通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ネプチューンの迷宮 (ポプラ文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆少し、小口に傷みがあります。少し、小口に汚れがあります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ネプチューンの迷宮 (ポプラ文庫) 文庫 – 2011/2/4

5つ星のうち 3.8 4件のカスタマーレビュー

その他(5)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 100
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 929
¥ 929 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ネプチューンの迷宮 (ポプラ文庫)
  • +
  • 勇士は還らず (文春文庫)
  • +
  • 婢伝五稜郭 (朝日文庫)
総額: ¥2,687
ポイントの合計: 84pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

クーデター勃発!直木賞作家による国際謀略小説の傑作! 赤道直下のポーレア共和国支配権をめぐって企てられた国際的陰謀。大統領派と反大統領派が激しく対立。その渦中に元海上保安庁特殊救難隊隊長の宇佐美が巻き込まれた。南国の小さな島を舞台に繰り広げられる謀略と陰謀の嵐!
「海外ミステリーや映画に造詣の深い佐々木譲の中期を代表する作品。

内容(「BOOK」データベースより)

直木賞作家による国際謀略小説の傑作!赤道直下のポーレア共和国支配権をめぐって企てられた国際的陰謀。大統領派と反大統領派が激しく対立。その渦中に元海上保安庁特殊救難隊隊長の宇佐美が巻き込まれた。南国の小さな島を舞台に繰り広げられる謀略と陰謀の嵐。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 751ページ
  • 出版社: ポプラ社 (2011/2/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4591122751
  • ISBN-13: 978-4591122754
  • 発売日: 2011/2/4
  • 商品パッケージの寸法: 3 x 10.5 x 15.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 730,344位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 s字 投稿日 2003/1/6
形式: 文庫
黒幕に某大国がいるんだけど、こんなことがありうるのだろうか。
でも佐々木譲の作品だから、何かベースになる事件、事実があるように思える。ネタバレになるから詳しくは描けませんが、良質のサスペンス小説。読んで損はしません。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 davs 投稿日 2012/7/12
形式: 文庫
冒頭部分を除いたら、ほぼ一日の凝縮された物語です。
ナウルをモデルにした架空の島国を事件に多くの登場人物がかかわっていきますが、無駄な登場人物というものがいません。
ストーリーはフォーサイスの某作品の裏返しといったところです。物語の終着点がみえず、はらはらしましたが、主人公の「ポギポギの中だ」という台詞に大いに溜飲を下げました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
長い間、本棚で留守番していた本です。

この作者の作品だから言葉使いもよく、お上品なものでした。

しかし、全体のバランスも悪く、主人公の必然性が皆無。

作品の導入からして不自然で、

終章のハデさも4/5を占める冗長なストーリーのしわ寄せでイマイチ。

何より主人公が「日本人」「ダイバー」であることを活かせてない。

表紙(そう、表紙が悪いんだ!)から想像する海中の場面はないし、

日本人だからか、何だか、国家危機に直面していても他人事。

そして、非常にスケールが小さい。

国際謀略をテーマにしているのに、

「総督と呼ばれた男」と同様、小さな町でうじうじやっている感じ。

もっとうねりあがるような熱気が欲しかった作品です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
佐々木氏らしい、丁寧さはあると思います。
だけど、どこか、深さを感じられない部分がありました。

外国人が、1国の深刻な問題に、そんなに簡単に入り込めるの?
自分の命を、そんなに捨てられるの?
日本って、そんな事が出来るの?

他の作品に期待します。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック