹のかかるシーンなど、詩的で美しい見せ場があるはずなのに、描かれていなかった。やたらへんてこな虹みたいなのはラスト、映っていたが。
そのかわり、聖書には出てこない変な怪物が出てきたり、家長であるノアにやたら食ってかかる息子やら娘やら、途中から真剣に見る気が失せてしまったので、見間違いもあろうが、なんだか、名優を起用したのなら、もっといい本を提供してやれよと思った。昔に出来た「天地創造」のほうが、ずっといいだろう。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
2つ、大きく気になったことがあります。神という英語を使わなかったことと、ノアたち家族を選ばれた者と言わない事です。両方ともその言葉を使えばこのご時世、問題が起きるから。私にはそう思え、時代に負けた作品にみえました。

ノアの話や人物が登場するのはもちろん聖書ですが、聖書は実のところそれほど(今の私たちの尺度で言う)ディティールは書いていません。恐竜は骨がありますからその時代は必ずあった筈ですがその記述は聖書にはありません等。

この映画は聖書にそのディティールがない所に自由に話を盛ったみたいで…少々良識を疑います。「この物語はフィクションです」と書けば何でもいい訳ではないと思いますが。それもこれも、話を一般に知られている事から大きく逸脱して荒唐無稽にする事で(トランスフォーマーの様な怪物も出て)、キリスト教への攻撃を防ぎたいのではないかとまで訝ってしまいます。

神の基準に従う唯一の人と家族が、このノアの当時の地球上ではノアの8人家族だけであったから神は、もう一掃しようと決めたというのが聖書の話になっています。ノアは「洪水が来ると神が言っているから箱舟に一緒に入らないか」と一人でも救おうとずっと説いて回ったけれども、人は雨が降り始めるまで一切ノアの話に耳を貸さなかった。その聖書のストーリーがあるからノアの話は今迄成り立って
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
何と記したものか・・・・・「箱船」の形状は 「らしい」のだが・ 「箱船」を造る「主」との関係 舞台背景 などが 「かなり」「創造」されている○

「聖書」に記述の無い部分は これらの「想像」で固められている○

「聖書」の「ノアの物語」として 観るよりは 「ノア」という主人公で進められる 「想像」の「映像」として 観た方が 「落胆」せずにすむ○

「聖書」との 関連づけを想う方々には お奨めできない○    
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 スポッチ 投稿日 2015/2/13
旧約聖書のお話のはずが、なんか余計な作り話がくっついていて、おもしろくない。ノアの箱舟を観たいなら「天地創造」の方がずっといい。買うならそっちでしょ。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
キリスト教徒でなくても、たとえば幼稚園とか絵本とかで知っている旧約聖書の「ノアの箱舟」をモチーフとした映画だろう・・・と早とちりしてプレーヤーをスタートさせたのだが、溶岩の塊りのような“番人(ウォッチャー)”などが出てきて、それに馴染めず何度も挫折しながら、この度、気合を入れてようやく通覧した。

創世記の初めのところを見れば、確かに得体の知れない巨人が描かれている。子ども向けの聖書などだとたいてい割愛されるので、このキャラクターを創作だと思われる方も多いだろう。「ノアの洪水」の直前の第六章に「この地には巨人(ネフイリム)がいたのである。彼らは大昔の名だたる勇士であった。(岩波文庫「創世記」)」
この箇所を最大限に膨らませたのだろう。

ノアの敵対勢力の長はカイン。弟(アベル)殺しのカインが敵役として常に圧力をかけてくるが、ノアとは光と影の構図である。カインは欲望の人、ノアは神との約束を守る義の人。しかし、その義はいかなるものかということを描くことによって映画は深みを増す。
その試練は身内によってなされる。次男のハムはカインの生き方にこの上なく惹きつけられていて、父ノアを裏切る。長男もまた、妻が子どもを孕んだことを知ったノアが、罪深い人間のタネを絶やすべく、「女なら殺す」と宣言したことへ抵抗し防御しようとする。そして畏れて
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー